サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. ハラル認証取得ガイドブック 16億人のイスラム市場を目指せ!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ハラル認証取得ガイドブック 16億人のイスラム市場を目指せ!
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/03/21
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:21cm/196p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-53342-0
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

ハラル認証取得ガイドブック 16億人のイスラム市場を目指せ!

著者 森下 翠惠 (著),武井 泉 (著)

イスラム教の戒律に沿って対応・生産されたもの、もしくは処理された食品などを指す「ハラル製品」が注目を集めている。ハラル市場に関連する制度、環境等をアジア諸国を中心に整理し...

もっと見る

ハラル認証取得ガイドブック 16億人のイスラム市場を目指せ!

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

イスラム教の戒律に沿って対応・生産されたもの、もしくは処理された食品などを指す「ハラル製品」が注目を集めている。ハラル市場に関連する制度、環境等をアジア諸国を中心に整理し、企業のハラル認証取得事例等を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

イスラム教徒の人口は2010年に約16億人に達し、宗教別の人口では世界最大となった。今後もイスラム教徒は増加し続け、2050年には世界人口の4人に1人がイスラム教徒になるという推計もある。さらに注目すべきは、その拡大する一方のイスラム教徒の実に6割がアジア地域に居住していることだ。意外に知られていないことだが、日本のビジネスパーソンにとって、イスラム市場は無視できない存在なのである。
イスラム市場へ参入する場合、切り札となるのがハラル認証だ。ハラルとはイスラム教の戒律のことであり、ハラル認証とはイスラムの戒律に沿って対応、生産されたものであることをイスラム政府当局が保証するという意味だ。イスラム教徒の消費者の心をつかむには、ハラル認証の取得が不可欠となっている。このハラル認証は、近年では、食品のみならす化粧品、医薬品、シャンプーや歯磨き粉等のトイレタリー製品、物流、ホテルや観光施設等のサービス業までも広がりつつある。
これまでの日本でのハラル認証の取り組みは、一部の大手企業の先行事例が中心であったが、最近のアジア新興国の購買力の向上や、震災、円高基調に伴って、ビジネス展開の一部に海外戦略、特にハラル認証の取得を検討する中小の企業が増加している。いまや日本企業のビジネス展開上、イスラム教徒消費者のニーズへの対応が不可欠となっている。
また、現在はハラル製品の輸出に関心を持っていない企業でも、取引先や納入先がハラル認証への取り組みを始めた場合、サプライヤーもハラル認証を取得していく必要性が出てくる。ビジネスを継続させるために、自らもハラル認証を取得せざるをえないというケースも増加すると考えられる。
ハラル認証を申請する際には、企業は最終製品のみならず、製造・加工の工程にかかわるフローも審査の対象となる。原材料がハラルであることはもちろん、製造過程で使用される香料や添加剤、製造の過程で製品に触れる機械の状態、製造過程や製造後の保管状況、保管場所等、広範囲に審査がなされる。
こうした認証取得のノウハウを、豊富な具体的事例を交え解説したのが、本書である。。
【商品解説】

目次

  • 第1章 イスラムとハラル
  •  1.世界のイスラム
  •  2.イスラム教徒の消費行動
  •  3.ハラルとは何か
  •  4.ハラル認証とは何か
  • 第2章 東南アジアのハラル市場
  •  1.東南アジア市場紹介
  •  2.各国のハラル制度
  • 第3章 企業のハラル認証取得事例
  •  1.海外でハラル認証を取得した企業事例

著者紹介

森下 翠惠

略歴
〈森下翠惠〉三菱UFJリサーチ&コンサルティング国際ビジネスコンサルティング室コンサルタント。
〈武井泉〉三菱UFJリサーチ&コンサルティング国際研究部副主任研究員。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/21 06:35

投稿元:ブクログ

ハラルに関する基礎的な情報から、
東南アジアでビジネスをする意向のある企業の担当者向けに、
認証を得る上での流れ、ポイントを詳細に説明する内容。

実際の企業の実例・図表も大変多く、分かりやすい。
定量的なマクロデータもよくまとまっており、
資料を作る上でも利用できる。

改めて、ハラルビジネスのチャンスの大きさも感じる1冊。

2014/05/27 13:00

投稿元:ブクログ

厳格だなぁと感じさせることが満載である一方で、国や認証機関によって異なる解釈があれば、監査員の曖昧な判断基準に委ねられている部分もあり、相当ハードルは高そうだけど、取り組んでいけたらとても面白そう!