サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アルテ 1

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

アルテ 1 (ゼノンコミックス)

著者 大久保 圭 (著)

16世紀初頭・フィレンツェ。芸術など文化活動が花開いたルネサンス発祥の地。そんな活気あふれる華やかなる時代に、貴族家生まれのアルテが画家工房への弟子入りを志願する。女性が...

もっと見る

アルテ 1 (ゼノンコミックス)

626(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

【期間限定特別価格】アルテ 1巻

270(税込)

【期間限定特別価格】アルテ 1巻

ポイント :2pt / 紙の本より356おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「アルテ 1」が含まれるセット商品

アルテ(ゼノンコミックス) 6巻セット

アルテ(ゼノンコミックス) 6巻セット

  • 大久保圭
  • 評価4.0
  • 税込価格:3,75834pt
  • 発送可能日:1~3日

商品説明

16世紀初頭・フィレンツェ。
芸術など文化活動が花開いたルネサンス発祥の地。
そんな活気あふれる華やかなる時代に、貴族家生まれのアルテが画家工房への弟子入りを志願する。
女性がひとりで生きて行くことに理解のなかった時代、様々な困難がアルテを待ち受ける。【商品解説】

著者紹介

大久保 圭

略歴
2011年に鳴海圭名義で「ハンマーハンマー」(フェローズ18号)でデビュー。2012年からは大久保圭にペンネームを変更。2013年から初連載となる「アルテ」を開始している。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (14件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ネタバレ

2015/02/02 22:39

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレを含みます。
まだ女性が社会にでるのは、普通のことではなく、困難だった時代、貴族の一人娘が自分の夢である画家を目指すため家を出て、奮闘するお話です。とても丁寧に背景、小物を描いているため、絵を見ているだけでも面白いです。また、主人公のアルテが逆境に負けずに頑張っている姿を見ると、こっちまで頑張ろうって思えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

待望の電子化

2015/11/15 00:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:micchi - この投稿者のレビュー一覧を見る

キャラクター、それぞれに好感がもてました。今後が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/03/16 00:40

投稿元:ブクログ

一度ペラ読みして,でも買わないでおいた。しかし,何かの拍子に,買ってしまった。つまり,悪くない漫画なのである。描き込みもしっかりしているし面白い漫画です,負けた。

2016/07/02 10:33

投稿元:ブクログ

ジャケ買いしてみた。
内容は16世紀初頭・フィレンツェ(ルネサンスの時代)。女性の地位がまだまだ低い時代に、主人公が画家となり、困難を乗り越えていくサクセスストーリー。
明るく前向きに頑張って行くストーリーが読んでいて気が楽になる。

2014/06/26 18:21

投稿元:ブクログ

きっとあなたの気に入ると思う、とひとから頂いた。
そのひとは正しかった。
アルテはまるでわたしのような少女だ。
(ただし、わたしはもう少女ではないが)

作中で彼女が、
「男だから、女だからという差別的な扱い方、さまざまな女性の不自由さに対する怒り」を自分の中に自覚したシーンでは、自分の胸の内を当てられたようで、どきりとした。
わたしにとっても、不自由と理不尽への怒りはおおきなエンジンだ。
しかし彼女は、わたしよりももっとそのエンジンの使い方は明るく、快活だ。
それは彼女が若く、怖いものを知らないせいかもしれないが、怒りの炎を絶やさずとも、まっすぐ前だけを見て、卑屈にならず、進んでいくのは、難しく、見ている人間の背筋をしゃんとさせる力がある。

この本をくれたひとは、
「今の感覚から見れば確かにアルテは前進的な女性で賞賛の対象になるけれど、当時の時代感覚から見たら、彼女は非難の対象にもなったはずだ。そのことを忘れて、一方的な賞賛の評価に終わってはいけない。」という主旨のことを言った。
作品を読むときには必要な、冷静で一歩引いた意見だ。

けれど、納得できないことにNOと言い続けること、自分が納得していないことを主張し続けることは、時代がどうとかそんなこと関係なく、風潮がどうとか、その時の時代性に照らせばよからぬ行為だったかどうかなんて関係ないと思う。
それはひとりの人間が、自身の尊厳を守る行為であり、
絶対に、やっちゃいけないことなんかじゃないと思う。

そう強く思うのは、わたしがアルテと同じ女だからかもしれないけれど。




余談になるが、アルテ(arte)とは、芸術のこと。

2016/08/17 23:29

投稿元:ブクログ

1巻時点では王道かなという印象。お仕事漫画として面白くはあるのだが、話がまだ転がり出してない感じ。とはいえ終盤の展開については「早くもこれかいっ」っていう思いがあったので、これがどう料理されていくのかがひとまず楽しみ。

