サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 昭和天皇 第5部 日米交渉と開戦

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

昭和天皇 第5部 日米交渉と開戦(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/02/07
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/373p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790044-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

昭和天皇 第5部 日米交渉と開戦 (文春文庫)

著者 福田 和也 (著)

蘆溝橋事件、支那事変、対米戦争の開始…。勝算のない戦争に日本はどうして突入したのか? 天皇裕仁は深く憂える−。「彼の人」とその時代を描き尽くす、畢生の評伝第5部。【「TR...

もっと見る

昭和天皇 第5部 日米交渉と開戦 (文春文庫)

724(税込)

昭和天皇 第五部 日米交渉と開戦

720 (税込)

昭和天皇 第五部 日米交渉と開戦

ポイント :6pt / 紙の本より4おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

蘆溝橋事件、支那事変、対米戦争の開始…。勝算のない戦争に日本はどうして突入したのか? 天皇裕仁は深く憂える−。「彼の人」とその時代を描き尽くす、畢生の評伝第5部。【「TRC MARC」の商品解説】

息づまる筆致で描かれる天皇裕仁の深き憂い

蘆溝橋事件、支那事変から運命の一九四一年十二月八日まで。勝算なき戦争に日本はいかにして突入したか。著者渾身の大河評伝第五部。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/22 13:19

投稿元:ブクログ

いよいよ開戦に向かっていくのだが、昭和天皇の視点では書かれていない。とても中途半端な「5巻」となっている。

2014/05/21 20:31

投稿元:ブクログ

読了。
独断専行の深みに嵌る陸軍。
空中分解する議会政治。
力に任せた列強の外交戦略。
当時の世界情勢を勘案せず、当時の判断を云々することは難しい。
時代に翻弄される彼の人を、今の視点でどう捉えるか。
容易な作業ではない。

2014/09/09 18:00

投稿元:ブクログ

【息づまる筆致で描かれる天皇裕仁の深き憂い】蘆溝橋事件、支那事変から運命の一九四一年十二月八日まで。勝算なき戦争に日本はいかにして突入したか。著者渾身の大河評伝第五部。