サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. ことばと知に基づいた臨床実践 ラカン派精神分析の展望

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ことばと知に基づいた臨床実践 ラカン派精神分析の展望
  • みんなの評価 5つ星のうち 5
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:研究者
  • 取扱開始日:2014/03/24
  • 出版社: 創元社
  • サイズ:22cm/277p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-422-11574-0
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

ことばと知に基づいた臨床実践 ラカン派精神分析の展望

著者 河野 一紀 (著)

現代社会における心理臨床の可能性とは? フロイトやラカンのテクストを基に、「ことば」と「知」の今日的意義を検討することで、発達障害をはじめ臨床実践の在り方への問い直しをも...

もっと見る

ことばと知に基づいた臨床実践 ラカン派精神分析の展望

3,456(税込)

ポイント :32pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

現代社会における心理臨床の可能性とは? フロイトやラカンのテクストを基に、「ことば」と「知」の今日的意義を検討することで、発達障害をはじめ臨床実践の在り方への問い直しをも試みる。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • プロローグ
    • 1 本書の基本方針
    • 2 精神分析におけることばと知
    • 3 人間存在とことば
    • 4 知と対象の再発見
    • 5 ことばと知に内在する不可能性
    • 6 本書の構成
  • 〈第Ⅰ部〉
  • 第1章 精神分析におけることばと解釈
    • 1 無意識と意味の裂け目

著者紹介

河野 一紀

略歴
〈河野一紀〉1983年三重県生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程研究指導認定退学。博士(教育学)学位取得。専門は、心理臨床、精神分析。非常勤にて臨床心理士と大学講師を務める。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

精神分析・深層心理 ランキング

精神分析・深層心理のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む