サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 人狼ゲーム 人事の悪夢

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人狼ゲーム 人事の悪夢
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/03/20
  • 出版社: 大和書房
  • サイズ:19cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-479-39253-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

人狼ゲーム 人事の悪夢

著者 鈴木 教久 (著)

これは「人狼ゲーム」か、それとも「パワーゲーム」か。「社長の座」をかけて、8人が繰り広げる究極の心理戦。【「BOOK」データベースの商品解説】市民と人狼がお互いを追放しあ...

もっと見る

人狼ゲーム 人事の悪夢

1,296(税込)

人狼ゲーム

1,037 (税込)

人狼ゲーム

ポイント :9pt / 紙の本より259おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

これは「人狼ゲーム」か、それとも「パワーゲーム」か。「社長の座」をかけて、8人が繰り広げる究極の心理戦。【「BOOK」データベースの商品解説】

市民と人狼がお互いを追放しあうゲーム、「人狼ゲーム」。あぶりだされる人間の本性とは? 「社長の座」をかけて、8人が繰り広げる究極の心理戦を描く。iOSアプリを公式ノベル化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

鈴木 教久

略歴
〈鈴木教久〉iOSアプリ「人狼ゲーム〜牢獄の悪夢〜」作者。広告代理店にて開発プロデュースを行う傍ら、個人のプロジェクトとしてアプリの制作・プロモーションをすべて一人で行う。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.3

評価内訳

2015/11/09 00:59

投稿元:ブクログ

iPhoneやAndroid用の人狼ゲームサポートアプリを開発した著者による作品。

社長の亡くなった会社の後継を遺言で「人狼ゲーム」によって決めようというぶっ飛んだ設定もそうだが、全体的にガバガバな小説という感じ。

狼、多重人格、占い師、騎士が各1人の9人戦ということもあって、狼側の戦略が限られていたり、ゲームそのものよりも会社での人間関係の話ばかりで狼をあぶり出すようなジリジリとした感じがほとんどない。
人狼ゲームそのものの魅力を描き切れていないのが本当に痛い。残念。

2014/06/27 20:09

投稿元:ブクログ

カードにより人狼、市民、騎士、占い師、多重人格が配役され、嘘の中から人狼を見破る心理戦”人狼ゲーム”。
社長の座を巡り人狼ゲームをすることになった主人公達。まぁそんなに手に汗握る心理戦てほどでもなかった。無礼講とは言いつつもやっぱり派閥や普段持ってる感情は反映されますよねー 人間だもの。
「愚民は多数決で勝てない」って印象的。
装画:mieze

2014/05/05 10:56

投稿元:ブクログ

ブクログの献本企画に当選。
社長の遺言で残された社員たちが人狼ゲームを行い、次期社長の椅子を競い合う。ゲームを通じて、社内の闇や人間関係が明らかにされていく。
如何に無礼講とは言っても、その後の会社生活には支障が出てくるだろうし、ゲーム後の流れもちょっと出来すぎな感も否めないが、ゲームの駆け引きなどは面白かった。

2016/03/20 12:52

投稿元:ブクログ

城殿は嫌な奴だったなぁ こんな人いるんだよ。一ノ瀬はオタク気質かと思ったらなかなかのリア充感がある。内容はライトな感じで読めますよ。

2014/08/05 22:00

投稿元:ブクログ

読み始めて間もないうちから、たぶん深沢社長は生きてるんだろうな、景山さん怪しいな、とか割と予想しやすい。
ゲーム感覚で読めたのは楽しかったです。もっとハラハラが欲しかったけど、その辺はプロの作家が書いたわけではないから仕方ないのかなぁ。

2014/04/12 09:37

投稿元:ブクログ

ブクログの献本に当たりました!これから読みます⭐
読了。
ライアーゲームの一つを切り取って本にした感じ。
こういう心理戦は、倒すべき敵がいると盛り上がるなー。
もう少しゲーム参加者人数を増やして、長期戦にした方がよかったかな。
ちょっと物足りない感じがしたし、深沢社長のオチも読めてた。
ただ、題材としては映画化向きだと思うので、
もし上演されたら見に行きたい。

2014/06/18 23:27

投稿元:ブクログ

 最初は「うん? え? これで人狼やるん?」と思ったんだけど、すいすいと読めてしまうのは何の魔力か。
 人狼ゲームと物語を組み合わせるこんな方法があるんだ。びっくりした。
 面白かったです。

