サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. いちえふ 1 福島第一原子力発電所労働記 (モーニングKC)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

いちえふ 1 福島第一原子力発電所労働記 (モーニングKC)(モーニングKC)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 58件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/23
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: モーニングKC
  • サイズ:19cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-388318-3
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

いちえふ 1 福島第一原子力発電所労働記 (モーニングKC)

著者 竜田 一人 (著)

福島第一原発作業員が描く渾身の原発ルポルタージュ漫画! 「いちえふ(=1F)」とは福島第一原子力発電所の通称。「F」は福島。「1」は第一。現場の作業員や地元住人は「フクイ...

もっと見る

いちえふ 1 福島第一原子力発電所労働記 (モーニングKC)

626(税込)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)

540(税込)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)

ポイント :5pt / 紙の本より86おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「いちえふ 1 福島第一原子力発電所労働記 (モーニングKC)」が含まれるセット商品

いちえふ(モーニングKC) 3巻セット(モーニングKC)

いちえふ(モーニングKC) 3巻セット

  • 竜田一人
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,87917pt
  • 発送可能日:1~3日

商品説明

福島第一原発作業員が描く渾身の原発ルポルタージュ漫画! 

「いちえふ(=1F)」とは福島第一原子力発電所の通称。「F」は福島。「1」は第一。
現場の作業員や地元住人は「フクイチ」ではなく「いちえふ」と呼ぶ──。

新人賞MANGA OPENの大賞受賞作として「モーニング」に掲載されるやいなや読者、国内外のメディアからのすさまじい反響を呼んだ話題作がついに単行本化!
ここに描かれるのは「フクシマの真実」ではなく、作者がその目で見てきた「福島の現実」だ。

「メディアが報じない福島第一原発とそこで働く作業員の日常」、そして「この先何十年かかるともしれない廃炉作業の現実」を、あくまでも作業員の立場から描写。「この職場を福島の大地から消し去るその日まで」働き続ける作業員たちの日々を記録した、いま日本に暮らすすべての人たちに一度は読んでみてもらいたい「労働記」です。【商品解説】

目次

  • 【目次】
  • 第零話 「ご安全に!」
  • 第一話 「収束していません」
  • 第二話 「鼻が痒い」
  • 第三話 「2011年のハローワーク」
  • 第四話 「福島サマータイムブルース 前編」
  • 第五話 「福島サマータイムブルース 後編」
  • 第六話 「はじめての1F」
  • 描き下ろし漫画

著者紹介

竜田 一人

略歴
大学卒業後、職を転々とし、東日本大震災後、福島第一原子力発電所の作業員となる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー58件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

漫画だといっても侮れない

2015/09/11 08:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

東京電力福島第一原子力発電所のことを職員や地元の人は「1F(いちえふ)」と呼ぶ。
 東日本大震災で大惨事となったここで働くということは、並み大抵のことではない。だから、そこで実際に働いていた人がその職場を漫画にしたということで話題になった、漫画本だ。
 描いた竜田一人(仮名らしいが、ペンネームという言い方をしないのもいい)氏は、2011年3月11日の震災のあと、仕事を辞め、ハローワークに通って「いちえふ」での仕事を探したらしい。
 そのあたりのことは、この巻の第三話「2011年のハローワーク」に詳しい。
 ハローワークの相談員は一様に「本気?」と聞き返したという。誰もが危険度の高い職場への就職に躊躇うだろう。それを自ら志願していくのだから、「本気?」と聞き返されても仕方がない。
 竜田氏はその時の理由として「少しでも被災地の役に立てる仕事を」と、主人公に語らせている。加えて、「コレもいいし」と、賃金のことも話しているが、実際にはけっしていいものではないことも、ほかの話の中で描写している。

