サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

東京を変える、日本が変わる

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/03/19
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:19cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-11065-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

東京を変える、日本が変わる

著者 舛添 要一 (著)

第19代東京都知事・舛添要一が企図する「新たな東京」の全体像とは? 東京都政への基本姿勢、防災・危機管理、都市計画とオリンピック・パラリンピック、原発、外交アプローチなど...

もっと見る

東京を変える、日本が変わる

1,296(税込)

東京を変える、日本が変わる

1,037(税込)

東京を変える、日本が変わる

ポイント :9pt / 紙の本より259おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

第19代東京都知事・舛添要一が企図する「新たな東京」の全体像とは? 東京都政への基本姿勢、防災・危機管理、都市計画とオリンピック・パラリンピック、原発、外交アプローチなどについて語る。知事就任挨拶全文も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

舛添 要一

略歴
〈舛添要一〉1948年福岡県生まれ。東京大学法学部政治学科卒業。舛添政治経済研究所を設立。厚生労働大臣、新党改革代表等を経て、第19代東京都知事。著書に「日本政府のメルトダウン」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/01 07:36

投稿元:ブクログ

チェック項目13箇所。思えば、先の大戦で灰燼に帰した首都を、先達たちは驚異的なスピードで復興させ、1964年には東京で、アジア最初のオリンピックを開催したのだった。国内外からの来客にお目にかける「世界一」は、大きさでも量でもない、むしろコンパクトで、クリーンで、スマートな東京を表象するものがいいのではないか。私は国民に対し、「情報は基本的に公開して提供できるものは提供する。もちろん個人のプライバシー等は伏せますが、それがいちばんの危機管理の基本だと思っております」と述べ、テレビなどのメディアを使って、情報公開に踏みきったのである。かつてアダム・スミスは『諸国民の富(国富論)』の中で「小さな政府」を提唱し、その典型的な様態として「夜警国家」を例示した。子供の吸収力は驚くほど高いことは、頭の固い文部科学省の官僚より、現場の先生のほうがよく知っている、この時期には、詰め込めるだけ詰め込んでもいいのだ。中高一貫教育:現行制度やシステムにとらわれることなく、優秀な人材を数多く世に送り出すため、私は「向上心・競争心を持ち、限界を設けずに学ぶことができる教育」を、教育改革の軸として推し進めていくつもりである。人々が夢と希望を持つためには、富の肯定も必要だ。働いて成果を手にすれば、人はさらにがんばろうとする、このサイクルを断ち切ってはいけない。少子化が進行していく中、元気なお年寄りを、貴重なマンパワーとして活用しない手はない、しかもそのことが、高齢者の生きがいを生み出し、同時に認知症の防止に役立つなら、なおさらである。15%は高いと感じるかもしれない、しかし私なら、15%の消費税さえ納めれば、家族の誰にも介護負担がかからない生活、その「安心」のほうを選択したい、たった7年といわれるかもしれないが、私が母の介護で苦労したことを思えば……。もしケガをして動けなくなったら、もう街へは出られない……、こんな社会であってはならないのだ、私は東京から、そんな社会を変えていきたい。

2016/01/12 16:08

投稿元:ブクログ

ちょっと期待できるかな、
と東京都民ではないけど思いました。
あと自身の父親が戦前、地方議員に立候補した時のポスターのお話としてポスターにハングル文字でルビをふっていたとか。
戦前は朝鮮人に選挙権があったお話は興味深かったです。

2014/05/18 05:11

投稿元:ブクログ

私が初めて舛添氏を見たのは30年程前で「朝まで生放送」というテレビでした。夜中の1時くらいから明け方まで討論をしている番組で、学生ながらに「しっかりした意見を持っていて、分かりやすく話すことが出来る人だな」という感じを持っていました。特に肩書きが東大の教授だったので。

それから彼は国政に移り、特に厚生労働大臣としての仕事ぶりは良かったと感じています。その彼が今年の2月に第19代の東京都知事になりました。その彼による最新作が図書館の新着コーナーにあり早速読んでみることにしました。

この本は彼自身の言葉で書かれた本のように思います。選挙活動で訴えてきたことを本に纏め上げたという感があります。日本における東京の役割・位置づけは大きいので、東京を変えることで日本が変わることになるという趣旨で、具体的に何をすべきかが明確です。

