サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

月の上の観覧車(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 41件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/02/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/351p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-123037-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

月の上の観覧車 (新潮文庫)

著者 荻原 浩 (著)

閉園後の遊園地。高原に立つ観覧車に乗り込んだ男は月に向かってゆっくりと夜空を上昇していく。いったい何のために?去来するのは取り戻せぬ過去、甘美な記憶、見据えるべき未来―そ...

もっと見る

月の上の観覧車 (新潮文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

月の上の観覧車(新潮文庫)

702(税込)

月の上の観覧車(新潮文庫)

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

閉園後の遊園地。高原に立つ観覧車に乗り込んだ男は月に向かってゆっくりと夜空を上昇していく。いったい何のために?去来するのは取り戻せぬ過去、甘美な記憶、見据えるべき未来―そして、仄かな、希望。ゴンドラが頂に到った時、男が目にしたものとは。長い道程の果てに訪れた「一瞬の奇跡」を描く表題作のほか、過去/現在の時間を魔術師のように操る作家が贈る、極上の八篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

そこは、奇跡に会える場所…。月光の差し込む観覧車の中で、愛する人々と束の間の再会を遂げる男を描いた表題作ほか、時の儚さと生のリアルを紡ぐ全8篇を収録した短篇集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

トンネル鏡 7−40
上海租界の魔術師 41−89
レシピ 91−136

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー41件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

ふわーっとした心地になる

2016/10/10 15:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Carin - この投稿者のレビュー一覧を見る

本屋さんで表紙だけで買ったのですが、ひとつひとつ心に響くものがありました。過去に振りかえるのは苦しい時もありますが、自分も思い返してこれからを考えようかと。久しぶりにいい本に出会いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

うーーーん

2016/01/09 10:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夫はオジサン - この投稿者のレビュー一覧を見る

可もなく、不可もなく、心に残るものもなく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/19 11:59

投稿元:ブクログ

1話目、「トンネル鏡」読んで、中年男性が主人公の半生の反省の話だったけど、ああ、いまのわたしには合う気がする、と思った。田舎を出て東京であくせく働いていろいろ大事なものを失くした、という話。

2話目、「上海租界の魔術師」はかなりぐっときた。ぼけたお年寄りの相手は常日頃するけれど、大変さの中に、かぶりものが無くなったその人の人生や思いに肉薄してぐっとくる瞬間がある。その繋がりの感触をベースに読んでると、背景に戦前の上海のきらめく幻燈を映して、自由の効かなくなっていく手で手品を演じるマジシャン爺さんのラスト・ショーを見ているみたいだった。

どれもどこかに共感を覚えながら読んでいたんだけど、「ゴミ屋敷モノクローム」は後半涙が止まらなかった。
捨てられないほど大切で、でもその喪失と向き合うことなど到底できないような日々があったということは、幸せなのか、不幸なのか。


短編集のテーマは「喪失」らしい。失ったものがあることを自覚している人間には、どこかしらに刺さる部分がある小説だと思う。

2016/11/15 15:21

投稿元:ブクログ

八作品のうち六作品が四十代以上の主人公で
そろそろ人生の折り返し地点を通過している世代がターゲットになっています。
そんな年代になると日々過ごしているとふとした時に
過去の事を思い浮かびこうすれば良かったと思うことがあります。
そんな世代の人達が人生を振り返った時々のことが綴られていますが、
どの作品も普段隠れている心の隅をぎゅっと掴まれたように
どこか切なく淋しさがあり脆くも涙が出てしまいそうなものばかりでした。

主人公が女性で過去を振り返りながらも唯一未来に向かっている
作品の「レシピ」はこの中ではとても印象的で、
作者は男性なのに女性の心理をよくぞここまで把握しているなというのが
書かれていて面白く、料理と過去の男性をこのようにして
思い返しているというアイデアも面白かったです。
そして女性らしいラストの潔さに爽快でした。

歳を重ねると今までなんてことのない事だったことも
何か大きな人生の転機があると
今まで身近だった家族、夫婦、子供、友達、同級生、同僚などが
特別な存在だったということに気が付き
だからそんな時に「もしもあの時にこうしていれば」と
思うことが多くなるのかと思います。
けれど過去ばかり振り返っていても何も変わることがないので、
少しでも今までとは違う自分を取り戻して、
未来へ歩んで欲しいというメッセージもこの作品の中からは
読み取れるような気もしました。

若い方が読んだらまた違う観点からの感想になるかと思いますが、
歳を重ねたからこそこの深みのある心境が分かるかと思うので
アラフォー世代の方が読むにはまさに打ってつけの作品だと思います。
これで人生の準備としての心構えも出来るかと思います。

人生でもし何かに躓いた時に読み返してみても
今とはまた違った心境にもなると思うので、
読み返してみたい作品だとも思いました。

2014/12/29 08:03

投稿元:ブクログ

月と観覧車が起こす奇跡の出会い。前半のいくつかの短編は胸がグゥーっと苦しくなるような感じがしたけれど、読み終わってみれば心は温か。解説の冒頭の数行に激しく納得。

2014/06/10 15:36

投稿元:ブクログ

喪失がテーマの短編集。
笑いはなし。思わずクスッと笑ってしまうような荻原さん独特の言い回しも封印。

2014/05/13 21:34

投稿元:ブクログ

8つの物語から成る短編集。
喪失感、郷愁、哀愁、憂い。
必ずしもマイナスではないけれど、決してポジティブでもない、
そんな感情に包まれた主人公たちのそれぞれのお話。


