サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 本・読書・出版・全集
  4. HAB Human And Bookstore no.1 新潟

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

HAB Human And Bookstore no.1 新潟
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料

紙の本

HAB Human And Bookstore no.1 新潟

「新潟」を舞台に、40坪の小さな本屋から、240坪の中規模店、新規開業の本屋、雑誌の作り手、マンガでまちづくりをすすめる新潟市まで、本に関わる多様な人々を、ロングインタビ...

もっと見る

HAB Human And Bookstore no.1 新潟

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「新潟」を舞台に、40坪の小さな本屋から、240坪の中規模店、新規開業の本屋、雑誌の作り手、マンガでまちづくりをすすめる新潟市まで、本に関わる多様な人々を、ロングインタビューで紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

本屋鼎談 佐藤雄一 述 2−61
本屋鼎談延長戦 内沼晋太郎 述 62−69
まちをのこすのに本ができること 小林弘樹 述 70−89

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本屋の逆襲

2016/06/30 14:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アキウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

新潟のユニークな本屋についての本(「HAB」は「Human And Bookstore」の略)。
北書店や英進堂、ツルハシブックスといった個性的な本屋さんの話が読めて面白かったです。
個人的に、内沼晋太郎『本の逆襲』を読んで以降、本屋についてよく考えるようになっています(内沼さんは本書でも鼎談に登場)。
本屋は物質としての本を売るためだけに存在するのではない(文化とか高尚とかそういう話ではなく、そうじゃないと生き残れない)、ということを思いながら読みました。
北書店、行ってみたいな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/13 12:51

投稿元:ブクログ

新潟の本屋をめぐる取り組みについてインタビューを中心にまとめた本。こういう人たちがいるのを見つけてこれることもすごいなぁと思ったり。

松井さんもHABも知らなかったけど、面白く読めました。

2014/09/23 22:52

投稿元:ブクログ

新潟の北書店で購入。まちの本屋さんで働くことに挑戦する方を内沼晋太郎さんをまじえてインタビューや対談形式で紹介する。本を売ることだけが本屋さんの役割じゃないんだな。これからの本屋さんの可能性をおもいっきり感じる!地域や人との繋げる、まさにハブになるんだろうね。

2015/08/05 17:32

投稿元:ブクログ

これからの本屋のあり方を探る。
今までよりも、もっと自由に、もっと人とつながらないと。
もちろん、きちんと本を売る姿勢が大前提。

2014/06/03 05:44

投稿元:ブクログ

今、新潟の本屋業界が熱い。人と本との出会いの場・コミュニケーションを書店を通じて提供したい、そんな志ある新刊書店長・古本屋店長に新潟の街文化を紡ぐレイヤー同士の対話・インタビューを通じて、その人となりを引き出した本。