サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. スポーツ
  4. サッカー批評 ISSUE67(2014) 〈マネー・フットボール最前線〉お金がなくても強いチーム、お金があっても弱いチーム。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

サッカー批評 ISSUE67(2014) 〈マネー・フットボール最前線〉お金がなくても強いチーム、お金があっても弱いチーム。(双葉社スーパームック)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/03/11
  • 出版社: 双葉社
  • レーベル: 双葉社スーパームック
  • サイズ:26cm/130p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-45430-7
  • 国内送料無料
ムック

紙の本

サッカー批評 ISSUE67(2014) 〈マネー・フットボール最前線〉お金がなくても強いチーム、お金があっても弱いチーム。 (双葉社スーパームック)

サッカーに関する批評記事が満載。特集は「お金がなくても強いチーム、お金があっても弱いチーム」。お金とサッカーの関係を検証。【「TRC MARC」の商品解説】

サッカー批評 ISSUE67(2014) 〈マネー・フットボール最前線〉お金がなくても強いチーム、お金があっても弱いチーム。 (双葉社スーパームック)

1,242(税込)

ポイント :11pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/03/11 10:17

投稿元:ブクログ

2014/3/12 Amazonより届く。
2017/3/12〜3/29

実に内容の濃い号であった。これまでの縮小傾向にあったJの経営戦略に一石を投じたセレッソの考え方には共感を覚える。ピリオダイゼーション、ハブ論、外国語習得の重要性など各記事も素晴らしかった。

2014/03/17 21:52

投稿元:ブクログ

・『FIFAルール導入から5年 Jリーグに移籍金ビジネスは根付いたか』(小沢一郎)
南米で行われてる権利の切り売りについての言及が面白かった。フォルランにも適用されてるのではとか。
・『アビスパ福岡 再建への道』(海江田哲朗)
1700万円もの特別支援商品での寄付をした「ふくや」や、新社長へのインタビューで改めて現状を把握。
・『お金がなくても愛される 松本山雅FC』(宇都宮徹壱)
山雅サポの一部からは評判があまりよくない加藤善之GMの表に出ない部分をあえてインタビューで引き出したところに宇都宮さんの愛を感じた。
・『チームの勝敗を左右するのは2割のハブ=司令塔』(浅川俊文)
「ネットワーク理論」をサッカーに応用して検証した論文を元に、現代サッカーを読み解こうとした試みが面白かった。
・『吉武博文 U-16日本代表監督 常識を覆すチームの作り方』(小澤一郎)
やはり吉武さんは独自の世界観を持っていてブレない。代表もいいけれど、クラブユースを10年単位で任せた方が面白いのかなとも感じた。
『外国でプレーする日本人選手に言葉はどこまで必要か』(カイ・サワベ)
ヨーロッパで活躍した日本人選手、その選手を見た監督、日本でプレーした日本人選手、日本で指揮を執った外国人監督、代理人など、日本人選手や外国籍選手を見てきた人物からの多角的なインタビューが面白かった。やはり言葉は大事。

2014/04/14 05:08

投稿元:ブクログ

世界と日本のマネー・フットボールの実態。
日本のクラブは主に「お金の使い方がうまい」チームの話。結局クラブの”価値”と”存在意義”をどこに求めるかで、懸けるコストは変わってくるんだと実感。長崎の高木監督の「お金がないから運動量で勝負する」という開き直りもステキ。
そして第二特集の”サッカーの新常識”も秀逸。
「ハブ」の話と吉武監督のインタビューが興味深い。

2014/03/12 21:55

投稿元:ブクログ

しかしマインツやサウザンプトンはタイトルに手が届いていないという事実。とくにマインツは大体毎シーズン中位くらいでシーズンを終えていたはず。予算を考えれば悪くない成績かもしれないが、「強い」って言えるかどうかは大いに疑問。

サッカー・フットサル ランキング

サッカー・フットサルのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む