サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

銀の匙のサンバ(角川ルビー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

銀の匙のサンバ (角川ルビー文庫 富士見二丁目交響楽団シリーズ)

著者 秋月 こお (著),後藤 星 (イラスト)

音楽の師匠である三老人の集う変人倉を久方ぶりに訪ねた圭。時の流れとともに変わりゆく人生を思い、圭は自分のプロ・オケを持つよう老人たちから薫陶を受ける(「わが道」)。一方、...

もっと見る

銀の匙のサンバ (角川ルビー文庫 富士見二丁目交響楽団シリーズ)

626(税込)

銀の匙のサンバ 富士見二丁目交響楽団シリーズ 外伝

626 (税込)

銀の匙のサンバ 富士見二丁目交響楽団シリーズ 外伝

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

音楽の師匠である三老人の集う変人倉を久方ぶりに訪ねた圭。時の流れとともに変わりゆく人生を思い、圭は自分のプロ・オケを持つよう老人たちから薫陶を受ける(「わが道」)。一方、そんな圭から珍しく飲みに誘われた、M響兼フジミオケの一員の飯田。圭から思わぬ相談を受け、人生の転機を迎えるが…!?(「銀の匙のサンバ」)。その他、2編の短編を収録した、大好評アンコール外伝集第4弾!【「BOOK」データベースの商品解説】

久方ぶりに変人倉を訪れた圭。時の流れとともに変わりゆく人生を思い、圭は自分のオケを持つよう老人から啓示を受ける。珠玉の短編を束ねたアンコール外伝集。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

変人倉三人衆。

2015/10/11 09:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の二人もいいキャラだけど、フジミシリーズの骨格になっているのは福山先生や変人倉の面々といった師匠ズの存在だと思う。
人生の先輩という意味ではM響やフジミの人達も含むかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/21 14:35

投稿元:ブクログ

外伝なのであの時の裏話的なノリで読んでいたら、銀の匙で、えっ新たに物語始めるの?的な展開に!新しいオケ、期待してます。

2014/05/03 23:19

投稿元:ブクログ

外伝第4集。

フジミを最終回させた意味って何?と思いながらも読みました。
作家自身が巻末で『終わったのに終わらないフジミ』と書いているのには引きました。
内容というか、だんだんと書き手さんの文章が古臭く感じる今日この頃です。
言い回しとか、どうにもついていけなくなってます。
設定でも、アレ?と思った大卒初任給とか。
勢いとかで書いてませんか?と思ってしまう気がしてならない。
そういうのが許される作家さんになってしまったのかな、と。そういうのが残念。

2014/04/08 17:06

投稿元:ブクログ

相変わらずなお二人さん、良いですね。番外編なのであっちの話、こっちの話、と飛ぶので面白い、あの頃のあの時はこうだっんだ〜と思い出し読みました。人の巡り会い、いい人に会えた時は最高の財産となります。出会いは大切に。わたしの歳では無理か〜

2014/04/19 12:46

投稿元:ブクログ

収録作「母親たちの午後」これが読みたかったんだよね〜!と感動!あの事件の裏でママ達がどう動いていたのか気になっていたので、胸のつっかえが取れて気分爽快wでも正直読みながらハラハラしてました。汗


「わが道」こちらも待ってましたの話でしたが、まさかのまさかな展開!

「銀の匙のサンバ」まるで“続く...”と言わんばかりの話なんですが‼︎飯田さんならこの話乗るよね〜ってみんな思うはずw続•フジミを期待‼︎


「海辺にて」フジミの同人誌が好きな方にはいいネタになる話ではないでしょうかw圭の「きみには飯田くんがいるでしょう」にはうっかりニヤニヤ♪そしてイガちゃんの最後のセリフが意味深すぎてニヤニヤw