サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

〈図説〉朝食の歴史
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/02/25
  • 出版社: 原書房
  • サイズ:22cm/290,23p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-562-04986-8
  • 国内送料無料

紙の本

〈図説〉朝食の歴史

著者 アンドリュー・ドルビー (著),大山 晶 (訳)

人々は1日の始まりに何を食べてきたのか。古代ギリシャ時代から現代ヨーロッパまで3000年におよぶ朝食についての記述を集め、豊富な図版とともに愉快な朝食の記録やエピソードを...

もっと見る

〈図説〉朝食の歴史

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人々は1日の始まりに何を食べてきたのか。古代ギリシャ時代から現代ヨーロッパまで3000年におよぶ朝食についての記述を集め、豊富な図版とともに愉快な朝食の記録やエピソードを紹介し、朝食のかたちと意味を読みとく。【「TRC MARC」の商品解説】

朝食とは何か?
古代ギリシャ時代から現代ヨーロッパまで、3000年におよぶ朝食についての記述を集め、
各地の食文化を再発見するこころみである。
数多くの愉快な朝食の記録やエピソードを紹介しながら、
人々が朝食について何を述べてきたか、どのような意味を持たせてきたか、
どんな考えを抱いてきたか、このような疑問から生まれる歴史を提示する。
世界の19の朝食レシピ付。
【商品解説】

著者紹介

アンドリュー・ドルビー

略歴
〈アンドリュー・ドルビー〉1947年英国生まれ。ケンブリッジ大学卒業。フランスを拠点に活躍する言語学者、翻訳者、歴史学者。英国言語学会名誉特別会員。著書に「スパイスの人類史」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店ロフト名古屋店

歴史の本、されどお腹が空く

ジュンク堂書店ロフト名古屋店さん

 食文化は多々あれど、朝食に特化した書物は稀有なのでは?古代ギリシアから現代にいたる文学・美術、他あらゆる記録からひも解かれた朝食についての総覧。学究的、されど軽妙な語り口で素晴らしきかな、朝食の世界へと誘う。一日三回でも朝食を摂りたくなり、さらに世界朝食紀行を夢想してしまった。一日の英気を養う朝食、決して疎かにせぬよう…
 朝が待ち遠しくなる一冊。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/04/05 00:04

投稿元:ブクログ

第1章 朝食の起源・進化・名前
第2章 時代による朝食の変遷
第3章 さまざまな地域の朝食
第4章 朝食の豊かなかたち
第5章 朝食への思い

2014/03/02 18:58

投稿元:ブクログ

人々は、一日の始まりに何を食べてきたのか。世界中の朝食について書かれた記録やフィクションを集め、朝食の歴史と人間が織りなす物語を読みときます。

2016/05/20 18:35

投稿元:ブクログ

 朝食の暦史なんて思ってもみなかった本を発見したとき、驚いだと同時に、よくこんなテーマで本が書けたなあと思った。朝食に関する資料をかき集めるのは大変だったのは想像がつく。


 朝食に関してその起源をたどったり、朝食の語源や名前がどう変わっていったのか、さらにさまざまな文学作品に出てくる朝食の場面を活用した著者なりの分析をしているのが印象に残る。


 世界を見渡せばいろいろな朝食が見えてくる。最後の世界の朝食19のレシピがついている。洋梨と生姜のマフィン、チュロスなど。必要な材料と分量が書いてあるので自分で作ってみるのもいいし、買えるなら店で買って食べるのもいい。


朝食の歴史があるのなら、昼食の歴史、夕食の歴史、夜食の歴史も読んでみたいなあ。誰か執筆してくれないかなとふと思った。

食品・食文化・食エッセイ ランキング

食品・食文化・食エッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む