サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ドン・カズムッホ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ドン・カズムッホ(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/02/13
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/556p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75285-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ドン・カズムッホ (光文社古典新訳文庫)

著者 マシャード・ジ・アシス (著),武田 千香 (訳)

「いつもいっしょ…」「こっそりと…」「もし二人が恋仲にでもなったら…」彼女は視線をゆっくり上げ、わたしたちは互いにみつめあった…。みずみずしい描写で語られる愛と友情、波瀾...

もっと見る

ドン・カズムッホ (光文社古典新訳文庫)

1,512(税込)

ドン・カズムッホ

1,210(税込)

ドン・カズムッホ

ポイント :11pt / 紙の本より302おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「いつもいっしょ…」「こっそりと…」「もし二人が恋仲にでもなったら…」彼女は視線をゆっくり上げ、わたしたちは互いにみつめあった…。みずみずしい描写で語られる愛と友情、波瀾万丈の物語。小説史上まれにみる魅力的なヒロインが、こんなところに隠れていた。美少女と美少年、美しくせつない「恋」と「疑惑」の物語…偏屈卿と呼ばれた男の、数奇な?自叙伝?ブラジル文学の頂点。ブラジル文学第2弾!【「BOOK」データベースの商品解説】

「いつもいっしょ…」「こっそりと…」 彼女は視線をゆっくり上げ、わたしたちは互いにみつめあった…。みずみずしい描写で語られる愛と友情。美少女と美少年の美しくせつない「恋」と「疑惑」の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/07/20 16:25

投稿元:ブクログ

主人公ベンチーニョの語りで話が進む。隣に住む少女カピトゥに恋い焦がれていると同時に、母親には将来神父にと望まれている。母に背くことが出来ずいったんは神学校に入るが・・・。
大人へとなっていく過程や、心の葛藤がきめ細やかに描かれている。
4分の3ページは恋愛と将来、4分の1ページは死について深く味わい深い作品でした。

2014/04/19 22:16

投稿元:ブクログ

不思議な小説である.ブラジルで歴史上1位の小説とされることも多いらしい.「ドン・カズムッホ(偏屈卿)」とあだ名される老弁護士の主人公が,17歳の時に隣家の少女と恋に落ちて以降を回想して綴る半生記の形を取った,前半は純愛小説,後半は妻と息子に抱いた疑念とその顛末.不思議というのはその構成で,500ページ強が148章からなるという,非常に細切れの構成で,じゃあ,脈絡がないかと言えばそうではなく,しかし,このような頻繁に章を改めるという構成が,不思議に効果的で,基本的には退屈にならざるを得ないお話しのはずなんだけど,どんどん読み進めてしまった感がある.
出版後60年経ってから,本書の解釈に関するコペルニクス的大転回があったそうで,そのあたりは巻末の解説に詳しいが(かなり長い),ただ,その説を60年間誰も思いつかなかったのはどうか,と思う.

2014/02/16 15:45

投稿元:ブクログ

『ブラス・クーバスの死後の回想』が面白かったのでこちらも購入。
断片的な短い章を重ね合わせる手法で、老弁護士が過去のことを回想する、という構成。
解説でも言及されていたが、どちらもテーマが同じ(姦通)で、回想という手法をとっているが、『ブラス・クーバス〜』と違い可愛らしい幼なじみとの恋愛模様が細かく描写されているのが印象的だった。
巻末の詳細な解説は必読。確かにこれ、一読しただけでは『妻が浮気し、子供は不義の子である』という印象は持てなかった(唐突だし根拠が薄弱過ぎるだろ〜)ので、『妻は浮気していた』説が優勢だった時代があったというのに驚いた。

2015/09/02 20:25

投稿元:ブクログ

おもしろかった!
夢見ごごちの回想シーンが続き、ちょっと飽きてきたところからの急展開。
予備知識なしに読んで、解説を読んで、もう一度読み直したくなる。
裏表紙の『魅力的なヒロインが、こんなところに隠れていた』という言葉に深く頷くことでしょう。

2015/06/03 00:22

投稿元:ブクログ

そのページ数、分厚さに一瞬躊躇したものの、読み始めたらあっという間。若く賢いお隣さんとの幸せ恋愛譚かと思いきや、物語後半からだんだん雲行きが怪しくなってきて……※ここらからページをめくるスピードが加速すること間違いなし。
それにしてもそんな昔のことよく覚えておられますね、ドン・カズムッホ(偏屈卿)!