サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. しなやかな日本列島のつくりかた 藻谷浩介対話集

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

しなやかな日本列島のつくりかた 藻谷浩介対話集

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/03/18
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:19cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-335371-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

しなやかな日本列島のつくりかた 藻谷浩介対話集

著者 藻谷 浩介 (著)

商店街、限界集落、観光、農業、医療、鉄道、まちづくり…。地元から奇跡が始まっている! 地域振興について研究を行う著者と、日本を再生させる7人の“現智”の対話集。『新潮45...

もっと見る

しなやかな日本列島のつくりかた 藻谷浩介対話集

1,296(税込)

藻谷浩介対話集 しなやかな日本列島のつくりかた

1,037 (税込)

藻谷浩介対話集 しなやかな日本列島のつくりかた

ポイント :9pt / 紙の本より259おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

商店街、限界集落、観光、農業、医療、鉄道、まちづくり…。地元から奇跡が始まっている! 地域振興について研究を行う著者と、日本を再生させる7人の“現智”の対話集。『新潮45』掲載に一部加筆・修正して書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

『里山資本主義』に続く《目からウロコ》本! 農業、医療、商店街、限界集落、観光、鉄道、まちづくり……地元から奇跡が始まっている! 地域再生の現場を知り尽くす著者を驚かせた7つの意外な“現場の智恵”とは?  「ゆるキャラ」「B級グルメ」路線とは正反対の発想法で、地元の誇りを大切にしながら、より永続的にコミュニティーの活力を生み出す「地元の経営学」。【商品解説】

収録作品一覧

「商店街」は起業家精神を取り戻せるか 新雅史 述 13−42
「限界集落」と効率化の罠 山下祐介 述 43−72
「観光地」は脱・B級志向で強くなる 山田桂一郎 述 73−101

著者紹介

藻谷 浩介

略歴
〈藻谷浩介〉1964年山口県生まれ。東京大学法学部卒。株式会社日本総合研究所調査部主席研究員。地域振興について研究、著作、講演を行う。NHK広島取材班との共著「里山資本主義」で新書大賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/01 16:33

投稿元:ブクログ

商店街はなぜ亡びるのか 新雅史
都市とは アントレプレナーシップがはっきできる空間(冒険心、起業家精神)
限界集落の真実 山下祐介
首都圏の十人は原始的な地理的感覚を身体レベルで喪失している
日本的改革の研究 小笠原泰
島根県邑南町 ビレッジプライド
http://www.eco-college.com/
日本の観光地がだめになった 一見さんを効率よく回すことだけを考え、リピーターを増やす努力を長年怠っていた
だめな地域 B級グルメ、単発イベント、ゆるキャラ
北海道松前 本マグロまるごと一本解体プラン ひとり21万 富裕層相手
http://www.matsumae-yano.com/meal/maguro.html
高齢化は率でなく、数でみなくてはならない
店の売上は、郊外でも中心地でも、車をおりて歩く人が増えないと絶対に増えない
ポートランド LRTを導入して成功

2015/09/13 06:40

投稿元:ブクログ

藻谷さんと専門家との対談集。学ではなく実に即しており、面白い。メモ。(1)ヨーロッパの観光統計は全て延べ宿泊数が基本(2)ともかく安い値段で提供するのが商売だと思っている。人口が増えた時代に量で稼いだ記憶が客が減る時代にどうしても抜けない。これが昨今のデフレの真因。
(3)お客様の側から見て求められるのは三つのだけ、今だけ、ここだけ、あなただけと提示されたものだけです。
(4)技能を失い、自然エネルギーを有効に使えない農業生産をいくらしても、社会の利益には逆行する。
(5)新規就農者支援に適する人。動植物の声が聞ける、科学的思考、挨拶が出来る

(6)日本農業は生産量という嵩に拘るのは止めて、農産物の質を高める事に傾注するべき。日本の強みは技能集約型農業。
(7)金銭には換算されない、しかし本当に大事な物を切り落とした実例は少子化。
(8)日本全体が大企業病化している。皆が中間管理職的で新たな提案に対してネガティブチェックだけが得意な人だけが増えている。
(9)これからの街に必要なのは電車、病院、福祉サービス。代表例は大岡山。

2014/04/03 00:38

投稿元:ブクログ

「里山資本主義」が人気の藻谷浩介さんの対談集。日本の地方経済を立て直す取り組みの成功例。このような人たちがいることを頼もしく思う。中でも千葉県のユーカリが丘のまちづくりを行った「山万」という企業には驚いた。話を聞けばごく当たり前のことを言っているように聞こえるが、業界ではまったく誰もやらなかった非常識のオンパレード。それらがいちいち理にかなっていて、お客様の今だけでなく未来の幸せも見据えたものになっていて驚かされる。慧眼というのはこの事であろう。

2014/04/13 11:35

投稿元:ブクログ

「読売新聞」(2014年4月13日付朝刊)で
宇野重規先生が紹介しています。
(2014年4月13日)

2014/07/22 23:42

投稿元:ブクログ

学術目線の地域振興、居酒屋のカウンター目線の地域振興。

藻谷さんの提言は後者からしか生まれて来ないものだ。

2014/07/10 14:38

投稿元:ブクログ

最近流行りの著者の本を一冊とおもい、手に取った。
著者と対談相手のそれぞれの専門分野の課題に対するリアリストな一面が感じられて思った以上に面白かったし、勉強になった。

