サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. サイバー・イスラーム 越境する公共圏

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

サイバー・イスラーム 越境する公共圏
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/02
  • 出版社: 山川出版社
  • サイズ:21cm/125p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-634-47484-0
  • 国内送料無料

紙の本

サイバー・イスラーム 越境する公共圏 (イスラームを知る)

著者 保坂 修司 (著),NIHUプログラムイスラーム地域研究 (監修)

イスラームという教えはインターネットをどのように変質させていったか。また、インターネットはイスラーム社会やイスラーム教徒をどう変質させたのか。「アラブの春」における事例な...

もっと見る

サイバー・イスラーム 越境する公共圏 (イスラームを知る)

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

イスラームという教えはインターネットをどのように変質させていったか。また、インターネットはイスラーム社会やイスラーム教徒をどう変質させたのか。「アラブの春」における事例などを通して、その化学反応の過程に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

保坂 修司

略歴
〈保坂修司〉慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程修了。専攻は湾岸地域近現代史、中東メディア論、科学技術史。日本エネルギー経済研究所研究理事。著書に「イラク戦争と変貌する中東世界」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店ロフト名古屋店

インターネットとイスラームの関係を概観する

ジュンク堂書店ロフト名古屋店さん

 インターネットが世界に及ぼした影響は計り知れない。もちろんイスラーム世界もまた例外ではない。本書のタイトルであるサイバー・イスラームとは仮想空間、すなわちインターネットなどのサイバースペースにおけるイスラーム共同空間全般のことを指す。かつてはイスラーム世界ではコーヒーショップなどで議論が繰り広げられていたが、現在ではその舞台がネット上にも展開されている。こうした不特定多数の人々が議論を繰り広げられる空間…公共圏がもたらす社会・政治への相互作用を検討するのが本書の目的である。
 インターネットとイスラームと言われれば、まず挙げられるのがいわゆる「アラブの春」と呼ばれる民主化運動であろう。フェイスブックやツイッターといったSNSが大規模デモの動員に寄与し、独裁政権を打倒する大きな原動力となったとする見方である。
 ところが本書の筆者はそのような見解に疑問を呈する。いわゆる「アラブの春」が起こった時点で、該当国のネット・SNS利用状況は当局の統制・規制もあって非常に低い水準となっている。それよりもデモが同心円状に広がっていること(ネットが原因であれば同時多発的に発生する)、ネット・SNS利用状況からアルジャジーラなどの従来のメディアが果たした役割も大きいのである。巷間で語られるネットメディアが「アラブの春」を先導したと断言するには検証が必要である。実は明確な証拠がないのだ。
 いわゆる「アラブの春」以降、各国のネット・SNS利用率は向上傾向にある。成長過程にあるサイバー・イスラームがイスラーム諸国に与える影響はますます大きくなる。本書はそんなイスラームとインターネットに焦点を絞って論じてくれている。全編通して他のイスラーム関連本ではなかなか見られない話題が多い。特にバーチャル・インティファーダやサイバー・ジハードなどを取り上げた第2章は印象的である。多種多様なテーマから掘り下げていく「イスラームを知る」シリーズとして面目躍如の一冊である。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/12 18:46

投稿元:ブクログ

アルカイダを筆頭とする、いわゆるテロ組織は防御の固い掲示板を好んで利用している。
イランはブログ大国。
イスラム世界はサイバースペースにおいて国境線がある。外の世界と内側の閉ざされたネットワーク。

2016/01/17 00:01

投稿元:ブクログ

インターネット黎明期の話から始まって、一体どんな筋で話が進んでいくんだろうと訝しく思ってしまったけれど、著者自身の体験も含めて、イスラム圏のインターネットやSNS事情について語られていき、とても面白かった。2014年刊行の本ですが、まさにこの、おわりに、の部分のその先に昨年来のISの台頭があるんだな、と感じました。
アラブの春の要因として言われているSNSはむしろアラブ諸国ではまだそんなに普及しておらず、外国への移民やディアスポラのコミュニティを経由して大きく海外へ拡散しているのでは、というのも興味深かったです。

2014/08/18 15:55

投稿元:ブクログ

まあなんとも言えない感じ。実際のところ、アラブの春やその他の革命では、ネットは補完的な役割を果たしたに過ぎず、むしろ衛星放送などの影響が大きかった。
しかし、補完的とはいえ、ネットの役割を再考すると SNSを通じてイスラム圏国家の現状を諸外国が簡単に知れるようになった。

コラムは面白かった。 特に男女関係のコラムがおもしろい。

外国の社会・文化 ランキング

外国の社会・文化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む