サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

小さな異邦人
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 43件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/03/10
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/316p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390030-8
  • 国内送料無料

紙の本

小さな異邦人

著者 連城 三紀彦 (著)

8人の子供と母親からなる家族へかかってきた1本の脅迫電話。「子供の命は預かった、3千万円を用意しろ」だが、家には子供全員が揃っていた!?生涯最後の短篇小説にして、なお誘拐...

もっと見る

小さな異邦人

1,728(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

8人の子供と母親からなる家族へかかってきた1本の脅迫電話。「子供の命は預かった、3千万円を用意しろ」だが、家には子供全員が揃っていた!?生涯最後の短篇小説にして、なお誘拐ミステリーの新境地を開く表題作など全8篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

8人の子供と母親からなる家族へかかってきた1本の脅迫電話。「子供の命は預かった、3千万円を用意しろ」 だが、家には子供全員が揃っていた!? 表題作など全8篇を収録した短篇集。『オール讀物』掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

指飾り 7−28
無人駅 29−78
蘭が枯れるまで 79−123

著者紹介

連城 三紀彦

略歴
〈連城三紀彦〉1948〜2013年。愛知県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。「変調二人羽織」で幻影城新人賞を受賞しデビュー。「宵待草夜情」で吉川英治文学新人賞、「恋文」で直木賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー43件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

ミステリの名手は最後まで衰えず

2014/03/12 08:47

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぎわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

同じ女性を同じ晩に同じ場所で複数の人物が殺す『私という名の変奏曲』、異様な復讐を描いた表題作を筆頭にトリッキーな(いっそトリッキーすぎると言ってもいい)短編揃いの『夜よ鼠たちのために』。大学時代にサークルで先輩たちに薦められてこれら連城三紀彦作品を読み、感嘆させられました。
 個人的に最も鮮烈な印象を受けたのは『瓦斯灯』所収の短編「花衣の客」。恋愛の心理とミステリ的な意外性が完璧に融合した大傑作だと思います。
 他には、誘拐ミステリ『人間動物園』も、往復書簡形式で逆転また逆転な『明日という過去に』も、とある家庭が舞台のショートショート連作という趣で分量的には平日昼下がりの帯ドラマにちょうどよさそうだけどもし実現したら変な意味で評判になりそうな『さざなみの家』も、とても好きです。

 そんな作者が昨年逝去。六十五歳なんて早すぎると嘆いたものの、本になっていない作品はまだあったのですね。ネットで検索したところ、長編すら何作も残っているようで、未読の既刊ともどもいずれ読みたいものだと思います。

 三年前に突飛な理屈で別れた妻の影を見る「指飾り」。
 地方駅で不審な挙動を見せる女と、彼女が指名手配書を見ていたその日の晩に時効となる殺人犯、そして彼女らに関わることになった刑事を描く「無人駅」。
 互いの夫の交換殺人が奇妙な結末に至る「蘭が枯れるまで」。
 悪夢が意外な形で収束する「冬薔薇」。
 妙な噂が立ちがちな上司と通り魔事件が絡む「風の誤算」。
 少女の経験するいじめと、彼女の母が幼い時に遭遇した父親の死亡事件が不思議な交錯を見せる「白雨」。
 同僚駅員との不倫旅行がおかしな切符盗難をもたらす「さい涯てまで」。
 八人の子がいる一家に、家族が全員いるのに誘拐電話がかかってくる「小さな異邦人」。
 短編ながらどんでん返しを秘めた作品が実に多く、期待通りにとても楽しめました。
 タイムリミットもありサスペンスフルな「無人駅」と、どこからこんな取り合わせとあの真相を思いついたのかと言いたくなる「白雨」が忘れがたいですが、一番好きなのは作者最後の短編という表題作です。「夜よ鼠たちのために」などで見られた、既成概念の拡大や転倒がこの作品でも用いられていて、被害者の見当たらない誘拐事件を鮮やかに成立させています。連城作品のイメージをいい意味で裏切る(過去にも時々こうした作品はありましたが)結末であったのも、うれしい誤算でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/28 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/16 15:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/27 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/15 09:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/20 20:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/17 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/17 18:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/13 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/17 17:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/01 11:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/10 16:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/28 12:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/03 10:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/10 13:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る