サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブックフェア

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ピンクとグレー(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 108件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/02/25
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/315p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101218-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ピンクとグレー (角川文庫)

著者 加藤 シゲアキ (著)

大阪から横浜へ越してきた小学生の大貴は、マンションで同い年の真吾と出会う。性格は全く違う2人だったが惹かれあい、親友に。やがて高校生になった2人は、雑誌の読者モデルをきっ...

もっと見る

ピンクとグレー (角川文庫)

605(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大阪から横浜へ越してきた小学生の大貴は、マンションで同い年の真吾と出会う。性格は全く違う2人だったが惹かれあい、親友に。やがて高校生になった2人は、雑誌の読者モデルをきっかけに芸能活動をスタート。同居も始めるが、真吾だけがスターダムを駆け上がっていくことで2人の仲は決裂してしまうが…。ステージという世界の魔法、幻想に魅入られた幼なじみの2人の青年の愛と孤独を鮮やかに描いた、切ない青春小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

絶望的に素晴らしいこの世界に、僕は君と共にある…。芸能界を舞台に、ステージという世界の魔法、幻想に魅入られた幼なじみのふたりの青年の愛と孤独を描いた青春小説。著者のスペシャルインタビューを収録。〔2012年刊の加筆・修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー108件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

読み返したい一冊。

2015/01/26 22:09

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えり - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みづらいという評価もぼちぼち見ますが、私は最初から最後まで一気に読んでしまいました。ジャニーズだから、芸能人だから、という贔屓目なしで、ほんとに好きな一冊になりました。読み終わって余韻に浸り、読み返して伏線を追い、またアイドル加藤シゲアキの作品として再び読む。ファンの方もそうでない方も楽しめると思います。主人公たちの少しお洒落な会話なんかも好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アイドル作家ではないですね。

2016/05/04 21:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sakana - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジャニーズ好きなので、ジャニーズ初の作家作品に以前から興味があったのですが、今回やっと読みました。
面白かったです。
早く読み終えたくて予定外に読書時間を取ってしまいました。
時系列の使い方がうまいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いい意味で映画とは違う

2016/01/12 02:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちいたろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

早速公開日に映画を観てきました。
携帯サイトにて内容を振り返っていたら、
原作と映画はだいぶ変わっているようでしたので、
原作も読んでみたいと思い購入。
実際に読んでみると、映画と原作が違う場面はありましたが、
戸惑いというよりも一度映像が頭に入っているので、
想像しやすく読みやすかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何度も読みたくなる。

2015/10/11 00:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆい - この投稿者のレビュー一覧を見る

後半からの展開が特に衝撃的で、引き込まれた。ファレノプシスの歌詞の本当の意味や、ごっちが何を思って生きていたかがわかっていって、読みながら切ない気分に。一度読み終わってまた最初から読んでみると、小学生~高校生時代の章も一回目とは違う視点で読めて、二度面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

青さと熱さ

2015/12/29 08:47

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こはな - この投稿者のレビュー一覧を見る

サブカルをこじらせたモチーフや多少の読みづらさなど小説家として、人間としての、その「青さ」が若さやアイドルという特殊な職業からくる「熱さ」と混ざり合って、クセになる。「ああ、自分もこんなふうに青くて熱い思いでいたことがあったじゃないか…」とどこかなつかしく青春のにおいがする小説。
「どうせアイドル作家」と読まないのはもったいない、今後が楽しみな作家さんになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感想

2016/10/25 02:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

加藤シゲアキくんが書いているということで購入してみました!まだ途中なのですが独特の世界観があります!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

衝撃

2016/02/14 20:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ベルトモ - この投稿者のレビュー一覧を見る

渋谷を舞台にしたお話。
青春時代のいきいきとしたピンクから、芸能界の裏側のグレー
衝撃だったのは、丁寧に描かれた死体の処理。
映画された作品です。
原作と映画の違いはあるけれど、芸能人である加藤シゲアキさんだから書ける表と裏。ピンクとグレーです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ピンクとグレー

2015/09/07 18:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジャニーズが好きで、この本を買ってみました。
読む前はジャニーズだしと思ってました。
でも、読んでみてめちゃめちゃ面白かったです。

芸能人だからこそ、その裏側がとてもわかりやすく、また、ちょっとダークな部分も書かれていて、とても面白かったです。

他のも読んでみようかな(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

映画のほうが好き

2016/01/18 19:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブロッソ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前半は読みづらい印象で、読むのをやめてしまおうかとも思いました。個人的に時系列がバラバラな小説が苦手なのかもしれませんが…
読み終わって、きれいにまとめすぎている感じがしました。映画の、見苦しいく、人間らしい描写があったほうが、私は好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/01/13 09:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/31 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/09 06:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/12 17:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/25 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/11 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る