サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. この世界の成り立ちについて 太古の文書を読む

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

この世界の成り立ちについて 太古の文書を読む
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/03/20
  • 出版社: ぷねうま舎
  • サイズ:20cm/216p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-906791-28-6
  • 国内送料無料

紙の本

この世界の成り立ちについて 太古の文書を読む

著者 月本 昭男 (著)

死と人々はどのように向き合ってきたのか、一神教の発生に隠された秘密とは何か、「信」が社会で果たしてきた役割とは。旧約聖書と古代オリエント宗教文化の研究に取り組む著者が、コ...

もっと見る

この世界の成り立ちについて 太古の文書を読む

2,484(税込)

ポイント :23pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

死と人々はどのように向き合ってきたのか、一神教の発生に隠された秘密とは何か、「信」が社会で果たしてきた役割とは。旧約聖書と古代オリエント宗教文化の研究に取り組む著者が、コスモス生成に隠された秘密を掘り起こす。【「TRC MARC」の商品解説】

■ 古代メソポタミアの創成神話、『アトラム・ハシース』『エヌマ・エリシュ』『ギルガメシュ叙事詩』……旧約聖書に流れ込んだ、東地中海の神話の古層を掘り、世界のはじまりの物語をめぐる。この現実を組み上げている、見えない骨組みを探って。

■ 起源に置かれた「大洪水」の説話とは何だったのか。死と人々はどのように向き合ってきたのか。一神教の発生に隠された秘密とは、〈信〉が社会において果たしてきた役割とは何か。

■ 古代オリエント学と旧約聖書学を専門とし、長く中東の発掘にもたずさわってきた著者が、物語とイメージの豊饒な地層から掘り起こした出来事の数々。人が生きることにかかわる基本的な条件とは……。
【商品解説】

目次

  • コスモス創成          
  • 第1章 大洪水から         
  • 第2章 死と向き合って       
  • 第3章 他者に
  • 第4章 自然の呻き
  • 第5章 天罰という思想と、それへの反乱
  • 第6章 太古から未来へ
  • ──歴史を掘り、未来を見詰める

著者紹介

月本 昭男

略歴
〈月本昭男〉1948年生まれ。チュービンゲン大学にてDr.Phil.取得。立教大学文学部教授。専攻は旧約聖書学、古代オリエント学。著書に「古代メソポタミアの神話と儀礼」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/21 06:31

投稿元:ブクログ

聖書や楔型文字文書(つまり古代オリエントの古文書)のベテラン学者による著者の関わる古文書に関する随筆集。

ギルガメシュ叙事詩では、既に友情と生と死の物語が紡がれている。
聖書の成り立ちについて多くの頁が割かれる。ユダヤ民族は少ないながらも聖書の成立と広まりによってその役割は大きい。ここまで普遍的な思想を残した古代民族はいない。例えばヨブ記には神の存在と理不尽な現実があるが、それは因果応報説では神の存在が予測可能になってしまうという思想を示している。

2014/08/04 23:49

投稿元:ブクログ

著者は旧約聖書学者。現在の世界の成り立ちを楔形文字文書や旧約聖書などからひも解く内容。とはいえ研究書というよりは、著者のこれまでの研究を盛り込みつつ、個人的に感じてきたことも盛り込んだエッセイのような内容です。たまに古文書とは関係のない詩句も出てきたりで個人的にはやや読みづらかったように思います。しかしイスラエルでの発掘経験や旧約聖書の研究歴の長い著者ならではの伝え方で、イスラエルに対するイメージが変わったものもありました。もしかしたら学問的なものというよりも、このようなことを伝えることが目的の本かもしれません。

主に旧約聖書を引用し、イスラエルの宗教史について語られることが多いですが、意外にもヤハウェの唯一絶対的な性格が確立したのは紀元前6世紀のバビロニア捕囚以降で、それまではヤハウェの他の様々な神もまつられていたといいます。イスラエルというと一神教で、他の神は認めないというイメージですが、この考えを確立させたのがバビロニアの王によるイスラエル人の拉致という人間の行い。歴史に「もし」はないですが、もしこれがなかったら、イスラエル人の宗教観は今とは違うものになっていたのかもしれません。イスラエル軍によるガザ空爆が毎日報道されていますが、これもなかったかも。そう思うと、人間ひとりひとりの行動が後世に影響を与えるということを自覚し、日々誰にも迷惑をかけないように心がけることが大切だと思わされてしまいます。本書の趣旨とはずれますが、イスラエルの子供とパレスティナの子供をいっしょに教育するといった、今までなら信じがたいことが学校の先生の努力で行われているということも本書で書かれており、驚きました。こうした子供たちが大人になった時、今の大人には解決できなかった問題が解決されることを願います。