サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 本当は間違っている心理学の話 50の俗説の正体を暴く

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

本当は間違っている心理学の話 50の俗説の正体を暴く
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/03/20
  • 出版社: 化学同人
  • サイズ:20cm/340,93p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7598-1499-6
  • 国内送料無料

紙の本

本当は間違っている心理学の話 50の俗説の正体を暴く

著者 スコット・O.リリエンフェルド (ほか著),八田 武志 (監訳),戸田山 和久 (監訳),唐沢 穣 (監訳)

モーツァルト効果で知能が向上する、サブリミナル効果でものを買ってしまう…。心理学研究とは甚だしく矛盾するにもかかわらず、広く信じられている俗説を取り上げ、その正体を明らか...

もっと見る

本当は間違っている心理学の話 50の俗説の正体を暴く

3,456(税込)

ポイント :32pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

モーツァルト効果で知能が向上する、サブリミナル効果でものを買ってしまう…。心理学研究とは甚だしく矛盾するにもかかわらず、広く信じられている俗説を取り上げ、その正体を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

スコット・O.リリエンフェルド

略歴
〈スコット・O.リリエンフェルド〉エモリー大学臨床心理学教授。Scientific Review of Mental Health編集者。臨床心理科学協会会長やアメリカ心理科学連合フェローを務めた。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店池袋本店

“通俗心理学”に対し、心理学で真偽に迫まる一冊

ジュンク堂書店池袋本店さん

右脳人間と左脳人間がいる、モーツァルトの曲を聴くと子どもの知能が向上する、人は人生で脳の約10%しか使っていない…。
どれもテレビや雑誌など、どこかで聞いたことのある話である。だが、これらがすべて間違っているとしたら?

本書は、世間で広く信じられている“通俗心理学”に対し、心理学での先行研究を駆使することでその真偽に迫っている。本書で扱うこれら俗説の数はなんと50(巻末の付録も含めるとさらに膨大な数に上る)。
しかも、それぞれの説につき、平均で20もの先行研究に当たるという徹底した調査ぶりである。著者の並々ならぬ熱意が感じられる。

詳細は本書を読んでもらうとして、世間にはいかに根拠のない俗説があふれているか、そして自分たちがいかにそれを容易く信じてしまっているか。あなたの知的好奇心を満足させてくれる、驚きに満ちた一冊である。


(評者:ジュンク堂書店池袋本店 人文担当 田山)

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/05/13 22:46

投稿元:ブクログ

タイトルの通り、世俗的に言われている迷信を切っていく本。
迷信と言っても「ディスレクシアの特徴は逆さ文字である」のように日本ではあまり関係ない話題、モーツアルト効果や抑圧された記憶のように旧聞に属するようなものも多く、玉石混交ではある。参考文献がしっかりしているのがよい。

また、各章は独立しており空き時間で読むにはよい。

面白かったのは睡眠学習の章で、睡眠学習に効果ありとしている研究では脳波などによる睡眠チェックを行なっておらず、これをしっかりチェックしている研究では睡眠学習の効果が認められていない。と、いうことで、睡眠学習は実は音声を流している間、被験者が起きて聞いているだけなのではないか、だったら起きている間にやればいいんじゃないか、というもっともなツッコミがみられる。寝ている人に水をかけ、後で聞くと雨漏りの夢を見ていたというなど、外的な刺激を夢に統合することはある程度可能らしいが、ごく単純な内容に限られるので、睡眠学習は不可能

・マルチョイ式のテストでは、最初に丸をした選択肢について疑問が生じたら変更したほうがよい。これはテストで消した跡があるかどうか、など多数のデータを検討した結果、正解から間違いになるよりも、間違いから正解になっている方が多かったことが確かめられている。最初の直感を信じるのはよくない

・満月の夜に交通事故が多い、というデータはあるが、後で検証してみたところ、その期間の満月の夜は週末が多かった

2014/07/06 15:06

投稿元:ブクログ

多少なりと心理学やそういった話題にかかわるならば、必読!今まで使い古されてきたネタ?に間違いがあるとは・・・とほほ。しかし、巻末の索引はかなり役に立ちそう(これから)!

2014/12/29 12:35

投稿元:ブクログ

俗説、迷信を論破するにあたり「そのようなことは証明されていない」「そういった現象は確認されていない」では、ビリーバーには届かない。本書は、採り上げる事例はとても良いと思うが全体にこのようなトーンで構成されており、一つの事例に割くスペースの少なさを考慮すると、もっと大胆に、結論・論拠・出典に絞った構成で良かったかと思う。

2014/05/06 18:58

投稿元:ブクログ

おもんないので途中で止めた。
心理学上の俗説が、実は違うんだよ、と言う集まりなのだが、本としてはそれがどうしたのと言う感じ。エピソードとしてもつまんない。
巻末についてる、一行あるあるみたいな奴の方が面白かったくらいで。

2015/03/16 11:21

投稿元:ブクログ

evidenceとargumentに基づくとpopやfolkなpsychologyでまことしやかにいわれる話は怪しいものが多いよという本。50の俗説以外にも巻末に多くの説とその説に対するコメントが載っている。見開きの2頁に要約すると分かりやすくなると思うが,この「分かりやすさ」こそが俗説誕生の起源でもある。その意味ではこの本の内容を踏まえると体裁や構成はこれでいいんだな。

2014/12/15 18:44

投稿元:ブクログ

なんだろう?どういうことだろう。面白く無いんだよね。題からして薄い内容はある程度覚悟していたものの、参考資料と索引があるから、これは辞書的に使うものかしら?そうであるには徹底していない中途半端な印象。