 漫画では主人公である竜田氏が「いちえふ」の現場にはいるまで一年近くかかったそうだし、爆発で大破した原子炉内の修復作業にその後従事することになるが、まず配属されたのは「いちえふ」構内にあり休憩所の管理員だった。
 そうはいっても防護服着用の作業であることには違いないが、次第にもっと中心へという気持ちが昂じてくる。先輩挌の作業員に「ここがワシらの戦場や」と戒められもするが、より危険なものへと惹きつけられていく姿は、事故後の「いちえふ」という特異な環境だけでなく、どんな環境にあっても男子が望む姿のような気がする。

 作品の中で作者も描いているが、「いちえふ」であったとしても、安全なところにある職場と変わらない普通の日常がある。それを事実を知らないことで、そこがまるで異様な世界だと思い込んでしまうのは危険だ。
 漫画とはいえ、実際そこで体験してきた人が見てきたものは重い。
 第六話「はじめての1F」のラストに流れる、湯原昌幸の「雨のバラード」が切ない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

描写がうまいです

2015/11/13 16:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mika - この投稿者のレビュー一覧を見る

福島の現状を知りたくて読みました。
作業員の方の様子がわかり、勉強になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

理解が深まる

2015/09/27 18:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ほんとにほんと - この投稿者のレビュー一覧を見る

理解を深めるのによい。
職業体験的まんががもっとふえてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

福島はいま

2015/09/22 10:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:uni - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつまでたっても終わりの見えない状況ですね。
現実を把握する意味でも、読んでおきたい1冊です。
はやく2巻読まなければ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ありのままの記録

2014/07/01 22:13

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:竜生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

福島原発問題では、漫画が騒ぎの種になった。その意味からすると、同じ漫画だが、これは爆発した福島原発の整理業務に自ら参加した売れない漫画家のドキュメントである。なるべく正直に書こうとしている姿勢が覗えて、好感が持てる。更に知らない世界を漫画という眼に訴えやすい手法で書いてくれているので、馴染みの薄い世界ではあるが、理解がし易い。単に反対反対ではなく、誰が片付けているのかを知ることも必要ではないか。1Fで働いている人の中には地元の人も多いという。更に第6次くらいまでの下請け業者が入り組んでおり、日常的に搾取が行われている実態も垣間見える。更には年間被爆限度量が定められており、それに到達すると離職しなければならないということの様であるが、それでは何時までもベテランは育たない。今後、どうするのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

マンガとしては・・

2017/03/14 10:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なおK - この投稿者のレビュー一覧を見る

実際はこんな感じなんだなと、わかります
ニュースなどを聞いて思った疑問点も、そうなのか・・と
ただ、マンガとして面白いかと言うと、普通かなと思いました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/04/29 20:44

投稿元:ブクログ

宗教的に原発をどうこう語ることと、中に入って実際に体を動かしたレポは、ジャンルが違うよね。

君は手袋から溢れるほどの汗を掻いたことがあるか!

2015/08/03 12:23

投稿元:ブクログ

タイトルどおり。興味津々の世界をこうやってキレイな線画で細かく描写してもらって追体験でるのがありがたい。とても細かい描写だ。反原発というより、現場を正確に伝えない反原発に不信感がある感じだ。現場の声としてはもっともだ。放射能は当然ながら管理が行き届いている。それよりも重装備での夏の仕事がたいへんだ。戻ってきて手袋を脱いだだけで汗が水となって流れだす。草が氾濫し、田んぼにセイタカアワダチソウが繁茂してるところに福島の現実を見る。
現場の様子はリアルに伝わってくるけど、人間の描写は薄っぺらだ。マンガにありがちな朗らかな笑顔に安っぽいプライドが描かれる。全国のあちこちから来ている人たちの人間描写にキチンと入れるといいのだが。結局は手続き論ばかりで飽いてしまう。

2014/06/02 21:12

投稿元:ブクログ

なんか,こういうことって,もっと知りたいって思いました。
情報操作とか,イメージを故意に作るんじゃなくて,ただ描いて欲しい。

2017/01/02 18:23

投稿元:ブクログ

いちえふの後処理の現場を描いたドキュメンタリー作品。しかし、是とか否とかではなく、淡々と事実を描いた作品で、悲壮感もあまりない。内部で何が行われていたかが、作業員の視点からわかる良作。

