サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

海うそ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 102件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/10
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:20cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-022227-3
  • 国内送料無料

紙の本

海うそ

著者 梨木 香歩 (著)

昭和の初め、人文地理学の研究者、秋野は南九州の遅島へ赴く。彼の心を捉えて離さないその島。そして地図に残された「海うそ」ということば。50年後、不思議な縁に導かれ、秋野は再...

もっと見る

海うそ

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

昭和の初め、人文地理学の研究者、秋野は南九州の遅島へ赴く。彼の心を捉えて離さないその島。そして地図に残された「海うそ」ということば。50年後、不思議な縁に導かれ、秋野は再び島を訪れる…。魂の遍歴の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

梨木 香歩

略歴
〈梨木香歩〉1959年生まれ。作家。小説に「西の魔女が死んだ」「渡りの足跡」「水辺にて」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー102件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

静けさとさびしさをなくしてしまった現代

2016/05/04 13:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:更夜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和初め、南九州近くの離島での人文地理学のフィールドワーク。
その行程が土地の人との交流を含め、ゆったりと描かれます。
自然、気象、生活、歴史、地理なんでも調べる事になりますが、主人公は急がない。
期限のない、終わりのない調査。
鳥の声に耳を澄ませ、海うそと呼ばれる蜃気楼を見る。
時を経て、なくなってしまったものを丁寧に書き出しますが、それを元に
戻そうという事もしない。淡々と受け入れる。
そんなしんとした心持ちになる物語。

 梨木香歩さんの小説はだんだんストーリーはシンプルになっていくけれど
文章は奥深くなっていくようです。
架空の島を舞台に、声高ではなく自然や人との関わり合いを描きながら
ふと、さびしくなるような気がします。
鳥が鳴き、カモシカが音なく近づき、山の中は異界という風に
どんどん異界の中へと入っていく。

 昭和の初期から50年後の開発計画真っ最中の時代へ。
昭和初期といっても、明治の時代からすれば変わってしまった離島。
さらに50年、観光地化が進む島。
一時期、気難しくなってしまった梨木香歩さんの小説ですが、
この物語は、気負いなくすんなりとしていて、奥深いけれども
押しつけがましくない。
娯楽性はないかもしれませんが、文学性はある、という物語。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/04/30 21:23

投稿元:ブクログ

読み終えて、整理しきれてないけど、今思うこと。

私たちの生活は、かつてあった大切なものを失う日々だ、この悲しみからは逃れられない。
さまざまな歴史や土地の声に耳をすませて、
できるだけ多くのことを知り、考え、美しく生きていきたい。

2014/10/20 16:18

投稿元:ブクログ

梨木さんは別の世界に旅立っちゃったのかと思ってたけど,戻ってきたようで良かった
~昭和も10年になり,K大教授が途中で投げ出したフィールドワークを秋野は受け継ぎ,論文にする積もりだ。場所は黒潮洗う南西諸島までは行かない孤島・遅島で,タツノオトシゴに似ている姿の龍目蓋の老夫婦の家に居候し,森沼から影吹までを調査した。途中,森肩では西洋風の二階屋があり,外国航路で働いていた山根氏が書生の岩本君に歓迎され,平家の落人伝説のある波都では梶井君に親切にして貰えた。山育ちの梶井君に案内を乞い,明治の廃仏毀釈で損壊された紫雲山の権現谷の仏教寺院跡を目指す。外海に面している所には執念の僧が作ったという石組みが何者から島を守るように立っている。穏やかな噴火湾に面し,石切場もあるが,修行に打ち込む修験者の気持ちになっていくようで,紫雲山が見える場所で修行することに意味があり,上ることに今日日が沸かない。50年後,妻の不在で電話を掛けてきた次男は遅島の開発事業に取り組んでいた。早速,本土から橋の架かった島に行ってみるが~急に身の回りの植物の名に詳しくなっていて別世界に行っちゃったような気がしていたけど,この世界に戻ってきたようだ。カワウソがいるなら,海うそもいて,それは日本アシカだと油断させておいて,蜃気楼!

2014/10/07 20:59

投稿元:ブクログ

しっとりと静かで、失われた物への哀しみがとても伝わってきた。乙川優三郎を彷彿とさせる作風。情景の描写がとてもよく、主人公の目を借りて風景を楽しんだ。

2014/06/04 21:37

投稿元:ブクログ

人は多かれ、少なかれ、何かをなくして生きているんだろう。自然、建物、国や村、言葉や習慣・宗教だったり、目に見えない何かや、ちょっとした何かだったり。
ある日突然、災害のようなものでなくなるものもあれば、じわじわと時間に浸食されるものもあり、生きている限り、大なり小なり味わう何かをこの本で、味わった気がします。
昔通った小学校に何年振りかに行ったら、記憶にあるものがなくなっていたり、慣れ親しんだ地名が、読みにくいからという理由で、読み方が変わっていたり。小規模なら、そういうものに似てる。

話の半分以上が主人公のフィールドワークという淡々とした語りの後の、後半の話と、タイトル「海うそ」の解釈が衝撃的でした。「なくしたもの」に気づいた時の気持ちにリンクした気がして、少し気持ち悪いくらい。
最初は「家守綺譚」に近い話かと思ったのですが、それよりは重く、違った意味で心に響く一冊でした。

