サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. 原発と教育 原発と放射能をどう教えるのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

原発と教育 原発と放射能をどう教えるのか
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/03/11
  • 出版社: 海象社
  • サイズ:19cm/311p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-907717-40-7
  • 国内送料無料

紙の本

原発と教育 原発と放射能をどう教えるのか

著者 川原 茂雄 (著)

原発と放射能について、子どもたちにどのように教え、伝えていかなければならないのか。「原発と放射能の授業」や「原発出前授業」に取り組む高校教師が、それらの授業を通して考えて...

もっと見る

原発と教育 原発と放射能をどう教えるのか

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

原発と放射能について、子どもたちにどのように教え、伝えていかなければならないのか。「原発と放射能の授業」や「原発出前授業」に取り組む高校教師が、それらの授業を通して考えてきたことを綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/05/03 13:23

投稿元:ブクログ

 福島第一原発事故以後、手弁当で「原発出前授業」を始めた北海道在住の現役高校教員(地歴公民科)である著者の実践と思考の記録。「出前授業」の試み自体もすばらしいが、第2章~第4章で展開される教育現場を標的にした「原子力」プロパガンダ活動にかんする調査と指摘はきわめて貴重。第4章「原子力ムラと学校現場」は、第24回「週刊金曜日ルポルタージュ大賞」選外期待賞となったテクストでもある。

 筆者の議論でとりわけ重要なのは、2001年の省庁再編で文部省・科学技術庁が統合されたことで、「エネルギー教育」の名目で「原子力ムラ」が教育内容に直接コミットできる道が開かれた、ということ。その結果、「脱ゆとり」を掲げた新学習指導要領では、30年ぶりに中学理科で放射線教育が復活、エネルギー環境教育という名目でさまざまな副読本が作成・配付されていた。3・11以後に話題となり、回収された『わくわく原子力ランド』は、そうした文科省の政策(しかも担当部局は初等中等教育局ではなく原子力関係のセクションである)の一環としてあった。

 3・11とポスト福島事故の現在、エネルギー環境教育は「放射線教育」に衣替えをして、隠微なかたちで現場への浸透を図ろうとしている。福島事故をうけて作成された小中高向けのパンフレットそれぞれには、確かにウソは書かれていない。しかし、かといって本当のことも書かれない――。筆者の原発プロパガンダにかかわる指摘は明快で、「核を見せる文法」での拙論の方向性とも合致する。そして、そのような図式の上に発っていれば、永久に核関連広報という教育=洗脳活動を継続していくことができる。
 筆者は、「原発出前授業」の実践の中で、「原発と放射能を教えること」が、言葉の正しい意味での市民教育、シティズンシップ教育につながることに気付いていく。この認識は重要である。2005年、新潟県巻町の住民投票が「原子力ムラ」に危機感を生み出し、プロパガンダに拍車をかけたように、2011年の事故は、核・原発を受忍させられる/受け入れさせられる人々の意識の目覚めと自覚をうながすことになった。自ら学び考える存在を支援し、エンカレッジし、その手助けをするのは、あらゆる教育活動の基本である。そのためには、まずはオトナたち自身が「考え・判断している姿」を見せるべきというシンプルな卓見は、あらためて噛みしめるに足る内実を備えているとわたしは思う。

2014/03/24 09:52

投稿元:ブクログ

原発出前授業かわはらしげお | Facebook
https://www.facebook.com/pages/原発出前授業かわはらしげお/294550787223438

海象社のPR
DE かいぞう 51号
http://www.kaizosha.co.jp/HTML/DEKaizo51.html

原子力 ランキング

原子力のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む