サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

牢人たちの戦国時代(平凡社新書)
牢人たちの戦国時代(平凡社新書) 牢人たちの戦国時代(平凡社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/03/14
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社新書
  • サイズ:18cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-85726-9
  • 国内送料無料
新書

紙の本

牢人たちの戦国時代 (平凡社新書)

著者 渡邊 大門 (著)

戦国時代、武将が戦いに敗れると、仕える武士たちは牢人となった。主家を失い、「非正規身分」となった武士たちは、どう生きたのか。勝者の歴史に埋もれた敗者の「その後」を、丹念な...

もっと見る

牢人たちの戦国時代 (平凡社新書)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦国時代、武将が戦いに敗れると、仕える武士たちは牢人となった。主家を失い、「非正規身分」となった武士たちは、どう生きたのか。勝者の歴史に埋もれた敗者の「その後」を、丹念な史料の読み解きから、鮮やかに描きだす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

渡邊 大門

略歴
〈渡邊大門〉1967年神奈川県生まれ。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。歴史学者。著書に「黒田官兵衛」「黒田官兵衛・長政の野望」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/04/21 21:29

投稿元:ブクログ

 長宗我部盛親の楽天的な性格は割と嫌いじゃない。それだけに不遇な末路は涙を誘う。

 戦国時代において武士は階級でもあるが、大名以外はどこかに「仕官」する勤め人でもあった。様々な理由で解雇されることもあるし、主家そのものが消えてなくなる場合もある。そうなれば彼らはたちまち牢人=浪人である。次なる士官先を求めて諸国を放浪し(あるいは今日に居座って大名家へ「就職活動」を行い)、ひとたびことがあれば一攫千金、知行地獲得、主家再興を目指して有象無象がやってくる。
 「真田丸」のクライマックスでもあったが、大阪の陣の際、豊臣方には多くの牢人が終結した。全国の大名の多くは徳川傘下にあり、今更そちらについてもうまみがない、そもそも採用してもらえない、ならば一か八か豊臣につこう、少なくとも一時金は手に入る。
 有名どころである真田信繁、後藤又兵衛、明石全登等々の著名人ついてはある程度わかっていることもあるが、多くの牢人はろくに名前を残すこともなく歴史の闇に消えている。それだけに「新たな発見」があるジャンルでもあるらしい。

 なかなか興味深いテーマであるがその中でも一番興味を覚えたのは先述の通り長宗我部盛親である。父元親、長兄信親に先立たれて迎えた関が原で西軍につき、敗色濃厚と見るや遁走し、戦後は土佐一国を召し上げられ牢人に身を落とす。「一国一城の主」から転落し、それでも再興を目論見てわずかなつてを頼るも、盛親との接触が露見して徳川から睨まれるのを恐れたか、のらりくらりとかわされてしまう。
 それでも「諦めない」というよりは「どうにかなるだろう」的な楽観視は盛親の特徴なのかあるいはこの時代人の傾向なのか。そうこうしているうちに大阪の陣が勃発し、大阪城に駆けつけた盛親には5000人余の軍勢を率いていたという。落ちぶれたといえ、一声かけてこれだけの軍勢が集まるというのだから、腐っても元大名である。


 無名の牢人たちは記録がほとんどなく、詳細はあまりわかっていないという。再仕官を諦め帰農した者も少なくないだろうし、帰農したにも関わらず関が原や大阪の陣で昔取った杵柄とばかりにはせ参じた者もいるだろう。彼らなりに全力で日々を生きていたのである。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む