サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

地球外生命 われわれは孤独か
地球外生命 われわれは孤独か 地球外生命 われわれは孤独か

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/01/22
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:18cm/201p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-431469-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

地球外生命 われわれは孤独か (岩波新書 新赤版)

著者 長沼 毅 (著),井田 茂 (著)

銀河系の多くの星のまわりで惑星系が見つかっている。地球に似た惑星は、ごくふつうの存在らしい。この宇宙にはわれわれ以外にも生命が存在するのか? 生命科学と惑星科学を総動員し...

もっと見る

地球外生命 われわれは孤独か (岩波新書 新赤版)

778(税込)

地球外生命

778 (税込)

地球外生命

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

銀河系の多くの星のまわりで惑星系が見つかっている。地球に似た惑星は、ごくふつうの存在らしい。この宇宙にはわれわれ以外にも生命が存在するのか? 生命科学と惑星科学を総動員し、未来の科学を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

長沼 毅

略歴
〈長沼毅〉1961年生まれ。広島大学大学院生物圏科学研究科准教授。専攻は微生物生態学、極限生物学。
〈井田茂〉1960年生まれ。東京大学大学院理学系地球物理学専攻修了。東京工業大学地球生命研究所教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

我々は孤独なのか?

2014/04/13 21:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

地球外生命(「知的」は付かない)については、一般的に天文学者は楽観的で、生物学者は悲観的であるらしい。

天文学者は同じ科学法則が支配している世界では、一定の条件さえ整えば、生命の発生は必然と考える。
一方、生物学者は進化の行き当たりばったりぶりを見て、生命の発生には悲観的になるそうだ。

本書では、まず人間の基準で「辺境」(地底、高温、低温、乾燥など)に生息する地球の生命(いわゆる極限環境微生物)と、それらがどのように進化したかを振り返る。
次に生命が住む事が可能な惑星環境について考察した後、最後に地球外生命を観測できるか、という点が論じられる。

地球外知的生命についても論じられるが、それは最後の最後。

SETIの話もチラッと出てくる。
その他の観測方法の話の中で、面白いものとして、遠い将来、ケンタウルス座アルファ星が太陽から3光年までに接近し、バーナード星が太陽から6光年までに接近するので観測のチャンスだという。
ただし、前者は西暦3万年頃、後者は西暦1万年頃となるそうなので、人間の文明が続いているか、という問題が出てくるが・・・

ちなみに自分は、微生物ならば、宇宙(太陽系内も含めて)のどこにいても不思議ではない、と思っている。
生命(微生物)は、想像以上にしぶといものらしい。
ただし、「知的」という言葉がついた途端、存在する可能性はとんでもなく低くなるだろう。
ましてや、「交信」までできるかどうか、となると・・・。

本書の中でも出てくるが、銀河系内で人類が交信できる文明の数(N)を式であらわしたものとして、「ドレイクの方程式」がある。
(この式自体、「理論」ではなく、議論のための「たたき台」として作ったものらしいが)

N=銀河系内の恒星の発生率
  ×惑星を持つ恒星の割合
  ×惑星内で生命に適した惑星の数
  ×そこで生命の発生する確率
  ×生命が知的生物になる確率
  ×知的生物が他の星へ通信を行えるまでの技術文明を発達させる確率
  ×文明社会の持続時間

特に最後の3つ「生命が知的生物になる確率」「知的生物が他の星へ通信を行えるまでの技術文明を発達させる確立」「文明社会の持続時間」は、どんな数字をあてはめたらいいのか、見当もつかない。
それに「文明社会の持続時間」というのは、よく考えると怖い話。
まるで、自分の寿命を聞くような話で、知らないほうがいいのかもしれない、とさえ思う。

ところで、「ソラリスの陽のもとに」(スタニスワフ・レム)の影響で、こういう話を聞くと
「地球外知的生命が存在したとしても、それが理解可能な相手なのか?」
という疑問がいつも頭をよぎる。

ただ、理解不可能だとしても、「孤独ではない」という事が分かるのは、「大きな一歩」になるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

地球外生命体はいるのか?

2017/04/29 21:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コスモス - この投稿者のレビュー一覧を見る

“地球外生命体”はいるのか?
この問いについて、生物学的観点、惑星科学的な観点から考察しています。
どういう惑星ならどういう生物が存在しうるのか、ということが述べられています。
しかし、ここで書かれているのは地球に生息している生物を基に考察されているので、
もしかしたら、我々人類が想像できないような生物が生息しているのではないかと少し期待しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/02/24 07:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/21 20:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/24 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/10 08:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/07 12:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/01 08:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/28 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/27 15:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/05 09:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/03 08:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/02 15:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/23 15:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む