サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ここからはじまる
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/22
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-335551-9
  • 国内送料無料

紙の本

ここからはじまる

著者 はらだ みずき (著)

小学3年生の勇翔の夢は、プロのサッカー選手。ただ、本人は自分のレベルがよくわかっていない様子。そんな息子に歯がゆさを覚えている、かつて同じ夢を抱いた父の拓也はある行動を起...

もっと見る

ここからはじまる

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小学3年生の勇翔の夢は、プロのサッカー選手。ただ、本人は自分のレベルがよくわかっていない様子。そんな息子に歯がゆさを覚えている、かつて同じ夢を抱いた父の拓也はある行動を起こす。勇翔はその日をきっかけに、「サッカーノート」を書きはじめるのだが…。プロのサッカー選手になりたい。―それはいったい、だれの夢?共に悩みながら、歩んでいく、親と子の成長物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

小3の勇翔の夢はプロのサッカー選手。ただ、本人は自分のレベルがよくわかっていない様子。そんな息子に歯がゆさを覚えた父は、ある行動を起こす。共に悩みながら歩んでいく、親と子の成長物語。『小説新潮』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

小学3年生の勇翔の夢は、プロのサッカー選手だが、本人は自分のレベルがわかっていない。そんな息子に歯がゆさを感じる、かつて同じ夢を抱いた父の拓也はある行動を起こす。それをきっかけに、勇翔は「サッカーノート」を書き始めるのだが……。プロのサッカー選手になる。それは誰の夢? 共に悩みながら歩む、親と子の成長物語。【商品解説】

著者紹介

はらだ みずき

略歴
〈はらだみずき〉千葉県生まれ。2006年「サッカーボーイズ」でデビュー。他の著書に「ホームグラウンド」「たとえば、すぐりとおれの恋」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/22 08:42

投稿元:ブクログ

小学生の息子は、話にならないほど力なのに、本気で「夢はサッカー選手」と言う。息子の未熟さを自覚させ、そこから伸ばそうと考える父。

彼もまた高校まではサッカー部所属の補欠選手だった。同じチームの保護者には当時レギュラーだった親もいて……。

息子とかかわりながら、父親自身も成長していく。

2014/10/07 23:43

投稿元:ブクログ

この人の描くサッカー小説は面白い。

サッカーを通しての親子、家族のかかわりが丁寧に描かれている。

今回は「ここからはじまる」という言葉に挫折、困難を乗り越える子どものひたむきさ、それを支え応援する父と家族の思いがきちんと描かれている。

2014/07/14 13:00

投稿元:ブクログ

壁にぶつかるたび「ここからはじまる」という言葉を胸に愚直に努力を続ける小学生の姿が胸に迫る。冒頭、試合観戦時に見逃してしまった息子のゴールシンーンの真相が、ラスト明かされる仕掛けもなかなかよかった。息子の頑張りが父親にフィードバックされると、構成的にもっと美しかったかも。

2016/02/15 13:47

投稿元:ブクログ

父親目線でサッカーに向き合う息子との葛藤を丁寧に描いている作品。

子どものためとはいえ、ついつい先回りしてしまいがちな日常であったり
子どもの成長であったり
ほっこりする場面の応酬に胸が熱くなりました。
対照的な親御さんも登場したりもするけれど
みんな色々と抱えているのだと
妙に納得。
はらだみずきワールドが心地良くなってきたので
そろそろサッカーボーイズシリーズ攻めどきかしら。

2016/11/17 12:27

投稿元:ブクログ

スポーツをする子供を応援する親として、
共感できる内容が多く、読んでよかったと思う。

そんなにうまいこといくかな?と思うところもあったけど、そこは、まあ、小説だから…