サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

直木賞受賞エッセイ集成
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/10
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/410p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390045-2
  • 国内送料無料

紙の本

直木賞受賞エッセイ集成

著者 文藝春秋 (編)

二十一世紀直木賞の歩みを示す一冊。受賞直後「オール讀物」に掲載されたロングエッセイ・インタビューを収録。【「BOOK」データベースの商品解説】涙あり、笑いあり、しみじみと...

もっと見る

直木賞受賞エッセイ集成

2,160(税込)

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

二十一世紀直木賞の歩みを示す一冊。受賞直後「オール讀物」に掲載されたロングエッセイ・インタビューを収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

涙あり、笑いあり、しみじみと沁みてくるものあり。21世紀に誕生した直木賞作家たちが、幼少期の思い出、読書体験、創作にかける情熱などを明かした受賞エッセイ、およびインタビューを収録。『オール讀物』掲載を加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

来たる平成二十六年一月の選考で第150回を迎える直木賞。二十一世紀初の受賞者は、第124回の重松清、山本文緒の両氏でした。本書は、この回から第150回までの三十四名の人気作家と新受賞者の受賞エッセイをまとめた一冊。『オール讀物』の直木賞掲載号のエッセイもしくはロングインタビューに加えて、奥田英朗氏のみ書きおろし随筆が入ります。それぞれのエッセイが多くの作家のキャリアの結節点を記している面白さはもとより、エンターテイメント小説界のひとつの大きな潮流をつぶさに感じとれる内容になっています。【商品解説】

収録作品一覧

愛憎のイナズマ 山本文緒 著 11−21
「早稲田文学」のこと 重松清 著 22−33
母親の顔 藤田宜永 著 34−44

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/18 15:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/19 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/15 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/06 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/30 01:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/06 13:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/10 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/26 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/01 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/12 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/10 08:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/16 13:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/02 17:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/26 20:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/09 18:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む