サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

死の都の風景 記憶と心象の省察
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/25
  • 出版社: 白水社
  • サイズ:20cm/184,9p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-560-08352-9
  • 国内送料無料

紙の本

死の都の風景 記憶と心象の省察

著者 オトー・ドフ・クルカ (著),壁谷 さくら (訳)

アウシュヴィッツでの子供時代。収容所の記憶、母親の消息、奇怪な夢、神の存在など、「説明のつかない廃墟の風景」(カフカ)を、テープ録音起こしと日記で綴る。ユダヤ現代史家によ...

もっと見る

死の都の風景 記憶と心象の省察

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アウシュヴィッツでの子供時代。収容所の記憶、母親の消息、奇怪な夢、神の存在など、「説明のつかない廃墟の風景」(カフカ)を、テープ録音起こしと日記で綴る。ユダヤ現代史家による異色の省察。図版多数収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

アウシュヴィッツが私の子供時代だった−。収容所の記憶、母親の消息、奇怪な夢、神の存在など、「説明のつかない廃墟の風景」を、テープ録音起こしと日記で綴る。ユダヤ現代史家による異色の省察。図版も多数収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

オトー・ドフ・クルカ

略歴
〈オトー・ドフ・クルカ〉1933年チェコ生まれ。ヘブライ大学の名誉教授。歴史学者。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/25 20:34

投稿元:ブクログ

<アウシュヴィッツの空の青さ。>

アウシュヴィッツを語りながら、不思議なほど静かな本である。

著者はユダヤ現代史・ナチズム研究を専門とする歴史学者で、ヘブライ大学の名誉教授である。
幼少時にアウシュヴィッツ・ビルケナウに収容された経験を持ちながら、本書が出るまではそれに関してほとんど語らず、同僚でも知るものは少なかったという。
心に秘めてきた思いを50代になってからテープに向かって語り始めたものが本書の元になっている。中年から初老に向かう男性が11歳の頃を思い起こす省察である。個人的な色を帯びつつも、普遍的な真理へのまなざしは、深い洞察を孕む。
淡々とした語りに、著者が撮ったかまたは他の出典から引いたモノクロ写真が添えられている。

著者はチェコの小さな街に生まれた。ナチス台頭に伴い、テレージェンスタットの収容所に入れられ、後にアウシュヴィッツに設けられた「家族収容区」と呼ばれるいささか特殊な性質の収容所で過ごす。戦況が進み、ソ連軍の進攻が迫る中、ナチスが強制的に収容者を移動させた「死の行進」も経験している。
「家族収容区」は、ある種、カモフラージュのために作られた施設で、赤十字の視察をかわす偽りの「人道的」収容所だった。そこでは家族は離ればなれにならず、髪を剃られることもなく、「選別」されてガス室に送られることもなく、子どもには教育も行われていた。
但し、それはもちろん目くらましのための一時的な措置であり、半年後には逆に「選別」なしの最終手段が取られて新しい家族が入れられたし、赤十字が「納得」して去った後には、必要がなくなった「家族収容区」は撤収されることになった。

この地で過ごした際の11歳という年齢ゆえだろうか。
それともそれまで十分に満たされることがなかった「学びたい」意欲がここで曲がりなりにも叶えられたからだろうか。
著者はこの地に対し、郷愁すら覚えている。
思い起こすのは、アウシュヴィッツで見た非の打ち所がない「青空」。
重ねるのは、エルサレムの「慈悲の門」。

そう、アウシュヴィッツは少年にとって、ある種の「聖地」だったのだ。
その地が絶望的な「死の掟」に支配されていたにもかかわらず。
そこから立ち去るには、煙として立ち上るしか術がないと言われたにもかかわらず。
そこで見た完璧なまでの真夏の空は、何十年を経ても、少年の心から去ることはなかった。
絶望的な悲劇の中に、それでもなお「ある」美。
それに気づく以上の力が、ほかにあるだろうか。

もちろん、少年にこの地が傷を残さなかったわけではない。
長じて成人してもなお、見続ける悪夢がある。
心を去らぬ1つの問いもある。「そのとき、神はどこにいたのですか」。それに対するラビの答えは「その質問は永遠に禁じられている」である。
そこから広がるカフカへのシンパシー、そしてヨブ記に関する考察。
著者は、丁寧に冷静に思考を重ねていくのだ。たとえ、答えの出ない問いであっても。

著者はショアーに関する文学や芸術作品への接触を極力避けてきている。��うしたものに触れた際には、「疎外感」を感じてきたという。
この作品に漂う空気からは、それが無理からぬことに思える。

絶望の地でもなお、「美」を感じ、見出すこと。
暗黒を抱えながらも虚無に呑まれないこと。
丁寧に、一歩一歩、出来うる仕事を成し遂げていくこと。
それこそが、底知れぬ「悪」に対してあらがう、静かな、しかし確かな「武器」なのかもしれない。

遠い「死の都の風景」を思う。

2014/08/20 21:06

投稿元:ブクログ

自身のアウシュビッツ体験を、長い沈黙の後言葉にした、哲学的な深みのある思いを綴った物。神はその時何処にいたのか?

2014/08/28 07:21

投稿元:ブクログ

少年の日にアウシュビッツで見たまばゆいばかりの夏空とその青さー 著者の語るアウシュビッツは、幾多の書物で語られてきた悲劇や暴力、苦痛は背景にしりぞいているかに見える。とはいえ、静かで淡々とした回想と思索は個人的なものであるがゆえに読む者の心を揺さぶる。ああ、それにしてもアウシュビッツで子供時代を送るとはどんなことなのだろうか。想像するに余りある。

2014/03/11 07:41

投稿元:ブクログ

どんな図版が掲載されるんだろう?

白水社のPR
「イアン・カーショー推薦! 図版多数収録
「アウシュヴィッツが私の子供時代だった」。収容所の記憶、母親の消息、奇怪な夢、神の存在など、「説明のつかない廃墟」を録音起こしと日記で綴る。ユダヤ史家による異色の省察。」