サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ひゅうおどろ 煤川石坐の怪異譚

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ひゅうおどろ 煤川石坐の怪異譚
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/02/26
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:19cm/511p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-729364-9
  • 国内送料無料

紙の本

ひゅうおどろ 煤川石坐の怪異譚

著者 てにをは (著),窓 (画)

まだ人と妖怪が隣り合わせていた時代。世には二本の紐があった。一方は赤く光る紐。それは人の紐。一方は青く光る紐。それは妖怪の紐。二本の紐が絡まり合うとき、人と妖怪は分かちが...

もっと見る

ひゅうおどろ 煤川石坐の怪異譚

1,080(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

まだ人と妖怪が隣り合わせていた時代。世には二本の紐があった。一方は赤く光る紐。それは人の紐。一方は青く光る紐。それは妖怪の紐。二本の紐が絡まり合うとき、人と妖怪は分かちがたく関わりを持つ。これは紐の織りなす物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

まだ人と妖怪が隣り合わせていた時代。赤く光る人の紐と、青く光る妖怪の紐が絡まり合うとき、人と妖怪は分かちがたく関わりを持つ…。絡まった〈ヒト〉と〈怪異〉の紐を解く「紐解人」の活躍を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

怪雨 7−83
鐘ケ淵異譚 87−169
くさびら 173−263

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/04/29 00:59

投稿元:ブクログ

●昭和初期の話だったのか。冒頭に、時代背景の説明がなかったので、勝手に明治あたりの話かと思っていた。

●綴・紡の台詞がやあ現代風。ネット小説というか。ありていにいえば、銀●を思い出してしまった。台詞がかった台詞というか。

●これは、ラノベ全体に言えることかもしれないが、描写にあまり行を割いていないのが気になった。美しい少年って、どいういう風に美しいの?

●全体を読んだ感想としては「面白かった」

●ただ、鬼子として、父以外の親族から鼻つまみものとして扱われていた半神半人の石坐が、どうして人間の安否を気遣う事が出来るのが気にかかった。世捨て人で厭世的なキャラなのか、そうじゃないのか。主人公のくせに、キャラがぶれている気がするのは、私の思い違いか……。

●石坐の母親の正体や、謎の人物など、説明がされないままで終わってしまった。……これは、続刊フラグ

●「アテルイは、坂東では英雄なんだけどな。悪く描かれているのは、関西の朝廷の作為なんだけどな……」とあとがきをみて思った。アテルイ、倒されるべき対象としてバリバリ悪者に描かれてましたね。言っても仕方がないことだとは思うのだけれども。