サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. minimalism 30歳からはじめるミニマル・ライフ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

minimalism 30歳からはじめるミニマル・ライフ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/03/15
  • 出版社: フィルムアート社
  • サイズ:19cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8459-1324-4
  • 国内送料無料

紙の本

minimalism 30歳からはじめるミニマル・ライフ

著者 ジョシュア・フィールズ・ミルバーン (著),ライアン・ニコデマス (著),吉田 俊太郎 (訳)

最小限しか持たずに、最大限に豊かな暮らしをしよう! 「ザ・ミニマリスツ」のユニット名で知られる30歳の男性2人組が、より少ない所有物でもっと有意義な生活を送るためのツール...

もっと見る

minimalism 30歳からはじめるミニマル・ライフ

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

最小限しか持たずに、最大限に豊かな暮らしをしよう! 「ザ・ミニマリスツ」のユニット名で知られる30歳の男性2人組が、より少ない所有物でもっと有意義な生活を送るためのツール「ミニマリズム」について綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジョシュア・フィールズ・ミルバーン

略歴
〈ジョシュア・フィールズ・ミルバーン〉ライアン・ニコデマスと2人でユニット「ザ・ミニマリスツ」を組む。エッセイを発表。
〈ライアン・ニコデマス〉ジョシュア・フィールズ・ミルバーンと2人でユニット「ザ・ミニマリスツ」を組む。エッセイを発表。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.3

評価内訳

2015/09/26 12:01

投稿元:ブクログ

アメリカっぽい内容(笑)文章もミニマルにしてほしい。読むのに疲れた。
これはミニマリスト向けではなく、ミニマリストになろうか迷っている人向けの本でしょうね

2014/06/12 11:31

投稿元:ブクログ

自由主義・消費社会の勝ち組だった二人の若者が、職を辞してミニマリストとして生きて行く決心をする。本当に必要なものはなにか、本当のしあわせはどうしたら感じられるのか。こうした運動の場合、えてして理想の実現を急ぎすぎ、極端な行動に出て問題を起こすことがある。断捨離ブームの後に「捨て疲れ」に陥ってしまうケースもあったように。この二人は決して急がず、少しずつ準備をして理想に近づけば良いよいと説いている。特に新しい考えではないが、そのアプローチの穏やかさが気に入った。「ふたつ以上のことをいっぺんにやらない」「まずひとつの部屋からものを減らす」というように、分かりやすく実現可能なアプローチをひとつずつ実践できれば自然に目標に近づけるような気がする。

2015/04/19 15:28

投稿元:ブクログ

「スマホめっちゃ便利。スマホあれば時計要らないし自宅のネット環境要らないし。でも最終的には時計そのものが要らないしネットも要らない(キッパリ)」
っていう点がやけに印象に残りました。「無理だと思うだろう?やってみなよ!君にもできるはずさ!(爽)」と、イケメン達にこれでもかこれでもかと鼓舞されます(笑)。

さすがに彼らの実践しているミニマリズムを踏襲するのは無理だけど、「週に一度、あるいは月に一度、地域に貢献する活動に参加してみる」とか、「motionでemotionを変える」とか、「恩送り」とか「したほうがいい⇒マスト事項に変える」とか、気づきをもらえた部分は多かったな~。

でも、再三に渡って「僕たち昔は高収入で~」っていうのを繰り返してたのは、何だかすごく、アメリカ人だな~(笑)

2016/03/16 11:10

投稿元:ブクログ

「お前はお前の着ているそのくそったれなブランドなんかじゃない」

映画ファイトクラブの主人公の言葉を借りながら形に

「母は彼女の物に宿っているわけじゃない」

モノとの決別を実践した著者達の軌跡。

会社をやめ、広すぎる家を手離し、4枚クレジットカードをやめ、車のローンをやめ、体重を減らし、やめにやめて得た自由と精神的安定についてビビッドに語る。

モノは収納する場所を作るとそれだけ増える、というのはさもありなん。

2015/07/04 10:35

投稿元:ブクログ

こんなに経済的にも社会的にも大成功をおさめた自分が、あえて質素な生活に戻したんです、素晴らしいでしょ?…という自慢に聞こえる。

そこから学ぶことはない。

2014/08/29 11:32

投稿元:ブクログ

画像などでみる印象とは違って、表紙はやわらかい感じでカバーはハードではない。
ブログを編集したもので、エッセイを抜粋したものになっている。生活のスタイルの特徴を挙げたものであり、片付けのテクニックを紹介したものではない。
シンプルライフ的な精神性をフランクに語っているイメージ。