2016/01/15 23:05

投稿元:ブクログ

借りたもの。
福島第一原発の収束作業ルポ漫画。
具体的な作業内容ではなく、主に作業環境についての描写。
2012年時の就業に当たっての講習会が一度きりだった事(それでいいの?)。
装備の説明が現状のものは現場に行ってみないと分からないと言われ、著者は疑問を持ったり……
手探り状態での収束作業である事が垣間見れる。
それでもブラック企業の極端な例ばかりでは無いこと、地味な作業でもそれらがあってこそ収束へ向けて作業が進んでいくという自負がある事の言及は大切だと思った。
こうした地道な作業が「アンダーコントロール下」の実態なのだろう……
“完全に安全”な職場ではないが、男性ばかりの職場は“下請けの普通”の職場で、皆したたかに生活していた。

都市伝説レベルの「裏」の噂にツッコミを入れつつ、蝉の鳴き声や野生化した牛が元気に生きている、自然の力に感動する。

2014/06/10 19:12

投稿元:ブクログ

原発作業員志願した人がかいた漫画。
ちょっと前に最初のほうを少しだけ読んだ。

なんというか…「遺伝子組み換え和牛おいしいです」みたいな。
それはそうだろうけど問題はそこじゃないよ!
原発漫画だと思うと「正しい知識」や「その人の考え」を期待してしまうけれど、これは「おしごとたいけんまんが」だった。

こんな装備でこんな手順でみたいな細かい部分は好奇心を刺激される。
経験から語るのは大事なことだし、見たことだけ書くと断りもある。
それにしても本当に自分にわかる範囲だけ書いてある。

ただのお仕事体験ならそれでもいいけれど、福島第一原発をニュートラルに受け止めるなんてありえない。
中立風に描こうとすると、にじみでてしまう考えがゆがみをおこす。
なにがしか思うところはあるはずだから、自分の考えを自覚的に扱ったほうがよかったんじゃないかな。

「わかる」は多分に「感じる」を含むので、これはあくまでこの人に見えていること。
現場の視点は全体の視点ではないし、現場だって立場によって見えるものはかわる。
という前提をしっかり頭にいれておかいないと微妙だなあ。
この位置からの情報は少ないから、そういう意味では価値があるけれど。


内容とは関係ないけど絵の古さや、ハードボイルド映画をみた直後の人みたいな過剰な自意識というかヒーロー願望的なものが鼻についちゃって全部は読めなかった。
題材の力で読む気を誘うけれど、漫画としてはいい質じゃない。

2014/05/17 17:33

投稿元:ブクログ

福島第一原発で働いていた方の体験記(?)を漫画で。
話題になっていた作品ですが、思っていたよりも悲惨に描いているわけではなく、鼻がかゆいとかね、ユーモアを持たして描いているのが特徴かな。
メディアではなかなかでてこない実情なので、続きでどこまで描いてくるのか、非常に楽しみです。

2014/05/11 00:31

投稿元:ブクログ

何はともあれ現場はしっかりときちんと闘っている。
少なくとも現場の待遇はもっとマトモにしないと・・・。

やはり「ベンチがアホやから野球がでけへん」のかなあ~、この国は・・・。

2016/05/01 11:15

投稿元:ブクログ

原発での作業というと命を懸けた悲壮なイメージがあるが、本作はそのイメージをくつがえし、廃炉の現場で働く人々もふつうの職場とそれほど大差ないメンタりティだと。

原発の廃炉作業のディテールが克明に描かれ、このコミックじたい図解入り原発労働マニュアルという一面がある。

まさに取材力の勝利ではあるが、ただしこの原発への潜入取材というのは活字ではあるが『原発ジプシー』というノンフィクションですでに著者の堀江邦夫氏が敢行している。

またルポライターの草分け的存在・鎌田慧が素性を隠してやはり期間工として働いた経験をもとに『自動車絶望工場』というノンフィクションの名作を書いている。先達の取材精神を見習いたいものだ。

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む