サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぬるい毒(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 34件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/02/25
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-137173-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ぬるい毒 (新潮文庫)

著者 本谷 有希子 (著)

あの夜、同級生と思しき見知らぬ男の電話を受けた時から、私の戦いは始まった。魅力の塊のような彼は、説得力漲る嘘をつき、愉しげに人の感情を弄ぶ。自意識をずたずたにされながらも...

もっと見る

ぬるい毒 (新潮文庫)

432(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あの夜、同級生と思しき見知らぬ男の電話を受けた時から、私の戦いは始まった。魅力の塊のような彼は、説得力漲る嘘をつき、愉しげに人の感情を弄ぶ。自意識をずたずたにされながらも、私はやがて彼と関係を持つ。恋愛に夢中なただの女だと誤解させ続けるために。最後の最後に、私が彼を欺くその日まで―。一人の女の子の、十九歳から五年にわたる奇妙な闘争の物語。渾身の異色作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【野間文芸新人賞(第33回)】ある夜電話をかけてきた同級生と称する男。噓をつき、愉しげに人の感情を弄ぶ男に自意識をズタズタにされながらも、私はやがて彼と関係を持つ。恋愛に夢中なただの女と誤解させ続けるために。最後に私が彼を欺くその日まで−。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー34件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

イタイ

2015/08/23 23:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どん - この投稿者のレビュー一覧を見る

人の心を弄ぶ男の魅力にやられてしまった女の自意識過剰なモノローグが終始タレ流される。締めつけられるような嫌悪感を覚えつつ、一気に読んでしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/10/08 16:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/06 11:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/18 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/25 13:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/14 19:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/10 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/17 08:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/10 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/20 15:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/01 08:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/31 01:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/26 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/03 18:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/06 11:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る