サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 言語・語学・辞典
  4. 英語の早期教育・社内公用語は百害あって一利なし 渡部昇一の「英語知」の追求

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

英語の早期教育・社内公用語は百害あって一利なし 渡部昇一の「英語知」の追求
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/03/11
  • 出版社: 李白社
  • サイズ:19cm/206p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-863782-8
  • 国内送料無料

紙の本

英語の早期教育・社内公用語は百害あって一利なし 渡部昇一の「英語知」の追求

著者 渡部 昇一 (著)

幼児はリスニングを重視! ビジネスマンは語彙を増やせ! 日本人が教える英会話は役に立たない! 日本屈指の英語学者が、自らの体験を赤裸々に語るとともに、「救国の勉強法」を提...

もっと見る

英語の早期教育・社内公用語は百害あって一利なし 渡部昇一の「英語知」の追求

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幼児はリスニングを重視! ビジネスマンは語彙を増やせ! 日本人が教える英会話は役に立たない! 日本屈指の英語学者が、自らの体験を赤裸々に語るとともに、「救国の勉強法」を提言する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

渡部 昇一

略歴
〈渡部昇一〉1930年生まれ。評論家。上智大学名誉教授。ミュンスター大学名誉哲学博士。第24回エッセイストクラブ賞、第1回正論大賞受賞。著書に「知的生活の方法」「封印の近現代史」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

副題の「英語知の追及」が本来のタイトルだったように思える。

2015/10/01 15:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:arima0831 - この投稿者のレビュー一覧を見る

話題になっている二つの英語にまつわる社会現象に反論する、という表題。
そのとおり!とタイトルに強く同意しつつ読んだ。

英語エリート教育の在り方と、文法をきちんと習得することの重要さについては、渡部氏なりの考察が展開されていて面白かった。
英語を実用としてばかりとらえず、素養教養として学ぶ意義については心から同意。
実用的でなければだめだというなら、数学の微分積分なんか無駄の極みということになる。
人間としての知力を鍛えるための意義が、英語という科目でもっと見直されてよいと思う。

本書で渡部氏が語っているのは「日本の文法中心教育は必ずしも間違っていない」という論と「日本人の高度な知力に貢献してきたのは、漢文の素読という究極の訳読方式の追及だった」という話。そして日本の官僚が海外との政治的駆け引きにおいて、英語を駆使して戦えるようになるにはどうすべきか、という提言。

この方が見ているのは、どこまで行っても最低限が上智大学レベルのいわば語学エリート層であって、語学を得意としない中間層以下の学生は視野に入っていない様子だ。
できる層がより伸ばせる環境が未整備なのは現実なので、それはそれで別の議論として、現状の「日本人の英語力を上げる」というテーマにまつわる諸方面での迷走ぶりを軌道修正するインパクトはなかった。

一方で表題の「社内公用語」の問題については、ちょこっと触れた程度でほぼ何も書かれていない。
早期教育についてはそれなりの紙数が割かれているが、基本は他の研究者の論説の紹介で斬新さはない。この方が紹介することで、世により広く知られることに意味はあるだろうが、表題にするほどの内容はなかった。残念ながら看板倒れだ。

副題の「英語知の追及」が本来のタイトルだったように思える。
出版社が話を採録してから、売れそうなタイトルを後付けしたのだろうか?
看板と中身がかなり食い違うことさえ念頭にあれば、参考になる話ではあるので、ちょっと残念・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/04/15 19:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/16 11:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/20 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/07 19:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/30 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英語 ランキング

英語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む