サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

てんぐ、はなをかむ。
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 取扱開始日:2014/04/10
  • 出版社: 国土社
  • サイズ:26cm/32p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-337-01654-5
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

てんぐ、はなをかむ。

著者 平田 昌広 (作),平田 景 (絵)

「てんぐ、はなをかむ」の「かむ」はどんなかむ?「てんぐ、はなをかむ」の「はな」はどんなはな?ことばあそび絵本。【「BOOK」データベースの商品解説】「てんぐ、はなをかむ」...

もっと見る

てんぐ、はなをかむ。

1,404(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「てんぐ、はなをかむ」の「かむ」はどんなかむ?「てんぐ、はなをかむ」の「はな」はどんなはな?ことばあそび絵本。【「BOOK」データベースの商品解説】

「てんぐ、はなをかむ」の「かむ」は、どんなかむ? 「てんぐ、はなをかむ」の「はな」は、どんなはな? 同じ読み方でも意味が違う「同音語」がテーマの、ことば遊びの絵本。見返しに「さがしてみよう」を掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

平田 昌広

略歴
〈平田昌広〉1969年神奈川県生まれ。絵本画家の平田景と夫婦絵本作家として作品多数。写真絵本も手がける。絵本に「おかん」等。
〈平田景〉1970年北海道生まれ。作家の平田昌広と夫婦絵本作家として作品多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

てんぐ

2017/02/17 07:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タタ - この投稿者のレビュー一覧を見る

てんぐが鼻をかむというだけのおはなしなのですが、その中にユーモアと、かわいらしさがあって読みやすい絵本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「鼻」?「花」?

2017/03/07 20:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

同じ文章なのに、見ている絵によって捉え方が全然違って来る不思議さを体験できる絵本。
「はな」は「花」なのか「鼻」なのか。同音異義語ってやつですね。
他にも同じ読みなのに違う物があるか、みんなんで考えると良いと思います。
だから漢字が必要なんだ、って所まで持って行きたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

思ってたのと違う…

2017/03/08 01:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルにすごく魅かれて読んでみることにしたのですが、
内容は思ってたのと全然違いました。
天狗が主人公の愉快痛快なお話しだと思ってたら、
「かむ」には二種類の意味があるよという同音異義語を楽しむ絵本です。
天狗が登場するのは2、3ページで、あまり本筋と関係ありません。
ちょっと強引な感じのする文章も多かったですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

同音異義語をフルに使ったユーモア絵本

2017/03/10 16:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

天狗が鼻をかんでいるユーモアな表紙。この表紙だけ見れば「かむ」の意味はひとつしかないが、ページを開いて現れる補足のページでは2羽の天狗が鼻をかみ合っている。こういう風にちがう意味の存在する言葉があるのだということを説明しておいて、次のページからはどんなものが考えられるのか、読み手に問いかける絵本。
同音異義語といっても、状況的にありえない、絵本ならではの設定ばかりで、相当頭を柔軟にしないと思いつかない。最初の「大根をかう」からして、「買う」の次のページで描かれるのは大根を「飼う」(犬のように!)絵。
突拍子もない設定が次々繰り出されるのをおおらかに楽しみたい。ユーモアあふれるタッチの絵がよく合っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ことばの絵本 ランキング

ことばの絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む