サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

巨大訴訟 下(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/02/25
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/394p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-240932-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

巨大訴訟 下 (新潮文庫)

著者 ジョン・グリシャム (著),白石 朗 (訳)

妻に頭が上がらず、離婚・引退を夢見るオスカー。大企業相手に一攫千金を狙うウォリー。彼らの弱小事務所でひたむきに働くデイヴィッドは、ウォリーが起こした和解金目当ての集合訴訟...

もっと見る

巨大訴訟 下 (新潮文庫)

767(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

妻に頭が上がらず、離婚・引退を夢見るオスカー。大企業相手に一攫千金を狙うウォリー。彼らの弱小事務所でひたむきに働くデイヴィッドは、ウォリーが起こした和解金目当ての集合訴訟に振り回されていた。敵は大製薬会社、加えて古巣の超大手法律事務所。法廷では素人同然、「三馬鹿」と自嘲しながら、金の亡者で巨大化していく訴訟に追い詰められる三人に―一発逆転はあるのか?【「BOOK」データベースの商品解説】

オスカーとウォリーの弱小事務所でひたむきに働くデイヴィッドは、ウォリーが起こした和解金目当ての集合訴訟に振り回されていた。敵は大製薬会社、加えて古巣の超大手法律事務所。3人に一発逆転はあるのか?【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/03/08 10:51

投稿元:ブクログ

読んでて久々に声あげて笑ってまう場面があった。
グリシャムも一時迷走してた時もあったけど、この路線はハズレなし。

2014/06/25 15:45

投稿元:ブクログ

知らぬ間に出ていたジョン・グリシャムの新作。毎作読んでいますが,最近は,「評決のとき」や「法律事務所」の時期と比べて「う~ん」というのが多かったのですが,今作は久々に楽しんで読めました。

 超大手法律事務所のアソシエイトとして激務をこなしていたデイヴィッドは,突然その仕事に嫌気がさし,事務所を飛び出す。行き着いた先が所謂「アンビュラス・チェイサー」の場末の法律事務所。そんなとき,その事務所が大規模薬害訴訟の事件と関わることに。事務所の誰一人法廷に立ったことがない中でのその訴訟の行方は・・・

 法廷シーンはもちろんのこと,主人公の失敗を繰り返しながら成長していく姿が面白く心打たれます。

2015/08/08 22:04

投稿元:ブクログ

企業訴訟に立ち向かう場末の弱小弁護士事務所の活躍を描く下巻。

薬会社の反撃が始まり、孤立した事務所で仲間が一人、また一人と倒れていく中、デイビッドが企業訴訟専門家として育っていくのが面白かった。

2016/08/24 12:41

投稿元:ブクログ

難しい話ばっかりかと思って読み始めたが全然そんなことなかった。むしろコミカルなところがたくさんあり、面白かった。
若手弁護士がいい加減なパートナーの元で成長する姿が微笑ましい。

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る