サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ソナチネ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/09
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390046-9
  • 国内送料無料

紙の本

ソナチネ

著者 小池 真理子 (著)

生きて、愛して、死ぬ、ということ。その途方もない歓喜と悦楽。あなたの心をかき乱す、七つの物語。【「BOOK」データベースの商品解説】若きピアノ講師とある男の、一瞬の、限り...

もっと見る

ソナチネ

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

生きて、愛して、死ぬ、ということ。その途方もない歓喜と悦楽。あなたの心をかき乱す、七つの物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

若きピアノ講師とある男の、一瞬の、限りなく濃密な交錯を描いた表題作をはじめ、中年主婦のある目覚めを活写した「千年萬年」など、全7編を収録。人間存在のエロス、生と死の根幹に迫る短篇集。『オール讀物』掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

『沈黙のひと』で吉川英治文学賞を受賞し、作家としていよいよ充実の時を迎えた小池真理子さんの最新の短編集『ソナチネ』。収録された七編を貫くテーマは、「官能」と「生死」。人間が常に向き合い続けてきた普遍的なテーマです。若きピアノ講師とある男の、一瞬の、それでも限りなく濃密な交錯を描いた表題作をはじめ、亡き夫が遺した謎の鍵をめぐる「鍵」や、中年主婦のある目覚めを活写した「千年萬年」など、どれ一つとっても心揺さぶられる傑作揃いです。【商品解説】

収録作品一覧

5−40
木陰の家 41−67
終の伴侶 69−102

著者紹介

小池 真理子

略歴
〈小池真理子〉1952年東京生まれ。成蹊大学文学部卒業。「恋」で直木賞、「無花果の森」で文化庁芸術選奨文部科学大臣賞、「沈黙のひと」で吉川英治文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

女性の心理描写

2015/11/25 06:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

男にとっては難しいのだが、女性の深層を描くと実に巧みで、上手い人だと思う。本書は、官能、生死などをテーマにした7編だが、エロもプラトニックも盛り込まれ、より女性を深く描写するようになった気がする。まだ進化する作家、と評するのは少々、生意気だが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/21 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/26 10:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/04 17:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/14 11:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/14 09:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/11 07:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/13 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/06 13:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/28 20:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/25 16:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/08 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/24 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/21 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/01 02:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る