2017/05/13 11:11

投稿元:ブクログ

<目次>
第1章  「商店街」は起業家精神を取り戻せるか~新雅史
第2章  「限界集落」と効率化の罠~山下祐介
第3章  「観光地」は脱・B級志向で強くなる~山田桂一郎
第4章  「農業」再生の鍵は技能にあり~神門善久
第5章  「医療」は激増する高齢者に対応できるか~村上智彦
第6章  「赤字鉄道」はなぜ廃止してはいけないか~宇都宮浄人
第7章  「ユーカリが丘」の奇跡~嶋田哲夫

<内容>
『デフレの正体』『里山資本主義』を書いた藻谷浩介さんの2013年の対談集(「新潮45」)。7人のその道の泰斗とその専門分野で高度成長を終えた日本の将来について忌憚なく語る。問題点がえぐり出されているが、共通しているのは高度成長期に成功を味わった人々(政治家や地域のドンなど)が、その味が忘れられず、本当に日本の将来(地域の将来)に危機感を感じている若者の足を引っ張る姿(医療に関しては、普通の高齢者そのものが足を引っ張る)。日本人は何も気が付いていないが、最高の社会を築き、動かしてきていて、無理矢理新しい(復古的な)政策や対策を打たなくても、世界最高水準のレベルなのだ。それは本当に先進している。例えば高齢者政策は、医療でも福祉でも保険でもどの国も達していない高齢者社会なのに、平均的には破綻していない(問題点は多々あるにしても)。それを後進国(例えばアメリカ)のマネをしたりして、今後の日本をわざわざ破綻の方向へと導きつつある。政治家や経済界の既得者特権や事なかれ主義の役人たちがそれを助長する。
われわれがすべきは「新しい社会」を築くこと。それが人口減で苦しむであろう若者たちに明るい未来を渡すことだと思うが…。

2015/08/09 17:32

投稿元:ブクログ

20150809 何が幸せなのか。追うものの違いで結果がこんなに変わってくるという事。自分の頭で判断していかないと。結果は自分で責任持つ事になるのだから。

2015/08/02 12:29

投稿元:ブクログ

里山資本主義を読了後、タイトルが気になって手に取ったら同じ著者でした。

メディアが流布していること、政府や野党が声高に叫んでいること、一般的に思い込んでいること等々、イメージの世界と現実の実態との乖離をまざまざと感じさせられました。

第四章の農業に関する対談中に「数字をチェックしないで嘆いている」という発言がありましたが、これはすべての分野で言えることではないかなと思いました。
実態がどうあれ、先行するイメージに囚われて喜んだり嘆いたり、危機感をあおったり。けれど現実は、そこまで楽観視できなかったり、逆に悲観するようなことじゃなかったりと、思い込みの逆である場合が少なくない。

もっと冷静に物事を見て、判断できるようにならなければ。そして、なにより学ぶことと、見ることと、体験することを怠ってはいけないなと痛感しました。

2014/09/16 20:34

投稿元:ブクログ

この本は、できるだけ多くの人に読んで欲しい。
持続可能な日本の作り方が書かれている。特に鉄道の復権を謳った宇都宮氏との対談に感動した。
路面電車や鉄道は赤字でも続ける意味はある。それを声を大にして言いたい。道路、自動車は鉄道の何百倍も費用がかかっている事を、政府・マスコミは知るべきだろう。

2015/04/17 18:30

投稿元:ブクログ

農業、医療、観光、鉄道、起業、街づくりの分野の素晴らしい人材を選び出して、それぞれの本音を引き出している好著だ.どの話も良かったが、特にスイスの小さな街で素晴らしい観光資源を作り出している山田さんの事例が秀逸だ.

2014/04/02 08:45

投稿元:ブクログ

「へーっ,日本にはこんなことをやっている人がいるんだ,こんな価値観もあるんだ」ってことに気づかせてくれる本

2014/07/02 17:21

投稿元:ブクログ

商店街や限界集落、観光といった「地域活性化」とひとくくりにされがちな話題について、それぞれ地域課題に直面している方々と藻谷浩介さんとの鼎談をまとめたもの。

各論においてその活動の正当性や将来予測、そして議論の妥当性について、データに基づいた客観性のある対話を心掛けているのはさすがといったところ。一方で対話形式の限界といえばそれまでだが、否定的な論理や疑問が出てこないために予定調和的に感じられる。

その辺りは各論者の著書を読むなり、活動を深掘りしろという話なのであろう。いずれにしても「地域活性化」というバズワードに関心のある人は、とっかかりとして読むことをおススメする。

2016/02/21 15:02

投稿元:ブクログ

専門の分野とそうでない分野とあって、大変勉強になった。特に農業。最近若者が農業に従事する機会が増えてるが、地元住民と衝突したりなど続かないケースが多いってこと。農業は太陽などの自然エネルギーをいかに効率良く食物にするかが重要な事とか、あんまり知らなかったので、いかに自分が無知であるかをよくよく知らされた。今の日本は閉塞感が漂っていて、まだ始める前からもうダメだと自分達で思い込んで、自滅してしまうケースが多いけど、まだ日本は捨てたもんじゃない、これからが勝負なんだと思って物事に取り組む事が重要らしい。私は医療分野に携わっているので、まずは自分の分野から。

2014/10/30 19:50

投稿元:ブクログ

藻谷さんと日本で様々な分野で活躍している方々との対談集。全体を通してここに登場されている方々は、周りに(特にお金の誘惑や慣習)踊らされず現実をみて行動されているのだな〜。こんなこという人達が居るのか〜!と面白くてどんどん読み進めてしまいました。

地域社会・地域開発 ランキング

地域社会・地域開発のランキングをご紹介します一覧を見る