サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

いとみち 3の糸
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/22
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/304p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-472305-8
  • 国内送料無料

紙の本

いとみち 3の糸

著者 越谷 オサム (著)

アルバイト先の「津軽メイド珈琲店」で、後輩ができました。でも―ひとつ屋根の下であの人と過ごした夜。淡いながらも、熱烈な恋!?自分が本当にやりたいこと。叶えるために進むべき...

もっと見る

いとみち 3の糸

1,512(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アルバイト先の「津軽メイド珈琲店」で、後輩ができました。でも―ひとつ屋根の下であの人と過ごした夜。淡いながらも、熱烈な恋!?自分が本当にやりたいこと。叶えるために進むべき道。それが、少しずつ見えてきました。ちっこくて泣き虫で、祖母譲りの濃厚な津軽弁。口下手だけど、三味線を構えれば饒舌な「相馬いと」も高校三年生。純度100%の青春サーガ、「いとみち」三部作、完結編!【「BOOK」データベースの商品解説】

ちっこくて泣き虫で、濃厚な津軽弁と三味線の使い手、相馬いとも高校3年生。出会いと別れ、挫折と勇気。自分が本当にやりたいこと、叶えるために進むべき道が少しずつ見えてきて…。青春サーガ完結編。【「TRC MARC」の商品解説】

ありがとう、さようなら。いつかまた、逢えるといいね――青春、永遠! 大志はあれど、経験は足りず。だけど、未来を決めないと――。濃厚な津軽弁と饒舌な三味線を武器に本州最北端のメイドカフェで働く「相馬いと」も、高校三年生になりました。淡い恋に、出会いと別れ。夢と希望に恐怖と勇気。人生最大の分岐点で「いと」が選んだ道とは? 青春小説の金字塔、「いとみち」三部作、ここに完結!【商品解説】

著者紹介

越谷 オサム

略歴
〈越谷オサム〉1971年東京生まれ。「ボーナス・トラック」で第16回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞しデビュー。他の著書に「階段途中のビッグ・ノイズ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (12件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「頑張れ、頑張れ」

2014/04/22 13:14

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もち - この投稿者のレビュー一覧を見る

と、何度も思ってしまう作品。

「友人」とはいいものですね。
「成長」とはいいものですね。
「恋」とはいいものですね。
「卒業」とはいいものですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ついに完結!

2015/03/14 18:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カプチーノ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いとみち三部作の三作目、ついに完結です。魅力あふれる登場人物、聞きなれない方言が作品世界を成り立たせており、全三巻を通して、主人公いとの成長が見事に描かれていました。また、一巻から仕掛けられた伏線が見事に絡まっており、思わず「そうだったのか」と驚かされました。この最終巻を読まなければ損!と思います。高校生活最後のいとの心情が見事です。素晴らしい青春物語。ぜひ読んでください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/02 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/28 19:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/29 16:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/22 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/07 19:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/01 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/16 12:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/26 00:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/17 15:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/02 16:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/24 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/14 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/02 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る