2014/06/01 08:22

投稿元:ブクログ

 心理学の世界にも都市伝説並の俗説が多くはびこっていると著者たちは警告を鳴らしている。「通俗心理学」にはおなじみのものが数多くある。
 
 例えば、人は脳の10パーセントしか使っていない、モーツアルトの音楽を聞かせると子供の知能が伸びる、睡眠学習は効果がある、男女のコミュニケーションは全く違うなどどこかで聞いたことがある説が多い。

 しかし、著書では、それらの「常識」になっている「ブードゥー心理学説」に対して問題を指摘している。どうして注意しなければならないかとして次の3点を挙げている。

1. 心理学神話は有害でもある
2. 心理学神話は間接的にダメージを与えてしまう
3. 心理学神話を受け入れるとほかの分野でもきちんと考えることができなくなる

 知らず知らずのうちに「思考停止」になり、間違った説を信じることで、日常生活に支障をきたす。あるいは心理学者もどきの発売する本、CD、DVDを買っても効果が上がるどころか潤うのは「教祖様」の銀行口座で、貢ぐ側は効果が出ず財布はやせ細っていく一方という結果になる可能性がある。

 俗説は広く社会に浸透しているので、打破するのは台所でガサゴソしているあの黒い物体を一網打尽にするのと同じぐらい至難の業だ。心理学の説も時代が変わると正しかったものが間違ったものに、また逆の場合もある。踊らされずにうまく活用したいものだ。

2014/06/01 22:12

投稿元:ブクログ

四人の心理学者が50の心理学神話を斬り捨てていく。右脳人間左脳人間,サブリミナル効果,モーツァルト効果などなど,「メディア御用達の心理学者もどき」が撒き散らす俗説を,1000にのぼる先行研究に基づいて検証。その多くを歪曲や誇張と片付けている。
神話の否定がメインではあるが,それに終始するわけではなくて,ちゃんと根拠の存在する心理学ネタ10についても紹介。…ただこれらのネタのいくつかからは,残念ながら俗説と似たような胡散臭さを感じてしまった。インパクト狙いすぎて同じ穴の貉にならないためにも,もうちょっとこの部分の記述に厚みが欲しかったかも。
全体的には良本。 こういうカウンター情報がもっと普及して,テレビ番組,自己啓発本,雑誌,映画,インターネットなどの通俗心理学産業が縮小するのは大歓迎。「話のネタに便利」という都市伝説の特徴に「科学」の権威を加えて稼ぐ神経神話のビジネスモデルは,さらに悪質なニセ科学の蔓延の下地作りにもなっているだろうから。

2014/03/04 15:59

投稿元:ブクログ

これは必読!
内緒ですが、逆手にとって「ネガティブ思考でガンを克服する」と言う本でも書いて、一山当てようと思います!

化学同人のPR
「巷にあふれる心理をめぐる数々の「神話」。人は脳の10%しか使っていない、サブリミナル効果、睡眠学習、ポジティブ思考でガンを克服する、アダルトチルドレン、自閉症の流行など、蠱惑的でときに危険な神話を50項目取り上げ、それらはなぜ神話でしかないのか根拠を示して解説する。神話の崩壊が始まりますように!」
http://www.kagakudojin.co.jp/book/b165637.html

2014/08/18 18:15

投稿元:ブクログ

幸福感は生活環境ではなく遺伝子で決まるというのが発見だった。つまり、いつも朗らかな気分で居られればどんな境遇でも幸せということだ。

2015/01/08 17:16

投稿元:ブクログ

ボリュームが多すぎ、自分の興味ある部分だけ読んだ。
・何か意外なことを決めつけるような心理学は、正しくないことが多い
・人は、似た者同士で好きあうのが一般的。似た者同士でちょっとだけ異なる、というのが惚れあうポイント。
・答えに自信がない時、直観を信じる、というのは嘘。場合に依る。(おそらく、失敗経験が強烈に残ってしまった人間共通の経験からきた言葉。)
・ミドルエイジクライシスは嘘。人に依る。
・ポジティブ思考でガンは治る、というのは言いすぎ。

2016/06/19 22:47

投稿元:ブクログ

思春期の子どもたちはほとんどが心に問題を抱えるものだというのは間違った認識であり、ほとんどの子どもたちは両親とも環境とも友好な関係を築いている。一部家庭環境に問題がある子供のみの反抗期であり、映画やその他情報で当たり前になっている思春期は全員に当てはまるものではない。

人間の記憶とはスキーマ的である。
スキーマとは記憶の中にある組織化された知識構造もしくはメンタルモデルのこと。人は過去の学習や経験からスキーマを獲得し、それが新しい経験や過去の経験の知覚を方向づける。

怒った時にそれを沈めようとして物にあたったり、大声を出したりするのは逆効果で、むしろ怒りという火に油を注ぐ状態になることが多い。またカタルシスは誤りであるとも。


本の構成だが題から結論までの途中が長くて読むのに時たまダレる時がある。典型的な洋書です。もっと結論までを短く書いてほしいものです。

2016/08/03 21:11

投稿元:ブクログ

様々な議論を巻き起こしているリリエンフェルドの本です。わたしは原著で読みましたが(^^;;
広範囲な心理学批判です。たぶん、セラピストと言われる人の多くを敵に回します(^^;;
少し言い過ぎかも、と思いながら読みましょう(^O^)/

心理学 ランキング

心理学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む