サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 動物園の文化史 ひとと動物の5000年

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

動物園の文化史 ひとと動物の5000年
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/25
  • 出版社: 勉誠出版
  • サイズ:20cm/311,4p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-585-22082-4
  • 国内送料無料

紙の本

動物園の文化史 ひとと動物の5000年

著者 溝井 裕一 (著)

野生空間で捕らえた動物を檻や濠のなかで飼育する「動物園」は、メソポタミアの古代文明から現在まで、さまざまな形に変化してきた。ひとと動物のかかわりを探るとともに、自然観をあ...

もっと見る

動物園の文化史 ひとと動物の5000年

2,808(税込)

ポイント :26pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

野生空間で捕らえた動物を檻や濠のなかで飼育する「動物園」は、メソポタミアの古代文明から現在まで、さまざまな形に変化してきた。ひとと動物のかかわりを探るとともに、自然観をあらわす鏡としての動物園の魅力に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

溝井 裕一

略歴
〈溝井裕一〉1979年兵庫県生まれ。関西大学大学院文学研究科博士課程後期課程学位取得修了。博士(文学)。著書に「ファウスト伝説」「グリムと民間伝承」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/01/29 16:04

投稿元:ブクログ

西洋を中心とした動物園の歴史について書かれた本。そのタイトルの通り、古代メソポタミアの動物コレクションから始め、近世のメナジェリー、現代の動物園に至るまで書かれている。

ただ単純に動物園の歴史を書くだけではなく、各時代・地域における動物観・自然観にも言及しているのがよい。この本ではヨーロッパがメインとなっているため、聖書の記述が特に強い。つまり、人間は他の動植物を支配する権利を持っているのだ、と。

全体を通してみると、動物園の歴史とは支配の歴史であることが分かる。いかにして人間は自然を支配しようとしてきたのか。そしてその支配対象は動物のみならず、民衆も含まれている。それが各々の動物園の形態に反映されているのだ。

動物学 ランキング

動物学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む