サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

遊郭狂奔(幻冬舎時代小説文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/03/06
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎時代小説文庫
  • サイズ:16cm/347p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-42168-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

遊郭狂奔 (幻冬舎時代小説文庫 妾屋昼兵衛女帳面)

著者 上田 秀人 (著)

妾屋稼業に安息なし。山城屋昼兵衛と大月新左衛門は、八重を妾にせんとした老舗呉服屋の主をやり込めたことで恨みを買った。その執念は町方を巻き込み、ついには吉原に飛び火。妾屋を...

もっと見る

遊郭狂奔 (幻冬舎時代小説文庫 妾屋昼兵衛女帳面)

702(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

【期間限定価格】妾屋昼兵衛女帳面六 遊郭狂奔

468(税込)

【期間限定価格】妾屋昼兵衛女帳面六 遊郭狂奔

ポイント :4pt / 紙の本より234おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

妾屋稼業に安息なし。山城屋昼兵衛と大月新左衛門は、八重を妾にせんとした老舗呉服屋の主をやり込めたことで恨みを買った。その執念は町方を巻き込み、ついには吉原に飛び火。妾屋を潰して客を奪おうとの欲に駆られた吉原惣名主は、ご免色里の立場を利用して圧力をかける。命を顧みぬ刺客が山城屋に殺到。猛攻をはね返せるか?波乱の第六弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

山城屋昼兵衛と大月新左衛門は、八重を妾にせんとした老舗呉服屋の主をやり込めたことで恨みを買った。その執念は町方を巻き込み、ついには吉原に飛び火し、吉原惣名主が圧力をかけてきた。山城屋は猛攻をはね返せるか?【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

大月新左衛門身辺の変化が待ち遠しい

2014/05/25 21:13

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

上田秀人の妾屋シリーズももう6作目である。江戸時代に妾屋などという商売があったのか否かは分からないが、とくに抵抗感なく受け入れられる。様々な敵と対する妾屋山城屋昼兵衛とその腕の立つ用心棒、大月新左衛門であるが、各々の関係は変わらない。良くもあるし、悪くもある。そろそろ、変化があっても良いのではないか。

 痛快なのは、大商人の嫌がらせを受けたが、直ちに山城屋との関係の深い将軍お気に入りの小姓組頭、すなわち側用人に強訴する点であろう。躊躇はしない。貸し借りの関係、つまり利害関係がはっきりしているので、迷っている必要はないようだ。

 ところが大商人も黙ってはいない。たかが妾屋と侮っている。大商人にも当然後ろ盾はいる。若年寄である。ところが、この若年寄も将軍側用人には身分の上では当然凌いでいるのだが、やはり将軍には勝てない。そこで、大商人は山城屋の商売仇である吉原をけしかけて、営業妨害を試みるのである。

 今回はストーリーが整理されている。大月の刀の冴えを披露する場があまりなかったので、それを期待する向きには物足りなかったかも知れない。同じく、山形将左の出番も少ないが、それでも本編では儲け役かも知れない。

 南町奉行も登場する。吉原と山城屋の戦いでは町方は場合によっては役柄上、介入せざるを得ない。しかし、この奉行も将軍の寵臣である小姓組頭の勢力下にあった。加えて、吉原も一枚岩ではなかった。

 そういう状態で山城屋対吉原の戦いが始まるのである。吉原の風習や忘八と呼ばれる男衆の存在など、上田の他の小説で読んだような気もする内容ではあったが、なかなか興味深い争いに仕上げている。

 対外的なストーリーは毎回変化するのだが、たとえば、大月と同じ藩にいた有能な側室との関係は、小説の中でもたしかに書かれてはいるが、ほとんど進展していない。そろそろそちらも面白くして、読者の期待に応えてもらいたいものである。そうしないと、このシリーズが終わってしまうような気がして仕方がない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/17 23:24

投稿元:ブクログ

妾屋というやわらかい題材だけど
上田先生の手にかかれば、徳川家が抱えている
過去の闇を利用したり、隠そうとしたりする
陰謀の嵐の作品になる・・・面白い

幻冬舎文庫 ランキング

幻冬舎文庫のランキングをご紹介します一覧を見る