明るくて元気が出るようなものが読みたい時に選ぶには違う。
ちょっとしんみりとした、でも、この本の雰囲気に引きずり込まれない
程度の強さは残しているような時に手にして欲しい。
どれも波の少ない話だし、ちょっとファンタジックな要素もあるけど、
どちらかというと現実的で、すぐ近くにありそうなものばかり。

個人的には『金魚』と『胡瓜の馬』が好きだったな。
それらにしても、イチオシ!として誰かに薦めるほどではないけれど。

2014/05/05 23:00

投稿元:ブクログ

【収録作品】トンネル鏡/上海租界の魔術師/レシピ/金魚/チョコチップミントをダブルで/ゴミ屋敷モノクローム/胡瓜の馬/月の上の観覧車

2014/07/01 03:44

投稿元:ブクログ

 大人向け、中年向けの短編集。
 登場人物と同世代の読者ならば、彼らが歩んできた道程の卑近さが身につまされることも多いだろう。
 人生の佳境を越え、先を見据えることよりも、後ろを振り返ってしまうことの多い日々。
 真面目に、それなりに懸命に生きてきた筈なのに、手に入れたものより、失ったものの方がはるかに多い。
 老いの哀しみ、人が生きることの儚さ、やりきれなさ。
 平凡な人間の、夢見がちな、身勝手さ。
 希望よりも惰性で生き続ける現実。
 疲弊した身で途方に暮れる姿に、己が未来を垣間見るようで、読み進めるのがしんどかった。
 小説としての水準は高いが、それ故に、若者にはまだあまり読ませたくないような作品だとも感じた。

2016/09/16 08:50

投稿元:ブクログ

5冊目。なにかと今話題の著者。貰わなければ読まなかったと思う。
述懐の物語、あるいは追憶の物語。話自体に捻りはないし、出てくるエピソードもバブル世代のそれが多くてイマイチ良くわからない。なのにどうしてこんなに胸が苦しいんだ。
歳をとったんかなぁ。歯ブラシを見て帰ってしまう威勢がいいはずのおかんとか、柱に刻まれた記録とか、なんか記憶に残ってしまう。
表現がキレイということはある。この人の比喩好きだなぁ。記憶を呼び覚ますような平易だけどなかなか思い浮かばない比喩と思う。
一番好きなのはお盆の話かな。な。章内節の「π」がとてもおしゃれと思うの。2~7に見られるそういう遊び心も好きでした。

2015/08/23 10:09

投稿元:ブクログ

8編の短編集のテーマは失われたものをもう一度探していくというところだろうか。荻原浩らしいユーモアや楽しさよりはやや重い雰囲気がある小説がいくつかあるのが意外といえば意外だが、読み進むうちにこの短編集の全体の魅力に引き込まれていくようだった。女性がいろいろな場面で作ってきた料理を題材にした「レシピ」が人気があるようだが、以前に付き合っていた彼女の地元に帰る「胡瓜の馬」は揺れ動く気持ちにしみじみとした感じがあってよかった。

2014/04/13 23:58

投稿元:ブクログ

八つの短編集。日々が廻る中で出来事もめぐっていく。ちょっとした出来事、ちょっとした気付き、それらがないまぜになって新たな出来事になる。

2014/03/26 16:50

投稿元:ブクログ

閉園後の遊園地。高原に立つ観覧車に乗り込んだ男は月に向かってゆっくりと上昇していく。(『月の上の観覧車』より)。
人がふと過去に思いを馳せるときを描いた8篇を収録した短編集。

2014年3月25日読了。
失った時も、喪った人も戻ることはない。でも、残った人の心の中では確実に生きている。
そんなお話が8篇。思っていたよりもほろ苦い系のお話が多く、少しお腹いっぱいな気持ちになりました。

2014/05/31 17:15

投稿元:ブクログ

失うから手に入れるのだ、手に入れたものは失うのだ、と思った。
当たり前だけど、そうやって人生は続く。

どれも好きだけど、特に「上海租界の魔術師」「レシピ」がよかった。
上海租界の魔術師、とにかく終わり方が良い。
レシピ、こういうサバサバした女の話が好き。男と出会いながら膨らませたレシピノートを憎むどころか愛している所が、またいい。

2016/07/23 17:16

投稿元:ブクログ

8編の短編集。どの作品も現在の自分よりも過去を思い返している。今の自分と比較したり、これからの自分にどのようにつなげていくかを著している。
人間はある時点を過ぎると将来や未来に対する想像や希望、期待よりも過去を振り返り、現在の自分の姿を思い後悔や感謝、幸福等を感じるのではないだろうか。この短編集の登場人物たちもそこそこの年齢でいろいろな経験を経て今の自分を感じている。今までの事を後悔したり、それまでのことを振り返りながらこれからの自分をどう生きていくか決意をもったりしている。
どちらかというと重たい部分もある作品集ではあるが、「レシピ」は私と同世代の主人公が過去を料理と共に振り返るという設定で親しみやすく、また思いがけないラストに驚かされた。カラリとした終わり方ににやりとしてしまった。