サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

警官の貌(双葉文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/03/06
  • 出版社: 双葉社
  • レーベル: 双葉文庫
  • サイズ:15cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-51658-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

警官の貌 (双葉文庫)

著者 今野 敏 (著),誉田 哲也 (著),福田 和代 (著),貫井 徳郎 (著)

警視庁捜査三課のベテラン刑事・萩尾秀一はなぜ真犯人は別にいると思ったのか?浅草署留置係の小西逸男が最後の最後に見た光景とは?警視庁通訳捜査官の城正臣と保安課の上月が切り込...

もっと見る

警官の貌 (双葉文庫)

679(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

警官の貌

551(税込)

警官の貌

ポイント :5pt / 紙の本より128おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

警視庁捜査三課のベテラン刑事・萩尾秀一はなぜ真犯人は別にいると思ったのか?浅草署留置係の小西逸男が最後の最後に見た光景とは?警視庁通訳捜査官の城正臣と保安課の上月が切り込む犯罪の全貌とは?そして、残酷な犯人への怒りを自制する所轄刑事課の吉川圭一。個人の尊厳と社会の秩序のために、世間は何を求めたのか?警察小説の第一線を走る著者による、新鮮な驚きに満ちた珠玉の短編集。待望の文庫化。【「BOOK」データベースの商品解説】

警視庁捜査3課のベテラン刑事・萩尾秀一はなぜ真犯人は別にいると思ったのか? 浅草署留置係の小西逸男が最後の最後に見た光景とは? 今野敏「常習犯」、誉田哲也「三十九番」など4編を収めた警察小説アンソロジー。〔「誇り」(2010年刊)と「痛み」(2012年刊)の改題,再編集〕【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

常習犯 今野敏 著 5−54
三十九番 誉田哲也 著 55−131
シザーズ 福田和代 著 133−236

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価3.4

評価内訳

2014/09/14 00:17

投稿元:ブクログ

(今野敏「常習犯」)
警視庁捜査三課で盗犯一筋のベテラン刑事が見抜く真犯人は?
泥棒のプロ。鍵の開け方で犯人がわかる。その泥棒が殺人事件の容疑者。
殺しはしない。逃げるところを見られた。
黙秘つづける。尋問すると語りだす。忍び込んだら、すでに死んでいた。
犯人は鍵を持っている。親族が犯人だった。

拘置所担当の警察官 誉田/哲也
疾走したヤクザ男の殺害を疑われている
ヤクザにゲイである事がばれ強請られていた 殺害後にバラしてトイレに流した
状況証拠を揃えた刑事も殺す

美人妻に逃げられた刑事 福田 和代 
子供を預けながら中国語通訳
Sを使い偽物バック販売の隠し場所をつきとめる
場所は中国人ハッカーの隠れ家
大事件を解決する元刑事

貫井徳郎 
デザイン会社社長を両面 全ての指切断 舌切断して放置
陪審員制度では犯人は死刑にはならない
いつも怒られていた社員が恨みから殺した
社長の引き出しからデザインを盗み転職の時に利用してばれた

2014/05/06 22:13

投稿元:ブクログ

「常習犯」 今野敏★★
窃盗犯の物語。警察小説としてごくごく普通の話だと思う。
「三十九番」誉田哲也★★★
小さな叙述トリックはイマイチだが、終盤に恐ろしさもあって、なかなか味のある作品。
「シザーズ」福田和代★★
キャラはいいが、展開がお粗末。どんな解決かと期待したら肩すかしをくらった気分。
「見ざる、書かざる、言わざる ハーシュソサエティ」 貫井徳郎★★★
救いのない話だが、ミステリ要素もあって、まあまあ。

2015/09/08 09:38

投稿元:ブクログ

今まで読んだ短編集ともかぶっていたから、最後の2つの話は読んだことがあった。
貫井さんの話、実際あんな状態にされたら、今後どうすればいいんだろうとか考えてしまう…。

2014/08/14 22:29

投稿元:ブクログ

【収録作品】「常習犯」今野敏(警視庁捜査第三課・盗犯捜査第五係 萩尾秀一警部補と武田秋穂もの)/「三十九番」誉田哲也(留置担当官の話)/「シザーズ」福田和代(警視庁通訳センター・城正臣、警視庁保安課・上月千里の話)/「見ざる、書かざる、言わざる」貫井徳郎
 単行本で読んでいたが、題名が変わっていたので気づかず手に取ってしまい、再読。ちょっと悔しい。

2015/01/18 11:00

投稿元:ブクログ

2015/1/18Kindle版読了。

今野敏、誉田哲也、福田和代、貫井徳郎の4人が描いた、4人の警官とその担当した事件の短編集。
誉田哲也が書いているので、読んでみた。

人情あり、グロテスクな事件あり、で、バライティーに富んでいる。
「警官」にも、いろいろな役職や仕事があるのだとわかったし、お得感があり楽しめた。
どれが一番良かったかと問われたら、もともと目当てだった誉田哲也が、やはりぎゅっと濃縮されていて、一番濃い話で好きだった、と答えると思う。
「犯人」は、うわぁっと叫んでしまうほど恐ろしいけれど。

最後の貫井徳郎の話も重いので、読後感はあまり良くないかも。

2014/06/27 11:44

投稿元:ブクログ

・常習犯(今野敏)
捜査三課は窃盗などの捜査をする課、そこのベテラン刑事萩尾がいい味出してました。犯人と刑事の関係性が良い。

・三十九番(誉田哲也)
留置係の小西の周りに漂う不穏な空気。
終わり方がすごくてビックリ!