2014/06/17 16:24

投稿元:ブクログ

16世紀末のフィレンツェで画家の弟子となったお嬢様のお話。これからルネサンス期の画家達が次々登場してくるのだろうなぁ。アルテがどんな人生を歩むのか楽しみ。

2015/10/01 19:18

投稿元:ブクログ

16世紀初頭・フィレンツェ。芸術など文化活動が花開いたルネサンス発祥の地。
そんな活気溢れる華やかな時代に、貴族家生まれのアルテが画家工房への弟子入りを志願する。
女性がひとりで生きていくことに理解の無かった時代、様々な困難がアルテを待ち受ける。

表紙が可愛かったので手に取ってみたけど、予想以上に良作で面白かった。
時代柄、男女の差別が激しい中で、仮にもお嬢様のアルテが家を飛び出し画家の弟子として奮闘する物語。
アルテの真っ直ぐさがこぎみよく、親方の素っ気ないながらも時折見せる優しさが素敵。
時代物としてもアルテのサクセスストーリーとしても楽しめそう。絵が綺麗ですごく読みやすかった。
あとちょこちょこ差し込まれるお母様の姿にじんと来る。決して悪い人ではないんだよね。

2015/01/09 08:26

投稿元:ブクログ

不当な差別に一生懸命に努力して立ち向かうアルテが魅力的。
話と話の間に挟まれる小話もいい。
面白かった。

2015/08/27 19:36

投稿元:ブクログ

間違って買ってしまった作品だけど、予想外に面白かった。小説ならありきたりな設定だけど、アルテに好感が持てる分、読んでいて楽しい。たまにはこういうのもいいな。

2015/12/01 09:48

投稿元:ブクログ

~1巻読了。
世間知らずのお嬢さまが、あんなふうに働けるのかしら?

いくらお財布事情が厳しいといっても、貴族と庶民のそれでは雲泥の差だと思う。着ている服の布地ひとつをとっても一目瞭然ではないだろうか。そのあたりの衆目が甘く感じる。

まぁ、でもそこそこ面白かったから、そのうち続きを読もうかな。

2014/04/21 21:40

投稿元:ブクログ

ルネサンス時代のフィレンツェで、貴族の家系に生まれ育ったお嬢様な少女が、画家に弟子入り。無口でぶっきらぼうながら案外優しい師匠の元で、当時の(貴族階級の)女性には結婚して子供を産んで家庭を守るという生き方以外の道を切り開く話。画家の工房に弟子入りして修業して独立、というのは当時は無理だったと思いますが、涙をこらえて全力で前向きにぶつかる主人公がかわいいので第二巻以降を楽しみにします。ぶっきらぼうながら案外やさしい師匠もいいですが、仲良くなる高級娼婦(コルテジャーナ)もなかなか魅力的です。

2014/11/27 00:13

投稿元:ブクログ

16世紀!イタリア!画家を目指す女性!マンガ!買うしかなかった。
立ちはだかる障壁を蹴散らしながら、見るもの聴くものすべてに素直に感動し体験していくアルテが気持ちいい。
単に絵好きなだけじゃなく一人前に身を立てていくことを目標にしてますね。
こういう人は心から応援したくなります。

レオさんはアルテが貴族風挨拶をしてやっとアルテの出身を思い出すくらいだからほんとに気にしてないんですね^^
ヴェロニカ様かっこよすぎて惚れそう。

2015/09/03 05:13

投稿元:ブクログ

16世紀まだ男尊女卑が色濃く残るフィレンツェで女の子が画家になろうと奔走する話。

っていう帯に惹かれて買ってみたけど予想外に面白くていい買い物をしたなと思いました。
兎にも角にも主人公のアルテちゃんの猪突猛進振りと、賢明さが可愛らしくて仕方がない。それでも雄々しくなりすぎないのは作者さんの描く女の子が可愛らしいからだろうな~特に目がくりくりしてて可愛いのなんの…

でも当時の女性の立場にぼんやりと多角的にスポット当てつつ、それでも作品自体が暗くなりすぎないのは、作者さんの力量と、話の間間にあるおまけ漫画のおかげだろうなと思いました。アンジェロのご家族は大変可愛い…。

日常パートと画家奔走パートもいい感じにマッチしていてほのぼのします。とりあえず既刊分までそろえよう…。

2016/11/06 17:26

投稿元:ブクログ

16世紀初頭・フィレンツェ。芸術など文化活動が花開いたルネサンス発祥の地。そんな活気あふれる華やかなる時代に、貴族家生まれのアルテが画家工房への弟子入りを志願する。女性がひとりで生きて行くことに理解のなかった時代、様々な困難がアルテを待ち受ける。(Amazon紹介より)

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む