 ただ・・・・・・登場人物紹介はも少し何とかするべきだったんじゃないかなぁ。
 ほぼネタばれになっているw
 まだ読んでいない人が居たら、登場人物紹介には目を通さない方がいいですw

2014/11/23 08:51

投稿元:ブクログ

ものすごい心理戦!という訳ではないですが、人狼ゲームのとっかかりとしては面白い読み物だと思います。

途中挿絵で主人公目線の予想と現状も記載されており分り易いです。

2014/05/06 13:38

投稿元:ブクログ

iOSアプリ「人狼ゲーム ~牢獄の悪夢~」の作者が書いた小説。

ブクログの献本企画をみて「おもしろそう」と思って、応募したら当選してしまったので読んでみました。
http://info.booklog.jp/?eid=652

実際の人狼ゲームには参加したことはないのですが、興味がってこの本を読んでみることはよい機会になりました。

ブクログの皆様、著者の鈴木様、プレゼントいただきありがとうございました。


ブログはこちら。
http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4657288.html

2014/04/20 19:55

投稿元:ブクログ

ブクログの献本企画に当選しました。
私自身に人狼ゲームのプレイ経験はありません。せいぜいリプレイ動画を見たりする程度です。

とある会社の社長が死亡し遺言により人狼ゲームで新たな社長を決めることになります。
主人公の一之瀬は元々退職予定だったこともあり、あまり乗り気でないままゲームに参加します。

人狼ゲームといいつつも、社内の人間関係の清算に重きが置かれています。
いわゆる身内村なので途中途中で描かれるドラマパートも結構大事なんですね。

プレイヤーが8人のため、役職が本当に最低限なんです。
普段もっと多人数のリプレイ動画を見ているせいかちょっと物足りない気もしてしまいました。
ですが、人狼ゲームの入門としてはわかりやすいと思います。

正直、自分自身でこの本を買う、ということはなかったでしょうから、今回のキャンペーンに当選して本当に良かったと思います。

【http://futekikansou.blog.shinobi.jp/Entry/1618/ 】
に感想をアップしています。

2014/06/04 23:35

投稿元:ブクログ

以前友人がはまっていた人狼ゲームの、公式ノベライズ。
裏の裏をかく攻防や心理戦が楽しかった。でも自分の頭が悪すぎるのかどうしてそういうことになるのか理解できなかった部分も多かったです。
小説としてはあんまりだったけど、人狼というゲームには興味が沸きました。

2014/04/16 21:02

投稿元:ブクログ

■あらすじ
とある会社の社長が亡くなった。
社長の遺言は、「人狼ゲームの勝者に社長の椅子を譲る」。
社員8名、本気の騙し合いが始まる!

■人狼ゲームとは
市民グループと人狼グループに分かれ、お互いを追放しあうゲーム。
配役は配られたカードで決まる。
市民になりすました人狼が最後まで残れば人狼の勝ち、人狼を見破り追放すれば市民の勝ち。

■感想
面白かったです。
ゲームのポイントがわかりやすく解説されていて、ゲーム未経験でも人狼探しを楽しめました。
また、ゲームの合間に登場人物達が見せるドラマも良かったです。
ちらりと入っていた色恋話には、にやにやしてしまいました。

人狼ゲームは様々な追加ルールによりどこまでも複雑になりますが、本作は簡単なルールのみで、ゲームの入門本としてもわかりやすかったです。ちょっとやってみたくなりました。

■めも
キャンペーンに当選しました。

2014/06/08 11:00

投稿元:ブクログ

以前テレビで放映していた人狼ゲームが面白くて、偶然本屋でこの本を見つけたので即買い。
思っていた以上に複雑な心理戦の裏切りが続き面白かった。
展開も二転三転して、最後も「えっ?」という展開。
簡単にみえて、簡単ではなかった人狼ゲーム。
やっぱり面白い。

2014/05/13 20:52

投稿元:ブクログ

人狼ゲームには興味が元々あったが、とてもワクワクしながら読むことができた。また実際に人狼がしてみたくなった。

2014/04/15 18:27

投稿元:ブクログ

まるでカイジを読んでいるかのようなドキドキの心理戦。人間の醜い部分が上手く描かれている。人狼ゲームをプレイしてみたくなった。