・シザーズ(福田和代)
福田さんは初めて読みました。読みやすかったです。
通訳捜査官の城と保安課の上月のコンビがいいです。
通訳捜査官という仕事が興味深かった。

・見ざる、書かざる、言わざる ハーシュソサエティ(貫井徳郎)
とにかく事件が残忍すぎて、ちょっときつかったです・・・死刑制度について考えさせられる内容で、内容はよかったし、引き込まれました。

2014/09/08 23:55

投稿元:ブクログ

常習犯
今野敏は安定の面白さ

三十九番
なんか簡単過ぎるな〜と思ってたら、
まさかのゲイ。

シザーズ
なかなか面白い
中国人は本当なんとかして欲しい

見ざる、書かざる、言わざる
面白かった。
なかなか考えさせられる。
それでもやっぱり厳罰化、死刑制度賛成。

2014/05/19 18:43

投稿元:ブクログ

近年、大きなブームが継続中の警察小説の四人の作家によるアンソロジー。
読み比べると、四人の個性が出ていて面白い。特に今野敏氏はベテランらしい安心感と渋さがたまらない。若手筆頭格の誉田哲也氏はギラギラした野心を感じるし、福田和代さんの通訳捜査官という設定がユニークだ。貫井徳郎氏の作品は死刑制度の功罪が描かれ、社会性をテーマにする氏らしい。

2016/03/18 21:13

投稿元:ブクログ

オフ会、献本で頂きました!警察小説のアンソロジー。

福田さんは初読みでした。
今野さん、いいコンビ(誰と?)
誉田さん、コワ面白い。
福田さん、もう少しスピード感があってもよかったかな。
通訳捜査官という立場はとても興味深かった。

貫井さんは強烈でした、
ただただ、強烈。


楽しみました、いい出会いに感謝。

2014/10/12 18:00

投稿元:ブクログ

4編の短篇による、警察小説のアンソロジーです。

まぁ、短篇故に、
人物や動機の深掘り、トリック等は控えめですが、
短ぃ尺に、お話がうまく落とし込まれていました。

1点、特出するならば、
警視庁捜査第三課(盗犯担当)や所轄署の留置係、
警視庁通訳センター・通訳捜査官、などといった、
あまり馴染みのなぃ部署が、舞台となっている点。

ハードボイルドから人情モノまで、
警察小説と言えば、捜査1課(殺人担当)ですが、
人情モノの新機軸となり得る題材だと感じました。
長篇作品で、ガッツリ読んでみたぃな~なんて…。

また、最後の1編は、
死刑制度がより厳罰化された近未来を舞台とした、
異色作ではありましたが…、重くて難しぃ主題が、
短篇の枠に、過不足なくまとめられており、良作!

重厚感はありませんが…、程よぃ短篇集でした…。

2015/10/22 08:24

投稿元:ブクログ

今野作品は安心して楽しめるのだが・・・・・。

後の方々のは、なんかちょっと、後味なんかがイマイチ・・・。
読み慣れてないせいかな。

2014/04/03 19:40

投稿元:ブクログ

競作?
アンソロジー?
……この手の本の良さは、まだ読んだことのない作家を試し読みが出来るという点。
過去、同じような競作本をきっかけに「では、長編も読んでみよっか」と、京極夏彦や柴田よしきを読むようになった・・・。

さて、本書。好きな作家2名と未読作家1名を含む全4編。

【今野便】
さすがの安定感。
安心して読めた。キャラの立った二人の刑事の長編も存在する模様。読むべし。

【誉田哲也】
彼の作品の中では、自分の好み的にはちょっと残念。
まあでも、誉田さん“らしさ”が健在な点は、安心。

【福田和代】
初読み。
面白かった。ぜひぜひ長編も読んでみよう……本書購入の、一番の収穫。
短編のみで終わらせるのが勿体ないキャラ造詣。ぜひ、続編長編も書いてもらいたい。

【貫井徳郎】
2・5冊目。

初読は「慟哭」。可もなく不可もなく……だったかな。いや、わりと楽しめはしたけれど、結末と仕掛けが気に入らなかった記憶が……。

1・5冊目……タイトル失念。読むに耐えなくなり本を閉じた。

本作……。全体的にはちゃんと読めた。しかし……、文体、台詞回し、仕掛け、設定、どれを取っても自分には合わない作家だと再認識。明らかな“いわゆる推理小説” には、どうしても醒めてしまいらしい。

★3つ、7ポイント半。
前半3編だけなら、

2014/06/01 14:13

投稿元:ブクログ

今野敏、誉田哲也、福田和代、貫井徳郎による警察小説アンソロジー。独立した四編の、趣きの異なる作風が楽しめます。
恥ずかしながら、誉田哲也以外の方々は初見で(^_^;)
警察小説の短編は難しいのか?・・・どれも軽く仕上げてる印象は否めません。
警察小説入門編としては良いと思いますが、私的にはチト物足りないですかね・・・

2014/10/15 16:03

投稿元:ブクログ

2014.10.15
買わなくて良かったー
どれも読んだことがある。
誇り、痛みを再編集したものだった。こういうのやめて欲しいー

今野敏 常習犯 三課盗犯

2014/10/04 00:25

投稿元:ブクログ

久しぶりに警察もの♡
しかも作者が豪華でサクサク読めたー。どの人も短編なんてもったいないくらいいお話だった。結構短編集とかって良かった話といまいちだった話ってなるけどこれは4話とも良かった!!しかも4話とも全然趣向が違ってなおいい。
福田さんと貫井さんは読んだことなかったからこれから他のも読んでみよっと。
貫井さんの話は冒頭かなりゾワゾワしたー鳥肌。

双葉文庫 ランキング

双葉文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む