サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. ある文人学者の肖像 評伝・富士川英郎

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ある文人学者の肖像 評伝・富士川英郎
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/03/04
  • 出版社: 新書館
  • サイズ:22cm/446p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-403-21106-5
  • 国内送料無料

紙の本

ある文人学者の肖像 評伝・富士川英郎

著者 富士川 義之 (著)

【読売文学賞評論・伝記賞(第66回)】「リルケ」「江戸後期の詩人たち」「菅茶山」などの名著で知られる文人学者・富士川英郎をめぐる評伝。時代とともに、游、英郎、義之と続く学...

もっと見る

ある文人学者の肖像 評伝・富士川英郎

3,888(税込)

ポイント :36pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【読売文学賞評論・伝記賞(第66回)】「リルケ」「江戸後期の詩人たち」「菅茶山」などの名著で知られる文人学者・富士川英郎をめぐる評伝。時代とともに、游、英郎、義之と続く学者三代の系譜を描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

富士川 義之

略歴
〈富士川義之〉1938年岡山市生まれ。東京大学大学院博士課程満期退学。東京大学教授、駒沢大学教授等を歴任。イギリス文学専攻。著書に「風景の詩学」「ある唯美主義者の肖像」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/05/16 10:24

投稿元:ブクログ

義之さんはその父に英郎、その祖父に日本医学史で知られる冨士川游をもつ、学者一家である。ぼくは英郎さんのことはなんとなくしか知らなかったが、游さんの名前は知っていた。それだけのことなのに、本書を読む気になったのは毎日新聞の書評を読んだからである。それでも、たまたま出かけた大阪の紀伊國屋書店で本書をさがしてもらったときは、すぐに買う決断がつきかねた。ぼくにこの本を読了できるだろうか。それは本書が400頁を越える重い本だったこともあるし、のっけからリルケというドイツの詩人の名前が頻出していたからである。それで別の用件を片付け、再度手にとってようやく買う決意をした。本書を読もうと思ったのは、游のこともあるが、英郎が東大の島田謹二のあと比較文学比較文化の主任教授になったことを知ったからであるし、今では得がたくなった文人学者という表現にひかれたためである。ぼくはこの比較文学比較文化の講座の人たちには多少興味があって、島田の『ロシアにおける広瀬武夫』も読んでいた。島田に限らないが、竹山道雄といい、平川祐弘といい、みんな西洋文学、西洋文化に造詣があるだけでなく、日本文学日本文化に対しても一家言をもった人たちである。英郎も最初リルケの研究者として出発するが、のちに江戸の詩人たちの研究で知られるようになる。東大でも東西双方の文化に通じなければ学生もついてこなかっただろう。英郎はむしろ東大を60で退官したあとの30年の時間の方が、ゆったりと自分の興味の赴くままに自分らしい仕事をしているように思う。英郎が後半生江戸詩人へと傾倒していくのは、英郎が少年時代を含め詩的な人間として成長していくこととつながっている。英郎は小さいときから萩原朔太郎の詩を愛し、朔太郎の詩論に対しその感想を手紙に書いて送ったりもしているのである。それを思うとぼくは、理詰めの本ばかり読んできて、詩的なものとか幻想の世界に遊ぶことをしなかったとなあと思う。今でも読むものの中心はノンフィクションで小説ではない。それはともかく、本書は英文学者である義之さんが、自分にとって煙たい存在であった父を再認識していく過程をつづったものである。義之さんが大学の教員になったあと、いつも自分が寝ようとすると英郎の部屋に電気が灯っていたという。こんなふうに偉大な父をもつと息子はつねに父と自分を比べてしまう。父の翻訳に対する評価はときに厳しいが、また尊崇の念をもつというように比較的冷静である。義之さんはすでに70も半ば。この年にして、自分の父そして祖父とじっくり対話することができたということはなんと幸せなことだろうか。

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む