サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

フランス紀行
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/16
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:20cm/251p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-209453-7
  • 国内送料無料

紙の本

フランス紀行

著者 ブノワ・デュトゥルトル (著),西永 良成 (訳)

ニューヨークに生まれ育ったデイヴィッドの本当の父親はフランス人。だが、母がゆきずりで関係した父についてはほとんどなにも知らない。成長するにつれ、アメリカの俗悪さに心底うん...

もっと見る

フランス紀行

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ニューヨークに生まれ育ったデイヴィッドの本当の父親はフランス人。だが、母がゆきずりで関係した父についてはほとんどなにも知らない。成長するにつれ、アメリカの俗悪さに心底うんざりしたこの青年は、ヨーロッパ、特にフランス文化への憧れを募らせ、フランスへと旅立つことを決意するのだった。父の、そして敬愛するクロード・モネと印象主義を生み出した国へと。パリに着いたデイヴィッドの旅路はやがて、月刊誌の副編集長を務める冴えない中年男の人生と運命的に交差する―フランスの五大文学賞のひとつ、メディシス賞に輝いた著者の代表作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【メディシス賞(2001年)】アメリカの俗悪さに心底うんざりしたデイヴィッドは、憧れの国・フランスへと旅立つことを決意する。パリに着いたデイヴィッドの旅路はやがて、月刊誌の副編集長を務める冴えない中年男の人生と運命的に交差し…。【「TRC MARC」の商品解説】

ニューヨークに生まれ育ったデイヴィッドの本当の父はフランス人。ヨーロッパへのあこがれを異常なまでに募らせた彼は、自分の目で父の国を見ようと旅立つが……。メディシス賞受賞に輝く傑作長篇【商品解説】

著者紹介

ブノワ・デュトゥルトル

略歴
〈ブノワ・デュトゥルトル〉1960年生まれ。フランスの小説家、エッセイスト。フランスの元大統領ルネ・コティの曾孫。「フランス紀行」でメディシス賞受賞。他の著書に「幼女と煙草」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/05/24 19:24

投稿元:ブクログ

現代のフランスのグローバル化を浮き彫りにした作品、というようなコメントをみたけど、2001年の小説なのでもやはそこに新鮮味はない。
フランスの伝統に憧れるアメリカの青年と、人生に明るい兆しがみえてきたフランスの中年男性が交差する人間模様。
その意味ではさまざまおもしろかった。

2015/06/24 01:04

投稿元:ブクログ

「フランス紀行」とある通り、上質な描写が良かった。タイトルからして皮肉が効いているけれど、アメリカを批判しているようでそうではなく、フランスを批判しているようでそうではない、その立ち位置に好感が持てた。どっちにしたって、フランスにもニューヨークにも人間という動物はいる、というが本書が暗示しているいちばんの皮肉だと思う。

2014/06/11 12:26

投稿元:ブクログ

「自分探し」のフランス航路。面白い一品だった。


本書には二人の主人公が登場する。「おフランス」マニアのアメリカ人青年デイヴィッドと、冴えないフランス人編集者だ。

デイヴィッドはアメリカ生まれなのだが、合理性一辺倒のアメリカ文化が大嫌いだ。そのかわり、耽美的で精錬されている19世紀のフランス文化が大好きだ。とりわけモネのような印象派がお気に入りだそうだ。そんなデイヴィッド青年が、古きよきフランスを求めて渡仏する。

もう一人の主人公であるフランス人四十男は、あまりぱっとしない人だ。いつか大きな仕事をしてやろうと、皮算用ばかりしている。だいぶ寒い人である。そして、デイヴィッドとは真逆で、ニューヨークでの成功を夢見ている。だがフランス的な教養を匂わせる人でもある。

本書の面白さは、デイヴィッドの困惑ぶりにある。当然ながら現代のフランスに、前々世紀のフランスはほとんど残っていない。アメリカ化の波はフランスにも押し寄せている。そこの現れた時代錯誤の塊デイヴィッド青年は、現代のフランス人にとってさえ、ひどく滑稽な存在だ。もちろん中にはデイヴィッドを慕う人もいる(四十男もその一人)。しかし、そういった人びとは、現代社会に適応していない人たちなのである。そんな変な人たちとの絡みは、実に面白いものだった。ちなみにその変さも、実は現代的なのである。つまり、精神的なものや、フェミニズムや同性愛といった、現代的な意味でのサブカルチャーである。ここでもデイヴィッドの求めるカルチャーには重ならないのがミソだ。

四十男の存在が際立つのが、ラストシーンだ。訳者は本書の構成を「対位法」的と指摘している。その効果が最大限に発揮される。「自分探し」の旅の締めとして、うまく決まっている。

2014/10/29 11:10

投稿元:ブクログ

人生が交差する。いつかどこかで出会ったことで、時間を共有し、互いの人生に影響を与え合う。誰しも経験していることだが驚くほど無意識だ。この本を読んで、かくも人生とは不思議な出会いでいっぱいなのだと改めて感じた。

フランス ランキング

フランスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む