サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 教育・学習参考書
  4. 近代沖縄教育と「沖縄人」意識の行方 沖縄県教育会機関誌『琉球教育』『沖縄教育』の研究

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

近代沖縄教育と「沖縄人」意識の行方 沖縄県教育会機関誌『琉球教育』『沖縄教育』の研究
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:研究者
  • 取扱開始日:2014/03/11
  • 出版社: 溪水社
  • サイズ:22cm/336p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-86327-253-8
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

近代沖縄教育と「沖縄人」意識の行方 沖縄県教育会機関誌『琉球教育』『沖縄教育』の研究

著者 照屋 信治 (著)

沖縄県教育会機関誌『琉球教育』『沖縄教育』を教師たちの「葛藤の舞台」と捉え、時代の推移に留意しつつ、その展開を跡付ける。そして、沖縄の歴史・文化・言語をめぐる葛藤に着目し...

もっと見る

近代沖縄教育と「沖縄人」意識の行方 沖縄県教育会機関誌『琉球教育』『沖縄教育』の研究

4,644(税込)

ポイント :43pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

沖縄県教育会機関誌『琉球教育』『沖縄教育』を教師たちの「葛藤の舞台」と捉え、時代の推移に留意しつつ、その展開を跡付ける。そして、沖縄の歴史・文化・言語をめぐる葛藤に着目し、沖縄教育像や「沖縄人」意識を確認する。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 序章
    • 一.本書の課題
    • 二.研究の対象
    • 三.先行研究の検討と本書の視点
    • 四.本書の構成、限界、用語
  • 第一章 日清戦争後における沖縄教育論の形成
    • 第一節 新田義尊の沖縄教育論とその役割
    • 第二節 新田義尊への対応
    • 第三節 『琉球教育』の構成とその変化
    • 第四節 「彙報」欄に映し出された沖縄社会

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/30 08:56

投稿元:ブクログ

 民族誌→琉球史→教育史ときて、おきなわの教育の行く先を探っている。
まだ読んでいない本がある。なぜならこのタイミングを待っていたからだ。沖縄教育史を読み、これからパウロ・フレイレ「被抑圧者の教育」を読むことの必然性を感じる。

 本書が多くの資料に基づき、沖縄の教育について読み解いていく中、特に目にとまるのは『沖縄方言』について。
 【政治的な動きと関わる教育】
 差別からの脱却としての教育。【同化】。同じ土俵に立ち、発言権を得るための沖縄の教育。

 【生活語としての方言】とくに心に響いた部分を抜粋する。以下~。
~~~~~「心から覚めた子どもたちと拙い言葉でもいい語りたい。真実の叫びで語りたい。私は内実的な誠意のない標準語を強要はしない。生活的真実のひらめきのある方言、いや生活語、どこが悪いといふのだろう。いつはりを堂々といふのが教育ではない筈である。わたくしを犠牲にしておほやけに従属させ、容易におほやけのためにわたくしを投げ出せをいふ事ではない筈です。方言、生活語、力強いひびきをもった言葉ではないか。よそ行き的なお上品な舌ざわりのいい標準語を強制的に需要せしめるのが教育ではない筈です。全人格と全人格の接触、それを方言するなとは子どもを殺す言葉としか思われない。魂のひらめき、第一義的な子どもの言葉、何故聴こうとしないのか。まろらかに転びながらこの児童達の心の声を聴きたいものである。心の声で語りたいものである。(真木滴)~~~~~

 国際教育といわれて久しい。本書の内容は英語教育のそれとも通じるものがある。

 

教育政策・歴史・事情 ランキング

教育政策・歴史・事情のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む