サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. もしものときに迷わない遺品整理の話

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

もしものときに迷わない遺品整理の話(SB新書)
もしものときに迷わない遺品整理の話(SB新書) もしものときに迷わない遺品整理の話(SB新書) もしものときに迷わない遺品整理の話(SB新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/03/18
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • レーベル: SB新書
  • サイズ:18cm/173p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7973-7645-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

もしものときに迷わない遺品整理の話 (SB新書)

著者 内藤 久 (著)

遺品には、故人の生活や人格が表れ、ときには大切なメッセージとなって遺族に引き継がれることもある。遺品で困らないためにしておくべきこと、遺品整理で迷ったときの対処の仕方を、...

もっと見る

もしものときに迷わない遺品整理の話 (SB新書)

788(税込)

もしものときに迷わない遺品整理の話

756 (税込)

もしものときに迷わない遺品整理の話

ポイント :7pt / 紙の本より32おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

遺品には、故人の生活や人格が表れ、ときには大切なメッセージとなって遺族に引き継がれることもある。遺品で困らないためにしておくべきこと、遺品整理で迷ったときの対処の仕方を、具体的なエピソードとともに紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

遺品の中には、遺族が扱いに困るようなものもあれば、
故人のメッセージとなって遺族を安心させるようなものもある。
まさに遺品は、あの世とこの世、故人と遺族をつなぐ架け橋となるのだ。
遺品整理業を営む筆者は、これまで1500件近くの遺品整理現場にかかわり、さまざまな遺品に接してきた。
本書では、実際にあった遺品整理現場のエピソードをもとに、遺品で困らないために何をしておくべきか、
遺品ができたときにどのように対処すべきかを解説していく。

はじめに
第1章 遺品が語る、故人の思いがけない素顔
第2章 資産の遺し方 「お金になる遺品」が出てきたら……
第3章 ひとりで亡くなるという現実
第4章 1500人の遺族と話してわかった「親のための準備」「自分の準備」
おわりに
【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 第1章 遺品が語る、故人の思いがけない素顔
  • 小学校の教師が住んでいた、ゴミに囲まれた部屋
  • 遠い親せきの素顔が見えるとき
  • 「負の遺産」を相続する危険性
  • 孤独死した故人の、姉が背負ったもの
  • 作業中に見知らぬ男が入ってきて
  • 故人の交友関係と、インターネット上の遺品
  • 後見人選びは慎重に

著者紹介

内藤 久

略歴
〈内藤久〉1960年生まれ。東京都出身。パシフィック州立大学短期課程卒業。遺品整理業を営む「遺品整理の埼玉中央」代表。埼玉県終活コンシェルジュ倶楽部代表。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

(^o^)/

2017/01/08 10:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はるにゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

本屋で見て気になってて読んでみました…!(*^^*)
内容は読みごたえでがあって面白かったです!(о´∀`о)
読んでよかったです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/04/11 05:18

投稿元:ブクログ

実例とそれに基づく教訓・アドバイスのバランスが良かった。素直に聞こうという気になるし、説得力を感じた。「現場では完成されたエンディングノートをほとんど見たことがない」というのは、重く受け止めたい。

2014/08/15 11:18

投稿元:ブクログ

「老いの始末」で、無いけど、人間生まれる時は、予定日が、あるけど、最後の死には、予定日が無い。
突然に、お迎えがやって来るかも知れない。
身内が見ても、大丈夫でも、第3者に、片づけを、頼むようになれば、やはり、「立つ鳥、後を濁さず」、ではないけど、ある程度、片付けておかないと行けない。
妻のへそくりは、台所の米櫃、流しの下、冷蔵庫中など、と、言われるが、そんな所、身内は、調べようともしないだろうし、本人は、隠した所を、話そうともしないだろう、
結局は、ゴミの中に、埋もれていまうのかもしれない。
相続も、「負の遺産」の場合もあるし、亡くなった途端に、今まで、会ったことも、話に聞いたことも無い身内が、現れることもある。
葬儀、墓、無用ときたら、亡くなった時に、身内はどうするのだろうか?と、、、、
いくら、エンデイングノートを書いても、実行出来るかどうかは解らないだろう。
必要ないと思っていた若いころ、親の遺品整理をするなんて、、、
誰もが、いつかは、しないといけないが、自分も年を取り、片付けて行かないと、いけない年齢になる時に、親の思い出の品が出てきたりすると、つい、又、自分がしまっておいて、今度は自分が、片付けられなくなってしまうのである。

思い切って、写真など、自分だけしか解らない物は、少しづつ間引きでもしながら、片付けないと、段ボールの箱の中のままの存在である。
なんで、こんな物残していて、、、と、思っている自分も、きっと、残された物は、私が、亡くなった時、同じように思うだろう。
こんな物、置いといてくれるぐらいだったら、もっと、ましな物を、置いといてよ!と、、(笑)

死を目前にして、子供達と、話をするより、元気なうちに、笑い話のように、子供に語っておかないと、行けない問題である。

2016/08/11 21:18

投稿元:ブクログ

著者の内藤さんは、ご自身が父親をなくされたときに遺品整理に携わってその大変さからこの職業を生業にされたとのこと。このようなきっかけで仕事をされる方は、とてもきちんと向き合って仕事をされる方が多いと思う。遺品整理業で困ったことを読むにつれ、何をどう整理しておけば後の人が楽なのかも見えてくるし、死んでもなお、その人の生きざまが残された遺品をとおして垣間見える話。

2016/10/15 20:10

投稿元:ブクログ

遺品整理の前に弁護士に相談。遺言状開けるな。早めにプロ探せ。プロもピンキリ。
遺品整理は早めにやる。空き巣注意。

2014/06/02 03:08

投稿元:ブクログ

■遺品整理のケーススタディ集。
■生前に資産の整理,リストアップをしておくと
 遺族は助かりますよ,と。
■遺品整理なので,遺族側の視点で書かれている。
 本書を読んで,逝く側はすんなりと
 資産の整理,リストアップをする気になるのだろうか。
■遺品整理業の広告という印象も感じた。
■読みやすかった。

2014/05/18 09:19

投稿元:ブクログ

北海道に住んでいる両親のことが気になっています。
最近は、昔のことを覚えていても、電話で話したことをすぐ忘れてしまう。そのことで悩んでました。この本と一緒に「親の家を片づける」本を買いましたが、私にとってはこちらの方がよかったです。実際に体験した方が、優しい口調で、お金のこと、エンディングノート、遺される家族のことまで、私にも身につまされることが多くて情報満載でした。お友達にもお勧めできる本です。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む