サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 日本統治時代の台湾 写真とエピソードで綴る1895〜1945

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本統治時代の台湾 写真とエピソードで綴る1895〜1945
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/13
  • 出版社: PHP研究所
  • サイズ:20cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-81449-0
  • 国内送料無料

紙の本

日本統治時代の台湾 写真とエピソードで綴る1895〜1945

著者 陳 柔縉 (著),天野 健太郎 (訳)

【金鼎奨(台湾政府出版賞)】台湾が日本だった時代。祖父母の世代はどんな暮らしをし、どんな感情を抱いていたのか…。戦後生まれの女性コラムニストが発掘した歴史の真実。心中事件...

もっと見る

日本統治時代の台湾 写真とエピソードで綴る1895〜1945

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【金鼎奨(台湾政府出版賞)】台湾が日本だった時代。祖父母の世代はどんな暮らしをし、どんな感情を抱いていたのか…。戦後生まれの女性コラムニストが発掘した歴史の真実。心中事件からブーム、民主運動まで、あの時代の“空気”が鮮やかに甦る。【「TRC MARC」の商品解説】

日本統治時代を経験した台湾人への聞き取り、当時の新聞、写真、広告などから、この時代の市民生活の実態を生き生きと描き出す。【商品解説】

著者紹介

陳 柔縉

略歴
〈陳柔縉〉1964年台湾生まれ。台湾大学法学部卒業。聯合報(日刊紙)政治部記者等を経て、コラムニスト。日本統治時代の台湾を今に伝える第一人者。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/02/21 16:47

投稿元:ブクログ

50年間続いた台湾の日本統治期間のことは、知人や家族に実際にそこにいた人がいなければ、知ることはなかった。この本に紹介された、貴重な資料やオーラルヒストリーから浮かび上がるその時代は、華々しくなくても、日本人も台湾人も、それぞれ精一杯生きてきた姿が目に見えるようで興味深い。馴染み深い地名も現在の道の名も併記されているので、実際に台湾に行った時にその場所に行けそうなのもいい。鉄道ホテルは見てみたかったなあ。

2014/09/25 16:10

投稿元:ブクログ

板垣退助の台湾同化会。アイルランドの抵抗運動を教訓に、協調路線で同じ扱いにすることを企画。
板垣は、宿泊代を踏み倒した。すでに時代遅れの非主流派だった。同化会も、解散させられて、2ヶ月の命だった。

台湾八景が投票で選ばれた。基隆旭ヶ岡、日月潭、淡水、八仙山、太魯閣挟、 、 高雄寿山、阿里山、

台湾議会設置請願運動。
台湾側は、異民族に支配される屈辱と、強大化する帝国に組みこまれて、新しい視野と感性が入ってきた。東京は植民地の人びとに日本の偉業を示すショーウインドウだった。東京へ留学するなど、憧れの地。
日本統治時代の抗日言論メディア「台湾青年」
日本語ができなければ、新しい学問を吸収できない。

戦後の東京の印象は、パンパン。松屋は米軍専用売店。
台湾人は、日本国民から中華民国の国民=戦勝国の国民。台湾人は、第三国人。明治屋が第三国人用の売店。砂糖を買って闇市で儲けた。
戦前は2等国民だったが占領下では逆転した。

2017/01/04 08:25

投稿元:ブクログ

日本統治時代,台湾の一般の人たちの生活がどのようなものだったのか。著者による聞き取りおよび資料から分かる。台湾出身の著者が「決して,暗いことばかりではなかった」ことを伝えている。

2015/07/14 00:13

投稿元:ブクログ

天野健太郎さん翻訳ということで興味を持って手にした。日本統治時代の普通の人の普通の暮らしが垣間見られて面白かった。女性の語り口ではないように感じたけど、作者は女性のよう。どうしてそうかんじたのかしら?台湾のイケメンセレブとして紹介されていた李延(嬉)さん本当にイケメン!台湾のあちらこちらに統治時代の面影があるとは思っていたけど、探したら日本のそこかしこにもあるのかもしれない。今度時間があったら早稲田の「高田牧舎」に行ってみよう。

アジア史 ランキング

アジア史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む