サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

12月の向日葵

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/30
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/445p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-306772-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

12月の向日葵

著者 永瀬 隼介 (著)

暴力団・東鬼会の構成員と、警視庁・浅草警察署の巡査。高校柔道部の同期生・香坂一と弓削慎二は卒業後、対極の道に進んだ。互いの仕事と一人の女性をめぐり危うく交錯しながらも、絆...

もっと見る

12月の向日葵

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

12月の向日葵

1,555(税込)

12月の向日葵

ポイント :14pt / 紙の本より389おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

暴力団・東鬼会の構成員と、警視庁・浅草警察署の巡査。高校柔道部の同期生・香坂一と弓削慎二は卒業後、対極の道に進んだ。互いの仕事と一人の女性をめぐり危うく交錯しながらも、絆を保ち続ける二人。だが、それぞれの世界で伸し上がる果てに、決定的な局面が…警察小説、ノワール、青春小説の醍醐味満載の大熱作!【「BOOK」データベースの商品解説】

警察と極道。高校柔道部の同期生だった香坂と弓削は卒業後、対極の道に進んだ。仕事や女性をめぐり危うく交錯しながらも、絆を保ち続ける2人。だが、決定的な局面が…。『yomyom pocket』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

運命が、親友二人を分けていく。警察小説、ノワール、青春小説の醍醐味満載の熱作! 警察と極道。高校柔道部の同期生・慎二と一は卒業後、対極の道に進んだ。互いの仕事と一人の女性をめぐり危うく交錯しながらも、絆を保ち続ける二人。だが、それぞれの世界で伸し上がっていく果てに、決定的な局面が待っていた……バブル期から暴対法施行までのアングラ社会を背景に、友情と愛憎渦巻く物語が疾走する圧倒的長編!【商品解説】

著者紹介

永瀬 隼介

略歴
〈永瀬隼介〉1960年鹿児島県生まれ。國學院大学卒。週刊誌記者を経て作家に。2000年「サイレント・ボーダー」で小説デビュー。ほかの著書に「閃光」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/16 11:15

投稿元:ブクログ

あまりにも孤独で哀しい男の生き様の物語。敵役の強烈なキャラクタも印象的で、文句なしのノワール&警察&青春&恋愛小説です。

2014/10/20 09:06

投稿元:ブクログ

香坂一と弓削慎二は高校で柔道のライバル.松原利恵も同級生.喧嘩早い一は拉致された利恵を助けるため、喧嘩を仕掛ける.その結果退学し、消息不明となる.慎二は刑事となって厳しい生活を続けるが、利恵と世帯を持ち娘を授かる.一はヤクザとなって喧嘩の強さで幹部に進んでいく.成績の上がらない慎二に一は情報を与え、拳銃や覚醒剤の摘発ができた.そのアオリで慎二を助けるための殺人を犯し、15年の刑に服する.ヤクザと警察の内情もそれぞれ熾烈だが、一が刑期を終えて出てきて、慎二の娘を最終的に助ける場面は、ほろりとする.アクションもので2段組で445頁の大冊だが、面白くて一気に読破できた.

2015/12/30 17:17

投稿元:ブクログ

幼なじみの警察官と妻、ヤクザ3人が幸せを掴むために必死にもがく。
高校時代のボタンの掛け違いから、始まっているのだが、皆一生懸命生きようとしているだけに、切ない。
ヤクザの一の生きざまに引き込まれた。

2014/09/05 21:10

投稿元:ブクログ

高校で同じ柔道部にいた二人が極道と警察官という全く別の人生を歩んだ1998年から2014年までを描いた物語。
タイトルの意味が判明してからラストまでがあまりに切ない。

2014/05/06 13:39

投稿元:ブクログ

何を書いてもネタバレになってしまいそう。
主人公の二人は、警察官と暴力団員。
こう書くと相互利用し、破滅に突き進むとなりそうだが、全く違う展開。
読後感は良好なクライムノベルズ。
怒濤のような展開に楽しめた。

2015/03/23 14:29

投稿元:ブクログ

#読了。かつて同じ高校の柔道部に在籍した香坂と弓削は、退学~ヤクザ、卒業後に警察官と、対極の道を歩むことに。香坂に憧れていた利恵は弓削の妻に。3人の思いが交錯する中、信じられるものは。。。バブル期からの時代背景はちょうど同じような世代であり、懐かしかった。

2014/07/08 21:44

投稿元:ブクログ

冒頭------
ちっきしょう。
 暑い。脳天が焦げそうだ。香坂一はのしかかる灰色のビル群を見上げ、浅黒い顔をしかめた。
 風がそよとも吹かない午後、灼けた熱がエアシャワーのように降り注ぎ、鉄もコンクリートも街路樹も、まとめて炙る。六本木の街が隅々まで暑く蒸し、もわっとした陽炎が湧く。人が、ビルが、クルマが、高速道路が、幻のように白く揺れる。

高校時代、親友だった一と慎二。
在学中からグレ始め、傷害事件で退学になった一はその後極道の世界へ、大学の柔道部に進んだ慎二は警察官にという正反対な道を歩むことになる。
バブル真っ盛りの1989年に再会した二人は、不思議な信頼関係で結ばれていく。
それでも、警察とやくざが通常の友人関係を築くのは世間が許さない。
警察の秘密裏の側面、極道の凄まじい内情に翻弄されながらも、二人は一歩一歩階段を上っていく。
同じ高校の同級生だった利恵を妻にした慎二には、一にも利恵にも言えない秘密があった。それは、いつになっても後ろめたさの残る傷とも言えるような秘密だった───。

男同士の友情、家庭、家族の問題をも孕みながら、警察とやくざの抗争が凄まじい迫力で描かれ、話が進んでいく。
ラスト、思わず涙が零れるのは、土壇場まで人間としての純粋さを失わなかった一人の男の姿が垣間見えたからだろうか。

久々に骨太のピカレスクロマンを読んだ気がする。
上下二段組み、450Pに及ぶ長編ながら、先が気になって仕方がなく、一気読みだった。
タイトルの意味は最後の最後で分かる。
なかなか重厚なストーリーで、この手の警察小説が好きな方にはお薦めです。

2015/01/12 16:15

投稿元:ブクログ

読みごたえがありました!
暴力シーンが有りますが、面白かった!
警察官の弓削慎二さん、奥さんの利恵さんと、極道の香坂一さんは高校の同級生
極道の一さんはずっと慎二さんを陰から応援している

百田尚樹さんの「影法師」を思い出しました

一も慎二さんもカッコいいです!

2014/07/12 12:48

投稿元:ブクログ

なんとすばらしい青春小説。
ヤクザもんでイヤだと思った方も、なんとか最後まで我慢して読んでみてください。
後悔させません!

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む