サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. こんや、妖怪がやってくる 中国のむかしばなし

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

こんや、妖怪がやってくる 中国のむかしばなし
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 取扱開始日:2014/04/23
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:27cm/32p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:978-4-00-111245-0
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

こんや、妖怪がやってくる 中国のむかしばなし

著者 君島 久子 (文),小野 かおる (絵)

妖怪に食われると泣くおばあさんを助けるため、たまご、ぞうきん、かえる、こん棒、火ばさみ、牛のふん、石のローラーが大活躍! 中国の青海省に住む少数民族トゥ族に伝わる愉快な昔...

もっと見る

こんや、妖怪がやってくる 中国のむかしばなし

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

妖怪に食われると泣くおばあさんを助けるため、たまご、ぞうきん、かえる、こん棒、火ばさみ、牛のふん、石のローラーが大活躍! 中国の青海省に住む少数民族トゥ族に伝わる愉快な昔話。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

君島 久子

略歴
〈君島久子〉1925年栃木県生まれ。国立民族学博物館名誉教授などを務める。産経児童出版文化賞などを受賞。
〈小野かおる〉1930年東京生まれ。東京造形大学名誉教授。産経児童出版文化賞などを受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

中国の民話。絵がとても良い!たまらん!

2016/10/04 23:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M77 - この投稿者のレビュー一覧を見る

怪物に子牛を食べられたおばあさんの所に、サルカニ合戦のように助っ人が集まって、かたき討ちをしてくれます。
助っ人達は七人?もいて、怪物退治というよりピタゴラスイッチみたい。
しかも最初に名乗り出るのが卵に雑巾に蛙って…気持ちは嬉しいけど…君らはいいよって言いたくなる。

ネタバレ。


子牛も丸飲みにされたっていうわりに牙が刺さって血が描かれていて大丈夫!?って思ってたら…


大丈夫じゃなかった。

かたきを討っても子牛は帰って来なかったよ…。
僕が現代のご都合主義に毒されてたんだね。

さすが中国。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こわーい

2016/12/27 19:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

中国のお話。
あちらの妖怪はあまり可愛さはなくただただ不気味で怖い。
おばあさんを助けるために一致団結するみんなが素敵です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/01 01:40

投稿元:ブクログ

中国の昔話。

むかしむかし、ある村に恐ろしい妖怪がいました。村はずれに一人で暮らしていたおばあさんの所に妖怪が押し入ってきた。今日は子牛を食べた妖怪が、明日はおばあさんを食べると言う。おばあさんが「どなたか、たすけておくれ」と泣き泣き歩いていると、たまご・ぞうきん・かえる・こん棒・火ばさみ・牛のふん・石のローラーがおばあさんを助けてくれるという。


読み進めると、なんだかさるかに合戦のような展開。
世界中に似たような話がある不思議ですな。

昔話・神話・古典の絵本 ランキング

昔話・神話・古典の絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む