サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 発達障害の子を育てる58のヒント 気持ちがラクになる!先輩ママの体験アドバイス

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

発達障害の子を育てる58のヒント 気持ちがラクになる!先輩ママの体験アドバイス(学研のヒューマンケアブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料

紙の本

発達障害の子を育てる58のヒント 気持ちがラクになる!先輩ママの体験アドバイス (学研のヒューマンケアブックス)

著者 小林 みやび (著)

子育てで回り道や失敗を重ねるうちにわかってきた、子どもとの関係をスムーズにするコツ。発達障害の子を育てる母親が、何に注意して、どう立ち回るといいコトがあるのか、園、学校、...

もっと見る

発達障害の子を育てる58のヒント 気持ちがラクになる!先輩ママの体験アドバイス (学研のヒューマンケアブックス)

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

子育てで回り道や失敗を重ねるうちにわかってきた、子どもとの関係をスムーズにするコツ。発達障害の子を育てる母親が、何に注意して、どう立ち回るといいコトがあるのか、園、学校、療育、施設、家庭でのポイントを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

発達障害の子どもの母として、先輩ママとして、学校で学習支援をする支援者として、保護者が知っておきたい情報を凝縮。困っている子どもとの接し方、教師とのかかわり方、療育の考え方など、保護者と子どものためのアドバイスが気持ちをらくにする。【商品解説】

著者紹介

小林 みやび

略歴
〈小林みやび〉アスペルガー症候群&ADHDと診断された小学生の母。ライター。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/01 09:26

投稿元:ブクログ

非常に率直に感じたことや考えたことが記されている。母(保護者)であることの責任についても触れているが、一方で、一人の人間として緩めてもいい面についても書かれている。共感できる親が多く、励まされるのではないかと思う。しかし、第三者的には「ちょっと、この表現では…」と誤解に繋がるのではと心配な部分も含んでいるので、あくまで個人の体験記であるという前提で読んでもらいたい一冊。

2014/07/11 18:08

投稿元:ブクログ

親の視点から書かれた発達障害の子育てヒント集。書かれている対象は,筆者の経験(というか子育て)にもとづいているため,おそらく知的には比較的軽度な遅れの子どもたちが対象になっている印象・だが,知的な遅れが大きい子どもたちにも参考になる点はある。帰宅後のtodoボードはいいね。文書もポップなのでとても読みやすく,保護者にも薦めやすい。

2015/04/10 14:23

投稿元:ブクログ

こんな本が読みたかった!
私が普段子どもたちと接したり、子どもたちのことで関係機関とやりとりをする時に感じていたことをまさに代弁してくれています。
また、実際に発達障害のお子さんを育てている先輩ママならではのお役立ちテクニックもちらほら。
これはメモっておかなくては!


で、めもりました。めっちゃたくさんあって疲れた・・・・。

2014/05/12 20:04

投稿元:ブクログ

[図書館]
読了:2014/5/12

すごくためになった。

第1章 乳幼児期の「もしかして」を大切に
・「様子を見る」は「何もしない」と同じこと。療育効果が劇的に出るのは五歳まで。早ければ早いほど良い。何もしないことでせっかくの早期療育のチャンスをうしない、幼少期の大事な時間を無為に過ごすことになってしまうかもしれない。
・かんしゃく対応には「折れない覚悟」が必要。「今日はおやつを買わないよ」という約束で行ったスーパーで、おやつがほしいとかんしゃくを起こしたら、即刻子供抱えて退場。かんしゃくを起こしても何一ついいことがないと、身をもって体験させる。

第2章 学校や幼稚園・保育園とのかかわり
・発達障害の子供には、復習より予習が効果的。
・「先生もそのほうが楽だと思うのですが…」というスタンスでお願いしてみる。
・学校の先生の求めるとおりできないと、その子はダメなのか。そんな事は決してない。

第3章 療育の効果を追求する
・「すぐに効果が出るものではないので…」と言われたが、民間の教育機関に行ったところ、ずっと悩んできた子供の他害行動を止めることに要したのは、療育開始からわずか1ヵ月。今まで私はどれだけ無駄な説教を子供にしてきたのかと、当時を愕然とした。当たるやり方と当たらないやり方がある。効果のない方法を続けて貴重な時間無駄にしてはいけない。
・「何度もよく言って…」のセリフが出てきたら、要注意。だって「何度注意してもダメ」だから困っている。それはもしかしたら、音声による情報は理解しづらい、耳で聞く言葉よりも、その時目に見えている何かに注意が行っている、などが原因かもしれない。であれば「繰り返しよく言って聞かせる」だけでは、徒労に終わる可能性が高い。「繰り返しよく言って聞かせる」事は、すでにこれまで日常的に保護者がやって来ているはず。それを超えるアイディアが出せることが、療育のプロには求められると思う。
・家族が療育へ行くのを認めないとか、世間体を気にしてものすごく嫌がるとか、よくある話。誰がなんと言おうとも、気づいたその時から療育を考えること。何も手を打たずに子供が成長して、問題がさらに大きくなっても、最初に反対した人たちはおそらく味方にはなってくれない。育て方が悪い、と引き続きあなたのせいにするだけ。
・指示の出し方を否定形から肯定形に変えていくのも子供が行動しやすくなるコツ。例えば「走らないで!」は「手をつないで歩こう」に変換。

第5章 子どもへのかかわり方
・筆者が基準にしているのは、「3回ルール」。3回同じことで叱ったら、それは環境設定や、本人への意識付けの方法が間違っていて効いていない、ということだと考える。できないことの中には本人の努力だけではどうしようもないことだって含まれている。
・失敗に備える。園や学校の発表会でちょっと振り付けを間違えた途端に大パニックになってしまう、鍵盤ハーモニカで音を1つ間違えただけで、演奏が止まってしまう。このような子供に「大丈夫だよ」「みん��も失敗することがあるんだから」と言ったぐらいでは心に響かないようで…。だって大丈夫じゃないと思っているし、みんなの失敗と自分の失敗は関係のない話だし。こんな時は、失敗するかも、ということを前提に対策を立てるのがいい。万が一、それが現実になったときはどうしたら良いのか、遅くとも前日までには話し合っておく。「もし転んだらどうする?」「…」「すぐに立ち上がった走ればそんなに遅くならないよ」「わかった」という感じ。

第6章 保護者が子供のためにできること
・世の中には「2-6-2の法則」と言われるものがある。これは発達障害を取り巻く周辺環境にもあてはまる。発達障害について深く理解し支えてくれる人は全体の2割。次の6割はそこそこの理解はいただけるものの、積極的に協力してくれる事は無い人たち。最後の2割は無理解で、ときには責めてくる人たち。せいぜいそんなものだという前提。

2014/07/08 17:29

投稿元:ブクログ

今の時代に合わせた内容で、ヒントそれぞれが簡潔に書かれているのですごく読みやすいです。

4~5歳の子で小学校入学を考え始めた頃に読むと良いかと思います。
2~3歳だとちょっと早いかな?その子達が小学校に上がる頃は、取り巻く環境がまた変わると思いますので。

子どもの病気 ランキング

子どもの病気のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む