サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

大草原のノネコ母さん
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 取扱開始日:2014/04/08
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:26cm/39p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-8340-8081-0
  • 国内送料無料

紙の本

大草原のノネコ母さん (たくさんのふしぎ傑作集)

著者 伊澤 雅子 (文),平出 衛 (絵)

ノラネコの研究者がオーストラリアへ行き、大草原で狩りをして生きているノネコたちに会ってきた。すむ場所にあわせて暮らしを変えていくネコたちの姿を伝える。小学生向き月刊誌『た...

もっと見る

大草原のノネコ母さん (たくさんのふしぎ傑作集)

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「大草原のノネコ母さん」が含まれるセット商品

たくさんのふしぎBOX 2014 8巻セット

たくさんのふしぎBOX 2014 8巻セット

  • 税込価格:11,232104pt
  • 発送可能日:1~3日

商品説明

ノラネコの研究者がオーストラリアへ行き、大草原で狩りをして生きているノネコたちに会ってきた。すむ場所にあわせて暮らしを変えていくネコたちの姿を伝える。小学生向き月刊誌『たくさんのふしぎ』から生まれた本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

伊澤 雅子

略歴
〈伊澤雅子〉1954年福岡県生まれ。九州大学理学部生物学科卒業。琉球大学理学部教授。専門は哺乳類生態学、特にネコ科動物の生態を研究している。著書に「イリオモテヤマネコ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/29 23:38

投稿元:ブクログ

オーストラリアの自然保護区で暮らすノネコ(のら猫)の母子の観察を元にした絵本。

文を書かれた伊澤さんは琉球大学でネコ科動物(イリオモテヤマネコ、ツシマヤマネコ)の研究をされている方だそうです。

ブログはこちら。
http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4718123.html

2014/04/12 00:05

投稿元:ブクログ

おお、『ノラネコの研究』コンビ! ということで即決。
オーストラリアの自然保護地区に暮らすノネコたちの様子を長期にわたって観察したレポート。
他の動物たちとの共存や敵対の様子、子育ての様子などを詳しく観察している。
長期戦のフィールドワークのあいだの研究者の気分などもおもしろく感じとれる。

2014/05/09 22:13

投稿元:ブクログ

「ノラネコの研究」を書いた伊澤雅子、平出衛コンビの新刊

福音館書店のPR
http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?goods_id=23269

2015/08/08 16:34

投稿元:ブクログ

『ノラネコの研究』がとても良かったので期待して読んだ。
この著者は語り口が柔らかで(勿論読者層を考えてのことだろうけど)、かつ分かりやすく、猫への深い愛情が感じられる。
この本は、更に海外へも研究対象を広げ、イエネコでありながら野生化して、草原で狩をして暮らす猫の生活を観察している。
『ノラネコの研究』は素人でも頑張ればできるかも、というレベルだったが、こちらは発信器を付けての観察なので、研究者でないと無理なのがちょっと残念。
しかし野生化しても環境に合わせて生き抜く猫の逞しさに感心した。
猫好きとしては、猫が自由に暮らせて幸せなら嬉しいけれども、この本の観察段階では野生動物としてはあまりに死亡率が低すぎて、猫が増えすぎてしまうんじゃないかと心配になった。もともと外来動物なんだから、いくら兎も増えすぎだとは言っても、生態系のバランスが崩れてしまう。
そんなことを考えていたら、オーストラリアで猫を殺処分するというニュースを聞き、ああやっぱり…と。
もとは人間が悪いのに、動物を殺すことになるというのは耐え難い。
この本の猫の子孫は生き延びることができただろうか。

理科・自然科学 ランキング

理科・自然科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む