サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

繪本歌の旅 新装版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/29
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:18×18cm/111p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-218909-5
  • 国内送料無料
アート本

紙の本

繪本歌の旅 新装版

著者 安野 光雅 (著)

子どものころうたった歌は、そのころの空気といっしょに密封されている。「早春賦」「我は海の子」「家路」「箱根八里」「ふるさと」…。安野光雅が、心に残る歌の風景と思い出を描き...

もっと見る

繪本歌の旅 新装版

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

子どものころうたった歌は、そのころの空気といっしょに密封されている。「早春賦」「我は海の子」「家路」「箱根八里」「ふるさと」…。安野光雅が、心に残る歌の風景と思い出を描き綴る。歌詞も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

安野光雅の“心の歌”42曲をめぐる風景と心の旅を綴るエッセイ。日本の唱歌の世界が心に沁みる美しい一冊!【商品解説】

著者紹介

安野 光雅

略歴
〈安野光雅〉1926年島根県生まれ。山口師範学校研究科修了。画家・絵本作家。国際アンデルセン賞、紫綬褒章などを受ける。文化功労者。著書に「御所の花」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

谷内六郎とは違う世界

2016/05/02 21:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

安野光雅も自己のスタイルを確立した画家であることに異論はなかろう。津和野の風物にはどれもなつかしさがある。また、私の母の故郷である有田川流域のみかん畑の風景には涙がうかぶ。谷内六郎が千葉~神奈川の風景を多く残したのに対して、安野光雅は全国、また世界を舞台に描き込んでいる。どちらがよいわるいではなく、どちらがより自分の感性を投影しているのか、を大切に感じたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/01 19:07

投稿元:ブクログ

デパートで開催されてる安野光雅展で買う。
知らない歌もあるし知ってるけど「へぇ~こんな詩だったんだ」と驚く歌もある。
子供って意味関係なく覚えてるんだよねww

安野さんの絵はやっぱり素敵

2014/11/26 11:29

投稿元:ブクログ

図書館で、安野光雅(あんのみつまさ)氏の本が、沢山、新刊の棚横にあった。
先ず、手にした本が、「10人のゆかいなひっこし」だった。
とても、上手に書けていて、数を覚える子が居たら、こんな絵本が最適であり、ブルーナーのうさこちゃんの様な感じで、ひっこしの荷物などの移動なども面白く、描かれており、楽しい絵本で、子供と話ながら読める本だと思った。
次の日には、「壺の中」という絵本を手に取って読んでみた。
これも、凄い!
絵も繊細に書かれており、楽しくなった。
数を、教えて行くには、このような絵本があれば、楽しく覚えられるだろうし、絵が、とても綺麗で、目に浮かぶようであった。

この「歌の旅」は、知らない歌もあるけれど、知っていても、意味を知らなかったりしてた事に、気づかされる1冊である。
あとがきに 「歌の缶詰を開けて」が、書かれているが、先日85歳の方と、話をしていたら、毎日歌を歌うのだけど、ひ孫に、軍歌を歌ったら、笑われた、、、と聞いたが、やはり、この作者もこの時代の方なのに、絵を見ていると、そんな年の方とは、思われない。
なんか、ゆったりと、時の流れを感じさせる本である。
「旅の絵本」シリ―ズも、読んで、(見て)みたいと思った。
大人の絵本と言っていい本である。
津和野生まれで、津和野の事を作詞をされて、後にウィーン合唱団も歌ったと言う「津和野の風」を聞きたいと思った。

2014/03/24 07:58

投稿元:ブクログ

唱歌って、今の子ども達も習うのかな?

講談社のPR
「安野光雅の“心の歌”42曲をめぐる風景と心の旅を綴るエッセイ。日本の唱歌の世界が心に沁みる美しい一冊!」
(旧版)
http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=213165X

2017/01/11 20:36

投稿元:ブクログ

◆きっかけ
1歳の娘に歌を歌うとき、歌詞があいまいなものも多く、本を見ながら読みたいと、唱歌の本を探していた時に見つけて。エッセイ本ということで興味を持った。2017/1/11