サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. リスク視点からの「実効性のある」内部監査の進め方

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

リスク視点からの「実効性のある」内部監査の進め方
リスク視点からの「実効性のある」内部監査の進め方 リスク視点からの「実効性のある」内部監査の進め方
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/02/26
  • 出版社: 同文舘出版
  • サイズ:21cm/217p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-495-20001-5
  • 国内送料無料

紙の本

リスク視点からの「実効性のある」内部監査の進め方

著者 五井 孝 (著)

「重箱の隅をつつくような指摘ばかり」の内部監査ではなく、本質的な問題を浮かび上がらせ、早い段階でリスクの顕在化を防止する。このような実効性中心の内部監査を、どのように効果...

もっと見る

リスク視点からの「実効性のある」内部監査の進め方

2,592(税込)

ポイント :24pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「重箱の隅をつつくような指摘ばかり」の内部監査ではなく、本質的な問題を浮かび上がらせ、早い段階でリスクの顕在化を防止する。このような実効性中心の内部監査を、どのように効果的に進めればよいかを解説。様式例も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/09/03 18:39

投稿元:ブクログ

リスクベースでの効果的かつ効率的な内部監査の実践方法を解説。会社法や金融商品取引法では、経営者の善管注意義務の一部としてリスク管理体制の整備を求めている。すなわち、判例においては「健全な会社経営を行うためには、目的とする事業の種類、性質などに応じて生じる各種リスク、例えば、信用リスク、市場リスク、流動性リスク、事務リスク、システムリスクなどの状況を正確に把握し、適切に制御すること、すなわちリスク管理が欠かせず、会社が営む事業の規模、特性などに応じたリスク管理体制(いわゆる内部統制システム)を整備することを要する」とある。しかし、相変わらず人的要因による事故や不祥事などが絶えることなく報道されており、内部監査が有効に機能していないのではないかとの指摘もある。
そこで本書では、企業等におけるリスクとは何かから、そのリスクへの対応方法を解説し、内部監査の実務に資する情報を記載している。会計監査においても、市場リスクや信用リスク、レピュテーショナルリスク(マスコミ報道、評判・風説・風評などにより評判を下げるリスク)、カントリーリスク(海外における政治・経済情勢の変化や新たな取引規制などにより損失を被るリスク)などは関連してくるであろう。本書では、リスクについて「固有リスク」と「残存リスク」とにわけて把握している点、興味深かった。またリスク対応の実効性が低下する原因には、「陳腐化」、「形骸化」、「属人化」があると解説しており、会計監査でもこの点を注意して内部統制監査の実務にあたりたいと思った。

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む