サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 定理が生まれる 天才数学者の思索と生活

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

定理が生まれる 天才数学者の思索と生活
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/24
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:20cm/308p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-209452-0
  • 国内送料無料

紙の本

定理が生まれる 天才数学者の思索と生活

著者 セドリック・ヴィラーニ (著),池田 思朗 (訳),松永 りえ (訳)

フランスを代表する数学の伝道師セドリック・ヴィラーニのユニークな告白。数学界最高の栄誉であるフィールズ賞を彼にもたらした新定理の論文が国際誌にアクセプトされるまでの経緯を...

もっと見る

定理が生まれる 天才数学者の思索と生活

2,808(税込)

ポイント :26pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

フランスを代表する数学の伝道師セドリック・ヴィラーニのユニークな告白。数学界最高の栄誉であるフィールズ賞を彼にもたらした新定理の論文が国際誌にアクセプトされるまでの経緯を、率直な「数学者の言葉」で表現する。【「TRC MARC」の商品解説】

数学のノーベル賞「フィールズ賞」を二〇一〇年に受賞した著者が、受賞に繋がった定理を発想し、精査し、諦めかけては難局を乗り越え証明に至る一部始終を自らの筆で明かし解説する仏ベストセラー【商品解説】

著者紹介

セドリック・ヴィラーニ

略歴
〈セドリック・ヴィラーニ〉1973年生まれ。リヨン第1大学数学教授およびポアンカレ研究所所長。2010年に「非線形ランダウ減衰とボルツマン方程式の平衡状態への収束に関する証明」によりフィールズ賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/23 22:51

投稿元:ブクログ

 小角度衝突がさかんに起きているとしよう。方程式は分数階拡散方程式のような形になる。非局所性を考慮に入れてモーザーのスキームを使い非線形関数に変えパワーを急激に上げる。重要なのは正値性だ。トーラスの応答に沿う形で解を分解し変数を変えてヤコビ行列式にすれば収束は平均値で得られる。それをランダウ減衰に使えるかどうか検討してはいかがですか。

2016/06/03 22:26

投稿元:ブクログ

読了。23冊目。
数学界のノーベル賞と言われるフィールズ賞を受賞した筆者が、受賞に至る定理を構築する過程を日記形式で綴った本です。数学者の悦びと苦悩の日々がリアルに描かれています。原著はフランス語ですが、数学の最先端である専門用語が多く登場し、よくこれを日本語に翻訳できたなあと驚きます。知的興奮を覚える一冊です。

2014/10/28 20:18

投稿元:ブクログ

以外と数式多い。こんなに数式が多くて、よく売れたな。証明が後追いなのはちょっと以外。よくあることなのか。数学者の日常が見れて面白い。もっと若い頃の話しとか読んでみたい。

2014/08/25 16:37

投稿元:ブクログ

斜め読み。内容については理解できないので飛ばして読む。大雑把に数学の世界を理解でき、どんな人がどんな分野で活躍しているのか、数学の研究の世界を知ることにはとても役に立つ本。研究者がどんな生活をしていて、研究をどのように進めているのか、未知の世界を知ることができ、とても面白かった。(数学がわかって読めばもっと面白いとおもうのだけれど…。)
p.s. この本を読んだ後、たまたま音声学の講義を聴講し、講義の中でフーリエ解析が登場した。この本が言う通り、「ジョゼフ・フーリエがこの世に与えた影響のほうが、ユーゴー自身の影響よりはるかに大きい...フーリエの「偉大で誌的な数学」は、世界各国で教えられ、毎日数十億もの人が意識すらせずにその法則を利用しているのだ。」

数学読みもの ランキング

数学読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む