サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ノルマンディ沖の陰謀

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ノルマンディ沖の陰謀(ハヤカワ文庫 NV)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/03/20
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 NV
  • サイズ:16cm/526p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-041302-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ノルマンディ沖の陰謀 (ハヤカワ文庫 NV 海の覇者トマス・キッド)

著者 ジュリアン・ストックウィン (著),大森 洋子 (訳)

ナポレオンのイギリス本土侵攻の準備が着々と進む中、愛する女性を失った悲しみに沈むキッドは、命令を受け、チャンネル諸島戦隊に加わった。チャンネル諸島は平隠な場所で、これは一...

もっと見る

ノルマンディ沖の陰謀 (ハヤカワ文庫 NV 海の覇者トマス・キッド)

1,123(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ノルマンディ沖の陰謀

1,015(税込)

ノルマンディ沖の陰謀

ポイント :9pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ナポレオンのイギリス本土侵攻の準備が着々と進む中、愛する女性を失った悲しみに沈むキッドは、命令を受け、チャンネル諸島戦隊に加わった。チャンネル諸島は平隠な場所で、これは一種の流罪ともいえたが、意外にも戦隊司令官は赫々たる戦歴を持つソーマレズ提督だった。キッドは偵察任務に力を尽くすが、やがて悪辣な罠にかけられてしまう。そして親友のレンジもナポレオンを標的にした巨大な陰謀に巻き込まれていく。【「BOOK」データベースの商品解説】

ナポレオンのイギリス本土侵攻の準備が進む中、愛する女性を失った悲しみに沈むキッドはチャンネル諸島戦隊に加わった。キッドは偵察任務に力を尽くすが悪辣な罠にかけられ、親友のレンジも巨大な陰謀に巻き込まれていく…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/05/09 14:47

投稿元:ブクログ

久しぶりの帆船もので、久しぶりのキッドシリーズ。
でもやっぱりキッドもレンジも「若いなあ!」。そう思うのも、ますますオーブリー&マチュリンが重なるから。特にレンジなんて、まるで先達のあとを慕うように(?同時代だけど)、博物学やらスパイやらの方向に踏み込んでいくし。そして今回も、キッドはレンジに救われるんだよね。うーん。
がんばって続きを出してほしいけれど、どんどん辛気くさいというか「なんだかな」状態になっていくようで心配。同じ帆船もの、英国海軍ものといえば、今ならアラン・シリーズのほうがうけるかも(主人公のはじけ方ややんちゃ具合がノイタミナっぽい)。どこかで再版、続編出版されないかなあ。

ハヤカワ文庫 NV ランキング

ハヤカワ文庫 NVのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む