幕末の頃、当時の幕府も、ずっと改革と言っていたようです。日本も「改革」と言い出して30年以上は経過していますが、良くなった点もあるものの、改善すべき点も見えてきたと思います。このような時期に「言ったことに対して努力する」姿勢を感じる舛添氏の率いる東京都の姿には注目していきたいと思います。

彼は本の中でも「東京オリンピック@2020を成功させる」と明言しています。私もその頃までは元気で働いていると思いますので、子供がそろそろ独立しているであろう時期なので、自分も何らかの形で協力できれば嬉しいと、この本を読んで感じました。

以下は気になったポイントです。

・オリンピックで国内外からの来客にお目にかける「世界一」は、大きさでも量でもなく、コンパクトで、クリーン、スマートな東京を表象するものがいい(p39)

・都政がとるべき基本的な方向は、経済では市場原理を活用して「小さな行政」に向かい、高齢化社会という現実を見つめた福祉では、「大きな行政」をめざす(p44)

・特区は、医療・雇用・教育・都市再生、まちづくり・農業・歴史的建築物の活用、という六分野で適用される(p45)

・幹部職員に対する挨拶の中で、1)東京を世界一の都市にする協力依頼、2)現場を基本、現場感覚を持って仕事を取り組む、3)ワークライフバランスの実践、をお願いした(p68)

・保育所と幼稚園が一体化できていないのでは、厚生労働省管轄の保育所と、文部科学省管轄の幼稚園とで、それぞれ応援団の議員たちが連盟をつくって、その既得権益を手放そうとしないから(p81)

・多摩ニュータウンでは集合住宅の老朽化に伴う建て替えが懸案、建物の高層化によって生まれる1-2階部分に、保育所や特養をつくっていこうと考えている(p83)

・一定時間で就労する雇用者が大量に生まれ始めたのは1920年代から、その当時の定年制が55歳で平均寿命は45歳程度、退職した男性の老後生活は10年未満(p86)

・福祉目的税としての消費税15%は高いと感じるかもしれないが、それさえ納めれば家族の誰にも介護負担がかからない生活、その「安心」を選択したい(p96)

・消防車が入れないような場所には「ヘリ」を役立てる、また現在ある電柱を地下に埋設することで災害時の電柱倒壊を防ぐとともに景観を向上させる(p112)

・二人の政治家(パリ都市構造を提唱したオスマン男爵、関東大震災の復興を指揮した後藤新平)が示した壮大なビジョン、先見の明を参考にしたい(p122)

・高齢者が寝たきりになってしまう要因の一つは、転倒による事故、その原因は家の中、街のいたるところに高齢者がつまずいて転んでしまうような段差が数多く存在する(p134)

・原発の比重を徐々に小さくしていき、最終的に脱原発を実現するというやり方が、より賢明で現実的(p156)

・東京都と姉妹友好都市の提携をしているのは、ニューヨーク市・北京市・パリ市・ニューサウスウェールズ州・ソウル特別市・ジャカルタ特別市・サンパウロ州・カイロ県・モスクワ市・ベルリン市・ローマ市である(p168)

・仕事をする上で、都民の真の要望はどこにあるのか・既存法令でどう対応するか・財源裏づけはあるか、を検証することが大事(p202)

2014年5月18日作成

2014/04/10 18:21

投稿元:ブクログ

政治家の本はそんなに多くはないですが読んでものが
あります。橋下・安倍・鳩山・小沢・野田・・・
これらの政治家の書いた本は良くも悪くも
印象に残るというか、引っかかりが何らかあるのですが
この本はさあ~~と読めて何のひっ掛りもなく
読み終えてしまいます。
ちょっと残念な本かと

2017/01/15 18:25

投稿元:ブクログ

都知事になるにあたっての所信表明本。これを読むと見習うところが多い非常にバランスのとれた人だと思う。a.自分が考える課題の列挙・b.それを解決するための方策・c.なぜ自分がそう思うのか・・・が淀みなく語られている。例えば、a. 介護問題 b.在宅介護を基本とした「家族が親の介護をしなくて済むシステム」構築 c.自身の介護の経験談... というふうに。奇をてらった内容ではなく感覚として まぁ現実的だろうな といった内容がいずれも続く。当然実行が伴わないといけないわけだが、今後に期待したい。一都民として自分も耳を傾けないと・・・。

日本の地方自治・行政 ランキング

日本の地方自治・行政のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む