2014/09/20 15:16

投稿元:ブクログ

これは、梨木香歩さんの真骨頂でしょう。
夢と現(うつつ)の間(あはひ)、過去と現在の交錯、自然界と人の交感を、嘘くさくなく、いま起きているかのように、読ませるんだよね・・・。
しかし最終章はとても意外な成り行きで、呆気にとられました。そうですか、着地点はそこですか、と。
自分が望んだ結末でなかったけれど、小説ならではの「物語世界」で遊べたなあという満足と共に、最後のページをめくりました。

2014/11/13 21:53

投稿元:ブクログ

梨木香歩さんらしい物語。タイトルの意味がわからないのがまず仕掛け。かわうそがいるなら、うみうそ? えっと、ラッコ? それはいないからアシカ? 海が嘘をつくって? …作者に惑わされて物語は進みます。
見返しには地図。実在しない島だとは思いますが、この地図がないと本が読めません。そして歴史と島の関わりが描かれています。「うそ」と島の名前「遅島」との関係も気になります。方々にみえる「耳」も気になります。すべて見返しに書かれてたんだなと読み進めながら思うのです。
最後の納め方はこれがよかったのかわかりませんが、腑に落ちるものでした。

2014/08/21 23:06

投稿元:ブクログ

いろんな側面のある小説だったが、「今すべきことをやっておかないと、あとになって大きなものを失うこともある」というメッセージが含まれていた。主人公の失ったものの大きさ(まあ、一人じゃどうしようもなかったかもしれないが)を胸の片隅に置いておこう。

2015/02/04 20:51

投稿元:ブクログ

生命の息吹が濃く感じられるような、遅島の描写はさすが梨木さん。
廃仏毀釈、そして近代化によって変貌を余儀なくされる島の風景と、主人公が抱え続ける“喪失感”。
海うそ~蜃気楼のような余韻が残ります。

2016/06/10 21:16

投稿元:ブクログ

粛々とひそやかに降り積む喪失を如何に受容するか、ということについては、何十年生きようと容易に答えの出せるものではない。まして、正解などというものは。

2015/05/19 16:56

投稿元:ブクログ

梨木香歩を久しぶりに読んだこともあって、こんな文章を書く人だったかと驚いた。変わるものと変わらないもの。

2014/08/16 10:42

投稿元:ブクログ

南九州のある島をめぐる自然、人、文化を時間を越えて描いている文化人類学的な要素を色濃く持つ、ファンタジー?

人文地理学の研究者、秋野は南九州の遅島へフィールドワークに向かう。自然豊かで独自かつ特殊な文化を持つのは、修験道(しゅげんどう)の霊山があったからだろうか。
扉の地図を何度も開きながら、秋野の足取りを追いながら、遅島の自然とそこに住む人たちの人柄をゆっくり楽しむ。いや、正直言うとちょっと自分の読みに自信がないのだ。書かれていることは事実に基づいているのに、いつ、どこ、誰がなどを意識しながら読んでいるのにもかかわらず、どこか霧にまかれたように掴みきれない。
梶井さんといっしょに調査にでかけた辺りからようやく掴めてきたかな、と思ったら、時計があっというまに“現在”に引き戻され、今の遅島へ。

いっぺんに現代問題になって、現実かと思うのだが、遅島など実在しないことがわかる。

渾身の物語だ!しかも極上の物語だ!
梨木香歩はすばらしい!

2015/05/04 21:26

投稿元:ブクログ

昭和の初め、人文地理学の研究者,秋野は南九州の離島へ赴く。かつて修験道の霊山があったその島は、豊かで変化に富んだ自然の中に無残にかき消された人びとの祈りの跡を抱いて秋野を惹きつけた。そして、地図に残された「海うそ」という言葉に導かれ、彼は島をひたすら歩き調査に打ち込む――。50年後、秋野は不思議な縁で再び島を訪れる。愛する人びとの死、アジア・太平洋戦争の破局、経済大国化の下で進む強引な開発・・・。いくつもの喪失を超えて,秋野が辿り着いた真実とは。

深い。こちらに迫ってくるような密な自然をひたすらに描写する梨木さんの筆力に唖然としつつ、秋野とともに遅島を巡った読者は、がらりと場面が変わった50年後、島に訪れた「変化」「喪失」に揺らぐような想いを(秋野と同じように)感じる。時代の流れの悲しみとそれに対する受容もふっとわいてくる、不思議な話だ。失うことに恐怖を抱いている人間なら分かる気持ちが秋野を通じて直に迫ってくるこの物語は、けれど決して人間弱い面だけでなくしたたかで強い面も見せてくれている。波音の名前の由来を読んだ瞬間、涙がこぼれそうな感動があって、読了感も良い。

2014/06/16 22:59

投稿元:ブクログ

彼と旅をし、そして味わう深い喪失感。
いつかはそうなるとわかっていてもそのままにしてしまう。
色即是空、空即是色。
最近変化についていけない。

2015/09/15 19:18

投稿元:ブクログ

【読了メモ】 (150915 19:10) 梨木香歩 『海うそ』/岩波書店/2014 Apr 9th/あらゆる字を充てたくなるウンキと、ハト(波音)と、蚊遣りの香と、モノミミと、梅酢で握ったおにぎりと、145ページからの怒涛の展開。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む