こういう人もいるんだな、と面白く読んだけれど、ブログをまとめているだけあって内容は薄く、値段としては高く感じる。
とはいえ装丁もきれいだし、デザインも上々。

2014/07/13 21:41

投稿元:ブクログ

ミッションとパッション。
この大事な2つなことのためにまずはTVを観る時間をもっともっと減らそうと思った。

2015/02/02 00:12

投稿元:ブクログ

書いてある内容がざっくりし過ぎていて、少し物足りない感じがした。一番気になったのは、ミニマリストの定義がないので、なんでもありのような気がしてしまった。

2015/04/11 13:40

投稿元:ブクログ

The minimalistsなる断捨離ユニット(アメリカ人)によるエッセイ集。ゴチャゴチャまわりくどい話が多くてすぐに挫折。中崎タツヤのミニマリストぶりを見習ってほしいと思った。

2014/09/02 13:43

投稿元:ブクログ

私にとっては、出会ったことを感謝したい一冊。
片付けられず、モノが多い生活をしており、そのことにストレスをかかえていて、さんざん、掃除、シンプルライフ、だんしゃり、捨てる、整理整頓、などの本や記事を読んでは実践し、そのたびに挫折してきた。

なぜなら、それらの本には、ノウハウと参考になる意見はあっても、共鳴できる思想がなかったから。
私の場合、自分の生活の根幹部分を変化させるには、思想が必要だったのだと思う。

「頑張る」のではなく「行動する」
「した方が良い」ではなく「マスト(せねばならない)」
「何のために?」「幸せな人生と自由を得るために」

そう書いてはいても、著者はそれを強要しない。
幸せな人生といっても人それぞれだと主張している。
今に満足しているなら、(他人から見てどうであろうと)それで良いのだ。

「僕はこうして今ハッピーなんだけど、あなたはどうする?」という感じで、「あとは自分次第」「決めるのは自分でしょ」というスタンスが、私にはちょうど良かった。

ただ、内容には繰り返しが多く(だからこそ深く届いたのかも知れないが)、翻訳者が映画系の方だからか、生活系の言葉をうまく選べていない。ブログからの抜粋ということもあってボリュームがなく、コスパもあまり良くない。
私は図書館で借りたので文句はないが、「購入」だったら、ちょっと納得できないかもなと思い☆一つ減らした。

2014/08/03 05:08

投稿元:ブクログ

生活を最小化し、必要最小限に集中するための技法。

著者のミルバーンは29歳で大企業のエグゼクティブ職を投げ打ち、ミニマリスト生活に入る。

隠者の風あり。

◯ミニマリズムとは、幸せと満足感と自由を見つけだす目的で、人生において本当に大切なものだけにフォーカスするために、不必要な過剰物を取り除くためのツールである。

◯所有物のすべてについて見直すことにした。衣服でも家具でも調理用具でも、あらゆる所有物を見るたびに、「本当にこれが必要だろうか?」という質問を自分に投げかけるようになっていった。

◯ここで少しだけ経済的な問題についてヒントを挙げておこう。不必要な月々の支払いを一切やめると生活はずっと楽になる。ケーブルテレビもインターネットも月600ドルの車のローンも必要なものではない。自由か過剰な月々の支払いか、どちらかを選ぶのはあなただ。

2014/12/28 01:33

投稿元:ブクログ

エッセンシャル思考を読んだあとに手にした本。ちょうど30歳っていう年齢もぴったりだったし、欲が減らない僕にはちょうどよかったです。やっぱり捨てることは大切ですね。

2016/02/08 13:00

投稿元:ブクログ

「減速して自由に生きる」など、ミニマムライフ的本を他にも読んでいるからだろうか、その走りのような本なのだろうが、少し物足りなく、内容は「そう思うよ」か「外国人の発想かイマイチピンと来ないな」と言う感想。

【抜粋】
人生を変えるために次の3つをやった
1.生活を変える決意をした
2.変化を「したほうが良いこと」ではなく「しなければならないこと」つまりマスト事項にした
3.行動した

2014/06/23 21:46

投稿元:ブクログ

ジェラシーは無駄な感情
ジェラシーのスイッチをきる、他人がどう思ってその行動をとったかなんてわからない、


いっぱいいっぱいの取り扱い方

目の前のことに集中し楽しめているか

やると決めたこと、運動などは
マスト事項。
説明責任をとる相手をつくり、必ずやる。
※モーションがエモーションを呼ぶので、まず一歩


人は貢献したい、
そのために成長すべき


頑張る、のではなく、ただ行動する

2014/07/20 08:55

投稿元:ブクログ

本のデザインに惹かれて購入。
表題からしてデザインのシンプルさは頷けます。

内容について言うと、どうすれば「ミニマリスト」になれるか、という手段よりも、なぜ「ミニマリスト」になるのか、なろうとするのか、という理由・目的の方に、文章の主眼が置かれているように思えました。

「ミッション」「パッション」「貢献」「成長」...やや気恥ずかしくも思える単語がたくさん出てきますが、はたと自分にとってのそれらとは...と思うと、一言で答えが出てこなかったのも事実。考えさせられます。

全体的に悪くなかったです。ちょっとお高いケドね。

人生訓 ランキング

人生訓のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む